ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<街歩き> 代官山の蔦屋書店は凄すぎる!

「ちい散歩」の地井武男さんが亡くなりましたが、散歩のおもしろさを広めてくれた功績は大きいですね。

それにあやかっての「じい散歩・ばあ散歩」,昨日の目的地は代官山の蔦屋書店。



ある雑誌の「くつろぐ空間のある場所」というような特集でチラッと見ただけでしたが、どうしても行きたくて、

翌日、早速出かけました。

本屋が好き、カフェが好き、となれば、お茶できる本屋さんへはもう飛んで行きたい。


駅は代官山だけれど、地図を見たら中目黒からでも歩けそうで、ちょうど来た電車も代官山へは行かない。

近くの目黒川沿いも歩いたことがあるので、すたこらサッサ、道を曲がるといよいよ坂道。

登り切ったところにあるエジプト大使館を曲がればすぐ、のはず。


さすが目黒だね、お屋敷だね、青葉台のひばり御殿はどこだろう?などとキョロキョロ・・・で旧山手通りへ。


「あっ、ここ、ここ、本がある」と見つけた蔦屋にもう興奮しまくり。

ビジュアルでなく文字だけでどれだけ伝えられるかしら?


四角い建物が3つ並んでいて、それぞれを渡り廊下が繋いでいます。

一階は全て本売り場ですが、本棚がただ並んでいるのでなく、一つひとつお部屋のようになっていて、

入口は少し低くなっています。

何だか迷路に入り込んでしまったような感じ。

建物の回りはガラス張りで、ゆったりした敷地の中の緑がよく見え、インテリアの茶色とマッチしてます。


二階は、一つは映画のDVD、一つはCD、そこにある数は半端じゃあないです。

そして真ん中の建物はホテル以上のムーディーなラウンジ。

ここでは食べることができます。


CDを視聴できるところは、建物の回り、グルッとガラスに沿っていくつも席があります。

なんとシニア向けの休憩コーナー(外が眺められます)まであるんです。


階段は無垢の木で張られています。

適度に狭く、適度に広い空間のメリハリが利いていますね。


スターバックスが入っていて、本屋さんの中でお茶できるって感じ。

旅行のガイドブックがあるコーナーの隣には、ツアーの申し込みができるカウンターもあるんです。

旅行書は普通、○○社とか○○シリーズとか種類ごとに分かれているこれど、ここは場所別。

神戸なら神戸について書いてある本が集められています。


本だけでなく、文具や雑貨も置いてありました。

一画ではシニア向けのスマホ教室も開かれていて、そういうスペースもあるんですね。


この敷地は以前NTTの社宅があったところらしく、とても広く、本屋の他にレストラン、カメラ屋、自転車屋、

などいろいろなお店が集まっていました。


さすが、代官山、セレ部な雰囲気の女性が多いわねー。

と、田舎者は「もっといたい。」という気持ちを残して、通りを歩き公園を抜け、

田園都市線池尻大橋まで歩いたのでした。(11877歩)


もう、カルチャーショックです。

本屋さんという枠を超えた空間は、流れる空気も違うようで、置いてある雑誌も他の本屋さんで見るのより

なんだかおしゃれな気がしたわね。

ネットで見てみると、「大人の知的好奇心を刺激する」とありましたが、もう刺激されっぱなしでした。

照明も適材適所で、明るすぎず、落ち着きのある空間を醸し出していました。


言葉で伝えるのは難しいので、ぜひネットで見てください。T-SITEです。


そんな凄すぎる蔦屋書店が頭から離れない今日、いつもセミナーをさせてもらっているウィズの森で

「中目黒のシフォンケーキ」のお店に出会いました。

「昨日中目黒に行ってきたんですよ。」と話していくと、なんとお店の前を通っていたんです。

さくら工房さん、まあ、偶然ですね。


それにしても、美味しいシフォンケーキでした。
[PR]
by yuyu-suteki | 2012-07-13 17:36 | <街歩き>