ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

8月1日は「やっぱり家の日」

今日から8月。
月が変わるとちょっと気持ちも切り替わるものですね。

今朝新聞を広げると、ちょうど真ん中の見開きページ、イケアのCMが飛び込んできました。
タイトルが、きょう8月1日は「やっぱり家の日」
8と1の語呂合わせ?なんだけど、世界中で2億部以上のカタログが発行される日だそうです。
そして、この日に家と暮らしを見つめ直し、理想の家や暮らしについて話し合い、家をより快適で楽しい場所に変えて行くきっかけの日にしましょうというものです。

そこに書いてあった幸せ度について興味を持ちました。

新聞より
 
 ~イケアが2012年7月、日本とスウェーデンの20代30代を対象に行った調査によると、
  両国ともに、感覚的に日々幸せを感じている人ほど、普段過ごす部屋環境の重要性を認識し
  ていることがわかった。考えてみれば、私たちは。人生の半分近くを家で過ごしている。家
  や部屋の環境が、幸福感に関係していてもおかしくない。~

例えば、家が片づいていない、汚れている、家が好きでない、家にいたくない、外に出かける、買い物をする、モノが増える、どこにあるかわからない、また買う、お金を使う、またモノが増える、家族がイライラする、ぶつかる、家にいたくない、また外に出かける、片づかない・・・という負の連鎖が起きてきたりします。

それが片づけてきれいになっていると、家が好き、家で過ごす時間が好き、家族が喜ぶ、家族と過ごす時間が楽しい、モノがどこにあるかすぐ分かる、家族も分かるから片づけをする、必要なモノだけ持つようになる、片づけやすい、掃除しやすい、いつもきれい、人を呼べる、また片づける・・・
という正の連鎖が生まれます。

それで、片づいたきれいで心地よい家になれば、家族みんなも幸せ感を持てるというもの。

ただし、こんな小見出しが。

~捨てるより賢く収納  デッドスペースも工夫次第~

ふむふむ、家にある家族が必要で気に入って買ったものは、充分な収納スペースがあれば、捨てずに
済む・・・というようなことを言っています。そう、気に入って買った物ならばですね。

裏を返せば、必要でないモノ、気に入ってないモノは無くてもよいということでしょうか?

そんな8月1日も、もう終わろうとしています。
今日、家のことについて話をしなかったかた、このブログを読んだ方は、8月2日でもいいですね。
[PR]
by yuyu-suteki | 2012-08-01 23:57 | 整理収納アドバイザー