ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<ちょっとリメイク> 苦戦した夏のバッグ

前回のテレビ東京「カンブリア宮殿」は吉田カバンでした。

すごくポリシーを持った国産カバンのメーカーさんです。

その妥協を許さぬ職人さんの仕事ぶりに、すごいすごいと感心しながら見入ってしまいました。


デザイナーからの無理な注文でも、「できません」とは言わず挑戦し、やり直して完璧にしていく姿勢。

一部の修理でも、妥協せずしっかり新品のようになるまで補修する姿勢。

吉田カバンを持っている人を見ると、不具合はないか?聞いてみてしまうという姿勢。


そんな、ある意味当たり前だけどなかなかできないことを、職人さんを大事にして品質を上げていく

このカバンという物作りを通して、大事なことにたくさん気づかせてもらいました。



で、作りました。吉田カバンならぬヒロコカバン。a0197173_16334921.jpg

夏用のバッグです。

去年作ったものが汚れしまたのです。


ハギレを買うのが好きな私。

たまたま買ったものの中に入っていた

2枚のイカリ模様のグレーのリネン。

これを使って作ろうと思い、足りないところに

やはりハギレのグリーンの帆布を足しました。


ところが、厚手の接着芯を張り、帆布と縫い合わせるとなると、堅くてなかなかカーブが難しい。

一度縫ってみると、どうもうまくいきません。


例の吉田カバンの職人さんのように、また糸を解き縫い直します。

今度はミシンの押さえ金をチャック付け用の片側だけのにしてみました。

それでなんとかこのように。  a0197173_1641373.jpg

でも、まだ気に入りません。


外側のポケットも、付けてみてから気に入らず、また解いて縫い直し。

やっとこさ仕上がりました。


で、何がリメイク?

はい、それは持ち手です。

他のバッグのだった持ち手は、本体を捨てる時に切り取っておいたもの。

こんなことをして楽しんでいる私って、ケチ?
[PR]
by yuyu-suteki | 2012-07-15 16:46 | <ちょっとリメイク>