ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

タグ:間取り ( 2 ) タグの人気記事

間取りを決める前にする大切なことは?

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイター&間取りストの伊藤寛子です。


今日はこれからお客様の新居についての相談を受けに行ってきます。

そのお客様の新居はコーポラティブハウス。初めてのケースです。

コーポラティブハウスというのは、いっしょに住もうという仲間と土地の購入から設計まで行って建てるという住宅です。

いろいろ大変な何こともあるでしょうけれど、みんなで創っていくことでコミュニケーションが図れ、よい住環境ができるのでしょうね。


さて、お客様は自分の区画を購入し、その中をどのように間取りを決めていくか考え中。

この間取りを決める作業は、だれもがとっても楽しい時間です。どこにどんな部屋を作ろうかと希望をふくらませ、夢を見る時間です。

私もそうでした。わかります、わかります。


でも、間取り研究会でみんなと話していてつくづく思うのは、人の暮らし方ってみんな違うということ。

洗濯1つとっても、お日様に当てて干すことにこだわる人、室内干しでも大丈夫だという人(私)、サンルームを作ったという人。

お料理だって家族と同じ空間で作りたい人、テレビをいっしょに見られるようにしたい人、キッチンを独立させておきたい人、対面にしたい人、横並びがいい人、ベランダをから外へ出るようにしたい人・・・

はたまたリビング・ダイニングは1階がいい人、2階がいい人・・・

勤務時間が規則正しい人、不規則な人、朝出かけて夜帰ってくる人、夜出かけて朝帰ってくる人・・・

お客様が多い人、あまりない人・・・


それに、今の暮らし方だって何年か先には変わる可能性があるかもしれないし。

そういうその人ならではの暮らし方や家事のスタイル、こだわり、つまり大切にしたいことを1つひとつ確認していく作業がとても大切です。

漠然と思っていることをはっきりさせ、優先順位をつけていくこと。

間取りを決める作業は、ある意味夢をあきらめる作業でもあるからなんですね。

全てを盛り込むことはできません。だから、これだけは絶対にゆずれないということの優先順位を付ければいいのです。


そして、新築の場合には土地の環境、回りにどんな景色が見えるのか、お隣との関係、風のながれ、音、日当たり・・・いろいろ考えなくてはいけないことだらけ。

だから、優先順位をつけるのです。


さて、今日初めて会うお客様。ご自宅へ伺います。お手持ちの家具やインテリアからもたくさんヒントを見つけてきたいです。

そして、お客様自身が新居をどうしたいのか、新居で何をしたいのかを見つけていただきます。

こんな仕事をとてもやりたかったので、すごく楽しみ。

ではいってきま~す。



励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村

[PR]
by yuyu-suteki | 2016-05-07 10:05 | <くつろぎ空間>

片づく家を創ろう その2 コンセプトを考える

家を建てる(あるいはリフォームする)場合、どんな家にするかをまず考えますね。

今住んでいる家のよいところ、よくないところをもとにして、よいところはよいままに、よくないところはよくなるようにって。

例えば日当たりが悪ければ、日当たりがよくなるように。キッチンが使いにくければ、使いやすくなるように。リビングをもっと広くしたい・・・

それば誰もが願うことです。


でも、もう一歩先へ。その家でどんな暮らしがしたいかを考えてみましょう。

日当たりがよくなったらどうしたい?お布団を干してふかふかにして眠りたいとか、使いやすいキッチンで子どもといっしょにお料理したいとか。

リビングが広くなったら、お友だちを呼んでランチ会したいとか。庭ができたら犬を飼いたいとか。子ども部屋を作って子どもを自立させたいとか(頭のよい子にしたいと思わないほうがいいかも)。趣味ができるコーナーを作って趣味三昧するとか・・・

したいことをいろいろ出していくと、どんな家を建てたらよいのかが見えてくるのですね。


娘にも同じ質問をしました。

でも、これから仕事と家事を両立させて子育てをしていかなくてはならないので、イメージは「働く主婦が楽に家事をできる家」ということに尽きるようです。


それってわかるけど、ちょっとおかしくない?

家事って主婦だけがすること?主婦だけじゃなくダンナさんも子どもたちも、まずは自分のことが自分でできるようにすることじゃあないの?と理想を述べる私。

「キッチンが使いにくいから料理をしない。」なーんて言い訳できないようにしてね、洗濯物は自分の衣類は自分で取り込んでもらい、子どもだって自分の部屋は自分でお掃除できるようにならなくちゃ。


それにしても、楽家事だけを目指すんじゃなくて、この家で育つ私の孫たちがこの家で楽しい経験をいっぱいして健やかに育ってほしいと願うのは私だけ~?

そして、忙しいパパとママが子どもたちといっしょに短くても濃い時間を持ってほしい。


そうねがって、3つのコンセプトを考えました。

      ○家事が楽       ○楽しい思い出      ○コミュ二ケーション 
                     

コンセプトがあると、どんな間取りにしたいかが決まってきます。

家事を楽にするには?楽しい家にするには?コミュ二ケーションをはかるには?というふうにです。


実際、ハウスメーカーさんの方との打ち合わせではライフスタイルについて十分話をする時間が取れないようですから、ここはある程度娘の家族のことを知っている私がしゃしゃり出て、「コンセプトはこれこれです。」って伝えてしまいました。

このあたりに時間をかけて施主のライフスタイルや好みを十分聞いてくれたら良心的な業者さんだと思いますよ。


では、具体的にコンセプトがどう間取りに反映したのかは次回に。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-04-16 21:26 | <片づく家の創り方>