ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

将来の子供部屋、物置にしていいの?

お子さんがまだ小さかったり、親御さんといっしょに寝ているようなお宅へ伺うと、よくある光景です。

マンションの場合は玄関入って横にある洋間、戸建ての場合は二階にある部屋が将来の子供部屋として考えられているようなのです。

ですが・・・その部屋、まだ子供部屋としての機能を果たしていないので、現状はというと物置部屋に。
いろいろなモノの一時置場となっていることもあります。

また、室内物干し場にしているお家もあって、お子さんが小さいうちはみなさんプラスアルファの部屋として便利に使っているようです。


その原因を考えてみると、その部屋が小さい、つまり納戸のように思えるということと、北側にあるとかリビングから離れているとか、つまり日蔭の部屋になっているということが考えられます。

今は使っていないからと、ちょっとしたモノを置き始めると、どんどん仲間を呼んで物置化。

確かに今使っている部屋に置いたら邪魔になるから、こうした納戸部屋?があると家の中はスッキリしますね。

以前住んでいたマンションには3畳ほどの納戸があって、それはそれは便利でしたもの。


こんな納戸があればよいと誰でもが思うでしょうが、では、では、その部屋をお子さんに明け渡すとき、今までそこに安住していたモノたちをどこへ引っ越しさせればよいのでしょうか?


確かに収納場所が足りないからと言って、将来の子供部屋にモノを置いても、いざ使うとなった時行き場がないのでは困りますね。


お子さんが小さいうちは家族そろって就寝という形をとるのもいいでしょうけれど、何年か先、その部屋をお子さんが使うときのことをイメージしてほしいものです。

家具を買う場合でも、モノを買う場合でも、どこにどんな風に置くかは、その部屋を物置化させないために大事なこと。


さあ、何年後か、そのお部屋がお子さんに明け渡せるように考えましょう。

いつするの?今でしょ。


やーーーっと貼れました。
またまたよろしくお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-06-12 09:31 | 整理収納アドバイザー