ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

間取り研究会、盛り上がってまーす

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


間取りを見たり考えたりするのが好きな人を勝手に間取りスト(人によっては間取りマニアとも言う)と命名して、間取り研究会なるものを開き、今回は3回目でした。

整理収納アドバイザーの中にはかなりの間取りストがいて、ぜひ参加したいという声も聞かれます。

一回目の10月はSNSにアップして二日間で定員になりました。来月(2月)の告知は、なんとアップして5時間で定員に。

とはいっても、一つのテーブルを囲んで話し合いたいので、私を入れないで最大5名の募集ですが・・・。

1月は希望が多く、午前、午後と通しで8名で行いました。ランチもいっしょです。

8名ともなるといろいろな意見も出て盛り上がります。そんな様子を参加者の佐々木さん望月さん奥田さん大塚さん が書いてくれました。


一般的な新築戸建ての売り出し広告の間取り図を見て、よいところやよくないところを見つけて意見交換します。

すると、ある人がよいと思ったところが、別の日とのよくないところになっていたり、その逆だったり、人の見方っていろいろあるんだなーと気づくこと多々。


前回は家一軒分とクローゼットだけにしぼった研究(まじ、研究です)で時間切れ。続きを急遽やることになりました。

これからも毎月開催する予定です。


暮らしと大きく関わる家。その間取りは暮らしやすさだけでなく、家族関係や暮らす楽しみとも関わってきます。

今、どんどん新築戸建て住宅が建てられたり、中古のリノベーションがされているけれど、そこに住む人がどんな暮らしをしたいのかがはっきりしなければ、間取りも決められません。

間取りを研究することは暮らしを考えることとも言えるでしょうか?


なんて、固いことじゃなくて、間取り図を見て妄想にふける間取りストの集まりは、間取り図1枚で何時間も語り合えるんですよ。

これじゃ間取りオタクだね~

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2016-01-31 10:56 | 整理収納アドバイザー

なるほど 座 収納

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


先日、原宿にあるNESCAFEに行ってきました。

広い店内にいろいろな家具が置かれ、雰囲気の違うコーナーがいくつもあり、まるで家具やさん。

もういちど行きたいと、やっとその機会がありお店に行くと・・・???まるで違う雰囲気に。

しばらく行かない間にすっかり変わってしまいました。


席に着くと「注文はこのタブレットでお願いします。」という店員さん。タブレットは持っているけれど注文の仕方は分からなくて、結局店員さんに全部やってもらいました。


さてさて、注文したものがくる間に見つけたモノがこれ。見つけたといっても、店内の奥の壁がこんなふうになっているのです。
a0197173_18292283.jpg

「まあ、きれいな色が並んで・・・」と、よく見るとこれが全て椅子用の座布団というかシートクッション。

それが壁にズラッと掛けられています。

なんで、こんなところにたくさん並んでいるのかな?と思うと、そこは板張りの階段状になっている空間。階段に座ることができるので、この座布団(シートクッション)を外して下に敷けば、観覧席になるというわけ。


たくさんの座布団(シートクッション)を掛けて収納。色もお店のアクセントになっています。実用とインテリアを兼ねた収納。

なるほど 座 収納、ですね。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2016-01-30 18:35 | <整理・収納>

ついに、煩悩品を捨りました

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


書けば叶う。とは、いつも言っていることですが、前回「煩悩が捨れません。」と書いたのが「ついに、捨りました。」に。

もう、いい加減にテーブルの上から消したいと思いながら、なかなかできずにいました。

書いたからには、やっぱり行動しなくちゃ。


で、カップとお皿を新聞紙に包み、上にせとものとマジックで書いて、退職してからゴミ捨て係になった夫に「捨てておいてね。」と頼みました。自分ではなかなかできない時には誰かに頼むのも手です。

冷蔵庫内にある期限切れの食品とか食べずにずっと置いてあるものなども、夫が「捨てたぞ。」と言うとしかたないとあきらめるけれど、自分ではなかなかできないんです。

整理収納アドバイザーどうしで話していても、私はかなり昔のモノもとっているタイプ。子どものころのお絵かき帳だって、作ったモノだって、いろいろしまってるるるる~(汗)


で、今年も手帳に煩悩とさよならしたモノ(OUT)を記録できるよう、108までの番号を書いたページを作りましたよ。そこに早速記入。

去年やったように、買ったりもらったりして入って来たモノ(IN)も記録します。それから人にプレゼントしたモノも。それは誰かのところにINするモノだから。


私がモノを手放すごとに数を数えるようになったのは2012年1月のこと。還暦になるのをきっかけに、一年間に60個のモノとさよならしようと思い数え始めたのです。

その次の年に煩悩品と言う言葉を見つけ、『煩悩品さよならキャンペーン』を始めたのです。今年はもう4年目。

それでもまだまだ捨るモノが出てくる出てくる。

今年もやります『煩悩品さよならキャンペーン』。ぜひいっしょにやりましょう。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2016-01-27 22:20 | <捨ててスッキリ>

煩悩がなかなか捨れません

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


モノを手放す基準は「いるorいらない」と分けるのではなく、「使っているor使っていない」で分けましょうと言われています。

その理由は「いるorいらない」だとほとんどが「いるかもしれない」とはっきり分からない未来への不安から、とりあえずとっておくことになってしまうからです。

でも、「使っている0r使っていない」だと現在、あるいはこの何年かの間、つまり過去の事実ではっきり判断できるということです。

a0197173_23431775.jpg

このカップとお皿、もう何年、いや何十年も使っていません。

左の小さいカップは割れたところをくっつけてあります。

真ん中のカップはかなり欠けているけれど、大好きな絵が描いてあるのと使いやすい形でずっと愛用してきたもの。でも欠けすぎ(笑)多肉植物を植えようか?鉛筆立てにしようか?他に何かに使えないか・・・いろいろ使い道を思い巡らせ、捨らない理由を探してます。

紺色のカップはお皿も付いていてリサイクルショップに持っていこうと思ったら・・・小さな欠けを発見、これじゃだめです。

お皿は2枚、何かに使えるかもしれないと思って、捨らない理由をあれこれ考えてしまいます。

こうして、煩悩を抱えたままもう何年も・・・(汗)


手放そうかどうしようか迷うモノは目立つところに置いておくのも手なので、テーブルの上にどでんと置いて毎日悩んでいるのです。

まだまだ捨ることができない私。どんどん煩悩になっていきますわ(汗)

こうして書いたからには、捨れるかも・・・

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2016-01-24 23:53 | <捨ててスッキリ>

リーフレット作り、やっぱりプロは違う

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


お金をかけてプロにリーフレットを作ってもらう。これが今年の夢(目標)。

今まで作ってきたリーフレットは手作り。自分でデザインして、自宅で印刷。ところが、両面コピーとうたっている紙を買ってきて印刷しても、やっぱり裏写りしてしまう。

紙質がよくないからか、写真もイマイチ(イマイチどころかイマニ?)


去年、区役所でリーフレット作りの講座があって、すぐに参加申し込みして受講しました。

さすがプロの先生。

数多くの実績から、まずいところをいくつも指摘してくださいました。なーるほど・・・


一回目の講座を受けて、その教えを基に自分なりに修正して、再度作ったものを見てもらう二回目。

なるべく文字を少なくして、写真も整えて並べて・・・。


さてさて、これで完成ではありません。

やっぱりお金を出して印刷を外注しようとの目標。自分でデザインしたいという思いとお金をかけないでという思いに限界を感じて。


そこで、友人のデザイナーであり画家である小出真由美さん(以前の記事はこちら  )にデザインを見てもらい相談しました。

さすが、プロのデザイナー。

私の送ったデータを基に考えてきてくれたリーフレット。それを見て心が鷲づかみされてしまいましたよ。

スゴイ!考えてもみなかったデザイン。やっぱり、そこがプロなんですね。

クライアントの思いを汲むだけでなく、それ以上のものを提案してくれるっていうのは。

どんな紙質がよいのか?色は?フォントは?折り方は?・・・いろいろ決めることがあるけれど、気軽に相談できるプロが近くにいるというのはありがたいことです。


ふふふ、どんなリーフレットができるか、まだここでは秘密です(^_-)

500部も印刷したら配りまくります。リーフレットの目的は、手に取った人が内容に共感してくれて私に依頼してくれること。そこまでいけばパーフェクトなんですが・・・。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2016-01-17 23:57 | ゆうゆう素敵工房

<パッチワーク>2016 新年会

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


月1とはいかないまでも、できるときにやりましょうと去年は8回集まりました。

今年も新年会から始まります。

お正月らしいメニューを持ち寄ったテーブルになりましたよ。

突き出し風にゆず大根と里芋のごま味噌和え。(私)
a0197173_22425932.jpg

サラダはハスのカレー風味のマヨネーズ和えとニンジンとパプリカのナムル(keikoさん)
a0197173_2244495.jpg

お野菜とお肉がたっぷりの千草焼き。(これもkeikoさん)
a0197173_22451074.jpg

そしてメインはお鍋。大根おろしたーっぷりのみぞれ鍋。ゆずもたーっぷり。(yokoさん)
a0197173_22461779.jpg


もちろん、食べたあとはちくちく針仕事。写真撮ってないですけどね。

この日、keikoさんが作ったバッグのお披露目。作って~と頼んだのはyokoさん。
a0197173_22483016.jpg

電気の色で実際とは違ってしまったけれど、ステキな青と茶のドット柄です。

それでまた、いつものようにお茶タイム。
a0197173_22501162.jpg

色とりどりのケーキ(yumiさん)、あまーいイチゴ(nobukoさん)、中央のリンゴのケーキ(これまたkeikoさん)
そして、これもまたいつものようにテーブルを華やかにしてくれるお花(yumiさん)
a0197173_2253495.jpg

水仙の香りが部屋いっぱいに漂います。紅梅ももう咲いて。

お茶タイムはなんと2時間にも及んで・・・その後は針が進まず・・・お持ち帰りに。

おしゃべりと針仕事、そしてランチとお茶(こっちがメインかな~)


次回は東京ドームにキルト展を観にいきまーす。これも楽しみ。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2016-01-16 22:32 | <パッチワーク>

「悠」ついにスマホデビューしました

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


ガラ系の携帯を使い続けて10年あまり。それでもラインができるからと頑固にこだわり続けてきました。

2年前からタブレットも併用。普段は軽い携帯。旅行や車の移動にはタブレットと使い分けて何とかなってきたのだけれど・・・

ラインに来た資料が見られない。ラインが来たのも分からない。そのために会社のスタッフにわざわざパソコンに資料を送ってもらうだとかお世話になってしまうことが増えてきて・・・

ついに、去年の暮れ「来年からスマホに替えます。」と宣言してしまいました。

そして、今夜は私の手にスマホが。


スマホとiphoneの違いも分からず、そこから息子のレクチャーが始まりました。まあ、息子の分かりやすい説明だこと。でも、すぐに分からなくなる私。真剣に覚えようとしてないのは、まだ本当にスマホ(この時はまだiphoneにするかスマホにするか迷っていたので)にする気持ちになっていなかったのかも。

お店にも何回も行って手に持って、操作はしようとせずただ持つだけ。それだけでも私としたら進歩だわ。

だから、情報を集めることもせず、人にも聞かず、どこのどれが使いやすいだとか特徴だとか全く知らないまま。

普通だったら買う前にいろいろ調べるのでしょうけれど、今までの携帯だって「らくらくホンだから。」と言う理由で調べもせずに買ってしまったしね。


そんな私がいよいよ今年になって、友人に「どこのを使っているの?」とか「ちょっと持たせて。」とか、少しずつ気持ちが変わってきました。

買う2日前に初めてカタログをもらってきたはいいけれど、選びようがありません。何を基準にしたらよいのか・・・で、またまた息子のレクチャー。ふむふむ。

それで、新型でなくても機能が条件に合えばよいと決めたけれど、もしかしたら型落ちのは置いてないかもと考えて、新型の中から候補を選び(これはスマホ)・・・でも、iphoneに思い切って替えようかなとか心は揺れます。

でも、難しそう、保証も心配・・・と尻込みして、やっぱりスマホにしようだとか、みんなこんなに迷わないだろうに。


で、いよいよお店に買いに行きましたよ。もちろん息子同伴で。待つことなんと1時間45分。この間に機種を決めてしまおうとしたら、希望の色がなくて・・・

この日、絶対買うつもりだったので、仕方なく希望外の色で妥協。カバー付けるしね。

他のものだったら自分のお気に入りを見つけるまで探したり取り寄せてもらったりするのに、あっさり妥協したのは、あんまり携帯に思い入れがないからかもしれませんね。

逆にあまり思い入れを強くしたくないと思っているのかなー。


夜、設定や使い方をまたまた息子に教えてもらい、なんとかラインとメールができるようになって一安心。

今日はお店での契約で話を聞き、使い方を教わり、すごく頭を使いました。頭の活性化になったはず。

私のスマホデビューを応援してくれた人たちに感謝。ありがとうございまーす。早く慣れるよう、がんばりまーす。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2016-01-15 00:40 | 「悠」

「縫う」という手仕事の素晴らしさ

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。

a0197173_22435436.jpg

浦和美術感に「縫いーその造形の魅力」という展覧会を観に行ってきました。

針と糸で縫うことが大好きな私に、埼玉に住む友人のsanaeさんがこの展覧会を紹介してくれました。これは行かなくっちゃ。

でもなかなか行けなくて、最終日の1月17日までにはなんとか行かねばと思い、やっと実現させました。


展示全体を二つに分け、一つは針仕事の素晴らしさを紹介、もう一つは縫うことの可能性をいろいろな角度から見せてくれています。

日本人はなんて緻密な針仕事をしてきたのでしょう。気の遠くなるような針仕事を暗い電気(ロウソクやランプかも)の下で、一日の仕事を終えて疲れているかもしれないのに一針一針縫って、それを造形的にみても素晴らしい作品に仕上げた津軽のこぎん刺し、南部の菱刺し。これは寒さ対策や布の補強の役目でした。

火事と喧嘩は江戸の花というように、火消し衆が着た袢纏。縫って分厚くした布にたっぷり水を含ませて火の中に飛び込んでいったという用の美。

歌舞伎の衣装に施された刺繍は名も無い職人さんたちが工夫して作ったもの。

美しさと遊び心を表現した羽織の裏。


今と違って材料、布や糸や針も乏しかった時代にこんな素晴らしいものができたのは驚くばかり。

ミシンが発明されて普及したのは今から150年くらい前。それまでは手仕事で一針一針縫っていたのですね。

絵や書だったら〇〇さんが書いた、描いたと作者名が付くのに、縫いの作品は名も無い人たちばかりです。

着物や洋服は縫う物から買う物へと変わってしまいました。私もほとんど買ってしまいます。

時間をかけて縫うなんていうことはだんだんしなくなってしまったけれど、長ーい歴史の中で作り続けてきた技術の素晴らしさを忘れないでいたいものです。


縫っている時間は、それを着る人、使う人を想う時間かもしれませんね。

興味のある方、浦和美術館(浦和駅)で1月17日(日)までですよ。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2016-01-13 23:07 | 「優」

今年の夢はいつもの2倍

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


手帳の一番始め、つまり1月始まりでもその前に付いてくる前年の12月の欄に、夢を31個書いてきました。

手帳のタイプをB6マンスリーに替えたら、11月のページもありました。去年はそこに30個の夢を書いたのですが・・・12月の欄は余ってしまって・・・


そこで、今年の夢は仕事とプライベートを分けて、去年の倍に!そんなにないかもと思っていたら、出るわ出るわ・・・出てくるんですね。

しかも、ここがポイント。

その1:なるべく具体的に数字を書く。例えば「山に登る」ではなく「〇〇メートルの山に登る」「〇〇山に登る」と書きます。去年は「2000メートルに登る」と書いたけれど、怪我をしてからどうも気持ちが引いてしまって・・・それで登ったのが800メートルほどの筑波山。それで、あと同じくらいのを2つ登って合計で2000メートル(笑)。数字は具体的な方がやる気になります。

その2:やはり具体的にピンポイントで書く。例えば旅行に行くとしても行き先や誰とということを。いつということも書くとなおいいです。

その3:〇〇したい→を〇〇した、と過去形で書く。これはいつもみなさんにおすすめしていること。


そんなに夢なんてない、と思っていたころもあるけれど、今はやりたいことが山ほど。これが一番の『山登り』だったりしてね(笑)

そんな私の2015年の夢はこんなに叶いましたよ。30個のうち22個だから7割3分。かなりの打率。
a0197173_11533096.jpg

実は数で達成できなかったので△をつけたのも。だから1つでもできたら〇が付くように、より具体的にするのがいいです。

そして、いつも目にしていること。すぐに見えるようにしておくこと。

今年の夢はいつもの2倍だから、もっともっと花丸付けられますね。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2016-01-10 11:55 | 整理収納アドバイザー

足るを知り 止まるを知る

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

というには、もうお正月が遠のいた気分です。

昔はあちこちにお正月がありました。今は子どもたちの凧揚げする姿は見えないし羽根つきの音も聞こえません。商店街の注連飾りもないし・・・。そういえば獅子舞が家々を回るなんていうのもなくなってしまったし・・・お正月の三が日はお雑煮だったのが、すぐにパン食だし・・・

どんどんお正月がなくなっていきますね。もう時代が変わったのだから、いつまでも昔を懐かしんでばかりはいられないです。

私は新しい物にすぐには飛びつかないタイプの人間。今までどおりでもいいじゃない?そんなに便利にならなくてもいいじゃない?というあまり進歩しないタイプ。


ということもあって、この言葉に惹かれます。『足るを知り 止まるを知る』

この老子の言葉は『足るを知れば 辱しめられず。 止まるを知れば 殆(あやう)からず ── 程をわきまえていれば 恥をかくこともないし 挫折することもない。』という意味だそうです。

つまり、地位や名誉もある程度のところまであれば辱められることもない。財貨を多く持たなければ身を危うくすることもない。得ると失うではどちらの方が悩み苦しいことだろうか。足るを知り止まるを知れば長く久しく健康でいられる、ということだそうです。


これを私なりに解釈しています。

『モノの量はこれだけあれば十分ということが分かり、便利さを求めすぎず、今あるモノを工夫して使ったり生かしたりできることで、欲張らず心穏やかに生きる』

一年の始めにこの言葉を心に留めて日々を過ごそうと思います。


さて、食品ロスを出さないようにと過ごした年末年始。使い切りたかったけれど、帰省した娘がお餅やら野菜やら持ってきてくれたので、それを食べるメニューをいろいろ考えました。

ダメにした食材はなかったけれど、うっかり冷蔵庫に入れなかったお餅はこの暖冬のせいか黒いものがポチポチ出始めて焦りました。

そして、唯一買ったけれど全く忘れていたモノが一つ。やっちまった~(汗)。それは長芋。真空パックでしたけどね。

お正月の食材もほぼ使い切り、いつもの暮らしです。


『足るを知り 止まるを知る』ということは、欲との戦いです。人類の進歩も欲との戦い。

どこで折り合いをつけていくか・・・ですね。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2016-01-07 15:14 | 整理収納アドバイザー