ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<整理・収納> 定位置を替える

暮らしのスタイルが変わると、今までのモノの定位置を替えたほうがよい場合が出てきます。

このところ年を感じてか、高いところにあるモノを取るのが億劫になってきました。それで、手の届くところに置き換えられないかと、いろいろ考えています。それは、高いところは一番使いにくく、台を使わないと取れません。それで、台をまず持ってきて、台に乗って、というのがまず面倒臭い。おまけに台の上でバランスを崩したら・・・なんて考えると心配になります。


キッチン調理台の上ウォールキャビネットは幅135㎝。中に入っているものは、シール容器、お弁当箱(この間二つ捨てました。)重箱、飯台(このあたりまでは軽いもの。)それから調味料、かき氷器、オーブン皿、レンジのフィルターなどなど。

そして、お客様がよく来る我が家で使うものでバリのランチョンマットや大皿類。これをいちいち椅子を持って行って、そこに上って出し入れしていました。

「そうだ、これをどこか手の届くところに置こう。」と考えて場所探し。狭い我が家ではなかなか置く場所が見つかりません。

というか、その頃ちょうどリビングのフロアキャビネットの中を整理していて、一箇所場所が空いたのです。「そうだ、ここだ。」とピーンと閃いて、早速お引っ越し。

するとどうでしょう。大皿類は重いので、低くなると格段に取りやすい。上にある収納には重いモノを置かないということは、体がわかるし、災害の面からもそうしたほうがよいでしょう。


使いにくいなーと思ったときが、定位置見直しのチャーンス。

上から下へ。下から上へ。右(左)から左(右)へ。いっしょに使うものはいっしょに。使うところに使うモノを。

などなど、身の回りに置いてあるモノは、そこがベストポジション?といつも問いかけながら、家の中をキョロキョロ。まだまだ、見直すところがあるはず。

還暦過ぎたら、定位置見直し。


モノの整理だけでなく、身の安全のためにも、ぜひやりましょう。
[PR]
by yuyu-suteki | 2012-08-31 11:38 | <整理・収納>