ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<くつろぎ空間> さらに変形のテーブル

a0197173_8475679.jpg



さて、これはなんでしょう?

鯨のしっぽ?鮫のヒレ?

きょうのタイトルに「変形のテーブル」とあるからには、テーブルの一部???

ピーンときた方は鋭い。

では、正解を。


a0197173_8505415.jpg



ピアノ型テーブルでした。

ずーっと前にテレビで、ピアノの蓋をテーブルにしているのをチラッと見て、ずっといいなーと思っていました。

そして、ピアノを廃棄するという話を聞いて、すぐにもらいにいきゲット。

テーブルの脚は東急ハンズで買ってきたものを取り付け、脚には漆調の黒い塗料を塗りました。


この形、直線部分とカーブの部分がほどよく組合わさっています。直線の部分には二人、カーブの部分には四人くらいは座れます。だから数人はいつもOK

この出っ張っている部分(高音部分)はぶつかると危ないので、状況に合わせてグルっと回して位置を変えます。

このテーブルを囲むと、お互いの顔がよく見えるんですね。だからいつも一体感があります。

夫とテーブルにつくときには、90度の関係になるようにして、向かい合わないようにします。
って、自然とそういう位置になるんだけど、90度のに坐ると、面と向かうより話しやすいそうです。
まあ、面と向かって見る必要ないけど。


実はもう一枚同じ蓋があって、パーティーのときにはこの二つを繋ぎ合わせて使います。
そうすると10人くらいでもOK
カーブがほどよく場を和ませてくれているように思います。


運よく手に入れることができたピアノの蓋で作ったテーブル。リビングの和みはこのテーブルからと言っても過言ではないかな?

以前、バイクでラリーしている山村レイコさんのお家のテーブルをテレビで見ました。
なんと、形はアフリカ大陸。
ムフフ、さずがー、やられたね。こんな遊び心に脱帽です。


テーブルは四角、なーんて決めつけないで、もっと自由な発想で楽しみたいものです。
[PR]
by yuyu-suteki | 2012-09-13 09:06 | <くつろぎ空間>