ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

<mo・no> 毎朝愛用、手彫りのトレイ

先日の冬の奈良旅で見つけた大切なもの、大切なこと。

その一つが「手仕事の温かさ」。

そして、ついに買ってしまった手彫りのトレイ。なんて大げさな、と思われるでしょうけど、これを買うまでには迷いも苦労もあってですね、やっとやっとという感じなんです。

では、この写真を。私のモーニング。
a0197173_22283584.jpg

因みに白いお皿は岐阜の多治見で買った安藤雅信さんのもの。今回泊まったノワ・ラスールでも安藤さんのコーヒーカップでした。

毎晩使っている赤い半月盆。食事が済むとお盆ごとキッチンへ持っていくようになりとても楽。

その良さをモーニングにも生かしたいと、木のトレイを探していました。

そんな木のトレイに出会ったのが松本のラボラトリオでのランチでした。直径30㎝ほどの木のトレイにスープやサラダ、パンなどが乗っていて一目惚れ。

家に帰ってきてからそんなトレイが無性に欲しくなり、ネットで探したけれどなかなかありませんでした。何枚かの板をプレスしたお手頃のはあるけれど、やっぱり手で削った感じには勝てません。

直径30㎝ともなるとお値段もけっこうよくって、ちょっと清水の舞台から飛び降りる感も。


しばらくして、やっぱり松本まで買いに行ったのです。でも、ラボラトリオで聞くと、それはオーダーしたものですぐには手に入らないとのこと。それに万以上のお値段。

トレイごときにそれだけ出すかどうか?と、迷う日々・・・


いろいろなお店へ行っては木のトレイを見るけれど、小さかったり材が気に入らなかったり、なかなか出会えなくて(涙)

そして、今回憬れの奈良のくるみの木へ行って出会いました。売っていたのはホテルがある方の月草(いい名前でしょ)。

でも、一番迷ったのはその形。私は丸いのが欲しかったのにであったのは四角だったから。「一晩よーく考えてみます。」とお店のスタッフに言って、翌朝「やっぱり買います。」と。

背中を押したのは、このトレイの材がくるみの木だったこと。そして、この旅で見つけたということ。月草で買うということ。石村由紀子さんの確かな目で選ばれているということ。

手彫の跡がくっきり。毎朝使っています。だから一枚万以上でも惜しくないです。
a0197173_224493.jpg

裏側もこの通り。手彫りの跡が。
a0197173_93576.jpg

二枚買いました。夫も気に入ってくれて、あーよかった。

トレイには食べ物、飲み物だけでなく奈良の思い出が乗って、ずっしりと重い。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2015-02-24 22:49 | <mo・no>

<パッチワーク> 2015 冬の女子会

一人一品ずつ持ち寄りの恒例パッチワーク女子会。新年会に続いて1月末には東京ドームの国際キルトフェスティバルを観に行き、またまた女子会です。

一品と言いながら二品となり、今回もこんなに豪勢なテーブルになりました。テーマは「あったかいんだから~」と提案したら、意味が通じない私たちおばさん世代。ま、いっか~

a0197173_2140244.jpg

メニューは手前左から時計回りに、切り干し大根の肉巻き、白和え、菜の花の辛子醤油和え、ワカサギのマリネ、マッシュルームのガーリック炒め、押し寿司、筑前煮、根菜のスープ。このほかにお漬け物。

お腹いっぱい食べてもデザートは別腹ですよね。キンカンの甘露煮はyokoさん作。紅梅、白梅はyumiさんのお庭から。
a0197173_21343145.jpg

そして、春を感じさせるロールケーキと泡雪羹。お茶はお抹茶。
a0197173_21344356.jpg


さてさて、今回の手作りは各自好きなものを作ったのですが、お直しにはまっている私はもっぱらセーターのお直し。丈を長くして腰回りを温かくします。

まだ途中なので、春までには作らないと着られなくなってしまうわ。できあがるまでもう少し。

相変わらず、食べて、喋って、そして手を動かして、ボケ防止になるかな~


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2015-02-22 21:39 | <パッチワーク>

<直してスッキリ> こんなお直しまでしちゃいました

新年早々、お直しするものがいくつかあって、手仕事に励んでいます。なので、今年はお直しの年になりそう。

一つ目がアラン模様のセーターで、袖を編み直しまして、次は変わり毛糸のざくざく編みセーターを全部編み直し。この寒さを手編みのセーターで温かく過ごせています。


さてさて、こんな手編みのカーディガンを実家で発見してきました。編み物大好きな叔母が編んで母にくれたのでしょう。生成りのカーディガンは持っていないので、いただいてきました。

ところが着てビックリです。あらあら~袖山がとても素晴らしいことにこんなに盛り上がっているではありませんか。昔はね~、こんなに高かったのね~。袖山が。
a0197173_935097.jpg


手編みだから直せるはず、と早速解きにかかりました。何でもきちんと作る叔母です。袖付けもしっかりすぎるくらいしっかり付いています。

通常私は縫い合わせるようにして付けるのですが、叔母は鈎針で編みながら付けていました。だから解くのも固くて・・・と思うけれど編んだ先の方から解くとするする~と解けるのですね。

そして、外した袖山の部分を解いて山を低くし、もう一度付け直しました。
a0197173_932519.jpg

ほら、こんなに低くなりました。春先には着れるでしょう。


そして、もう一つ、いつもあまり着ない夫のセーターに穴を発見。
a0197173_95457.jpg

虫食い?直せないかといじっていたのでこんなに穴が大きくなってしまいました。
a0197173_953982.jpg


そんな時、NHKでセーターを上手に直すプロの技を見てビックリ、早速まねしてみたのです。同じ毛糸を手に入れるために。脇の縫い目から毛糸を取ります。
a0197173_9133097.jpg

なんとこれが先ほどの白いカーディガンと同じく鎖編みで付いていたので、これまたスルスル~と解けました。ある程度の長さを取れば大丈夫みたい。

それを縫い針に通して編み目を辿りながら目を作って塞いでいきます。そして、完成~
a0197173_9145034.jpg

よく見ればわかってしまうけれど、ジャケットの下なら大丈夫かも(汗)と、今年はセーターを着る機会が増えました。


デザインが古いから、穴が開いて着られないからと、捨てようかどうしようかと迷うセーターとカーディガンがちょっとのお直しで復活できました。

こうして着てあげればセーターもカーディガンもうれしいでしょうね。いつか手放すことがあっても、心残りもなくなるし。

ぬぬぬ、陰の声がきこえたような・・・私のことだから、白いカーディガンを解いてまた編み直すのじゃないかって?あり得るかも・・・(汗)

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2015-02-19 09:23 | <直してスッキリ>

質問に答えるより片づけた方が早い?!

なかなか片づけられないというお悩みを抱えている友人のkさん。いっしょに片づけもしましたが、今は諸事情でなかなかできません。

そこで、魔法の質問とまではいかないのですがメールで片づけアドバイスをしています。私が質問をするとその答えを返信してくれるのですが、そのときにいろいろな気づきがあるようで少しずつですが身の周りが整っていっています。

例えば
「テーブルの上にはいつも何がのっていますか?」と聞くと
「○○と△△と・・・たくさんあります。元に戻すことができてません。」
「では、どうしてもここに置いておきたいモノは何ですか?」と聞くと
「□□と▲▲かな?」
「調理台の上は毎日夜寝る前にはモノが出ていませんか?」
「毎日花まるです。」と、うれしいお返事。

と言う具合に、やりとりしています。あるとき、
「リビングのソファーの上には何が乗っていますか?」と聞いたら笑っちゃいました。
「メールを打つよりも片づけた方が早い。」と返信があったから。

ソファーの上にもいろいろなモノが置かれていて、それを一つひとつメールで打つよりも片づけてしまったというのですから、思わずニヤリ。今では一つのソファーにの上にはモノがなくなり、すぐに座れるようになっているようです。

質問されて答えるときに自分で気づくことは、先日の魔法の質問のセミナーで実際に体験してとても有効だと感じたこと。

人から言われるのでなく自分で気づけば、やらされているという感じはありませんね。セミナーでも質問を取り入れ、参加者の方自身に気づいてもらうようにしています。

そして私自身への質問は「元に戻すことを習慣化してもらうには、どんな工夫が必要だと思いますか?」と。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2015-02-15 17:38 | 整理収納アドバイザー

奈良で見つけた「大切なこと、大切なもの」

冬の奈良を旅してきました。

行く前から「この旅で私にとって大切なことや大切なものを見つけに行く」と思っていました。

今回の目的は暮らしをよく見つめ鋭い感性で選んでいる石村由紀子さんがオーナーの秋篠の森 くるみの木を訪ねることでした。

併設のホテル、ノワ・ラスールは一日2組しか泊まれません。なかなか日程が取れずこの寒い時期、雪も心配しましたが、晴れ女の力で大丈夫でした。

ノワ・ラスールのシンプルで上質なインテリア、なず菜での心とお腹が大満足の夕食と朝食、そして月草でのお買い物、見るもの、見る景色、吸う空気・・・全てが感動でした。

今回は写真なしで言葉でどれだけ伝えられますか。

そして、今回はもう一泊をクラシックホテルの名門奈良ホテル、しかも本館にお泊まりという私にとってはすごくすごく贅沢な旅だったのです。


その奈良で見つけた大切なこと、大切なものはなんだったのでしょうか?それは「手仕事の温かさ」と「時間の作り出す味わい」と「おもてなしの心と人のご縁」でした。


奈良には手作りの物を売っているお店がとても多く、季節的になのか手編みの物があちこちに。編み物好きな私は興奮の連続で、早く帰って編みたい~と。手作りの服もあちらこちらで売られていたし小物もいろいろ。ほっこりと温かい心が伝わってきます。

奈良は靴下や貝ボタンの生産がとても多く、また奈良布巾など蚊帳の生地を使った製品も多いんですね。

今回は奈良町の散策を楽しみにしていたので、お寺には寄らずひたすら路地をあちこちぶらぶら。古い街並みの中でみなさん暮らしています。古い物をそのまま使っていたり手入れをして大事にしていたり、経年変化が味わいを増しています。

それから骨董のお店も多いですね。昔のものってなんだかホッとします。いいないいな。和の物も洋の物も街に溶け込んでるわね。

くるみの木でも見る物全てが「すてき」「ステキ」「素敵」。石村由紀子さんの目で選び抜いたものばかりだからですね。ガラス、陶器、金属、布・・・プラスチックはありません。自然素材から受けるのは心に優しいわ~


そして、泊まった秋篠の森。一番の感動が夜湯たんぽを用意してくれたことでした。心も体もポッカポカ。スタッフの方も気持ちよく対応してくれます。

今回は自分の感覚を大事にしたいと思っていろいろ調べないで来ました。そこで、翌朝、「この近くで見るところありますか?」と聞くと秋篠寺を紹介してくれました。秋篠寺は秋篠宮様と縁のあるお寺で、歩いて20分ほど。寒いけれどお天気もよくて出かけました。

情報なしで行ったお寺にまた感動、その近くにある秋篠窯の看板を発見。そこへ寄り道。そこで素敵な焼き物に出会いました。お店にあったチラシから近くのパン屋さんを見つけ、次はそこへ。その途中にまたまた素敵な家具やさん。オーナーとの楽しいおしゃべり。なんというつながりでしょう。

そして、やっと着いたパン屋さんで軽いランチ。またまたそのお店で出会った女性との不思議なご縁。ガイドブックを見てあそこへ行ってここへ行って・・・という旅ではなく、出会ったことが次のご縁につながって・・・。

秋篠寺でお賽銭を5円入れたのが、こんなに早く御利益があったなんてね。


京都もいいけれど奈良はもっと好き。風花舞う寒い天気でしたけど、心はホカホカ温か~い冬の奈良でした。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2015-02-11 18:05 | <街歩き>

<心に響く言葉> 引き寄せた「人生を変える魔法の質問」

ケイスタイルのメンバーの一人、フリーアナウンサーの辻昌子さん。とっても素敵な女性、そして話すこと、教えることが上手、そしてそれが大好きなんですって。

その昌子さんがマツダミヒロさんの著書「人生を変える魔法の質問」の読書会を開いてくれました。
a0197173_23465177.jpg

マツダミヒロさんのことは何年か前に知り、いつかセミナーをうけたいなーと思っていながら、なかなか実行できないでいました。

だから、この読書会は私が引き寄せたようなもの。魔法の質問の中に「なぜこの本がここにあると思いますか?」という質問にも即「私が引き寄せた。必然」という答えを書いたくらい。


質問は全部で11ありました。答える時間はほぼ1分。答えを考えている時間はありません。すぐに答えられるもの、なかなか答えられないもの。時間が短いということは普段考えていることなら出てくるけれど、あとは潜在意識など意識していないことがパ~ッと浮かび上がってくる感覚です。

メンバー3人でいっしょに参加し、お互いの質問に対する答えを聞きながら、お互いの価値観の違いや共通項に感心したり気づきをもらったり・・・ より一層お互いを理解できたかな。

最後に自分の価値観に気づき、何かストンと腑に落ちた気がしました。詳しいことはこちらを読んでください。 
で、今日のタイトル「引き寄せた『魔法の質問』」。これぞという魔法の質問がいっぱい。
ピーター・F・ドラッカー「自分の強みは何だろう?」「何をもって憶えられたいかね?」
ショーン・スティーブンソン「でもから抜け出す方法は?」
マイケル・デル「何をやめますか?」
ココ・シャネル「どのようにお金を使いますか?」

という質問に目が止まったのでした。これは私が今気になっていることの現れ。それに気づいてちょっとビックリでしたね。

最後に「自分の人生を価値あるものにするには?」という質問に「自分の価値を認めてくれる人と出会うこと」、そして「人の価値にもっと気づくこと」という答えがでてきたときには自分でも鳥肌。
終わってすごく家族や友人に対して優しい気持ちになっていました。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2015-02-05 00:00 | <心に響く言葉>

「遊」 青春時代に戻れる同窓会コンサート

行ってきました、同窓会コンサート。今回2回目。いやあ、もう楽しくって。
a0197173_232073.jpg

若かりし頃夢中になったあの歌この歌。青春歌謡?フォーク?ニューミュージック?いろんな分け方があるけどどうでもいいの。いい歌ならなんでも。

同世代がたーくさん。この世代でないとわからない会話がまたうふふなのよね。古稀で体がコキコキとかね。うんうん、わかるわかる。

特別ゲストの西城秀樹さんは目下リハビリ中。それでも舞台に立つその姿に勇気や元気をたくさんもらえましたよ。

今日は節分ということで出演者が豆まきを。私はキャッチできなかったけれどいっしょにいった友人のmariさんはあいざき進也さん(知ってる?)からの豆を見事にキャッチ。ラッキーだわね

舞台の上の歌手は本当にきれいでエネルギッシュ。衣装もきれいだけど、それだけでなくキラキラ輝いている。小川知子さん、今陽子さん、熟女というよりかわいい~

懐かしい歌がいっぱい。さすがペンライトは手に持たないけれど、手拍子足拍子であっという間の3時間(予定では2時間半)

歌手のみなさん、今日は夜の部もあるから大丈夫かなーなどと要らぬ心配してしまいます。

同窓会コンサートは全国で開催中。青春を懐かしむ一時、若返りますよ~

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2015-02-03 23:36 | 「遊」

<直してスッキリ>セーターが復活しました その2

袖の付け根に穴が開いてしまったお気に入りのアラン模様のセーター。編んだのはなんと学生時代だから、手編みのセーターの中では二番目に古い年代もの。(一番古いのは高校生の時に編みました)
a0197173_2121193.jpg

この編み方はパプコーン編みと言ってちょっと複雑です。もう毛糸の余りもないし編み方もうろ覚え。そこで、両袖を外してもう一度穴の開いたところまで解いて編み直そうかと思ったのですが・・・どういうわけか左右の目数が違います。
a0197173_219317.jpg

もう面倒になってきて、結局は違う編み方の袖にすることに。今度のは地が裏編みで真ん中に縄編みを入れました。
a0197173_2192654.jpg

なにせ毛糸がありません。この袖を解いた毛糸の量で間に合うかどうか・・・という綱渡り的な編み直し。もし足りなかったら、今度は襟ぐりを解いてそれをすこし使い、襟ぐりを狭くするという技を使いましょう。

ということで編み上がりましたが、結局は襟ぐりから少しいただいてなんとか形になったという、難産だったセーターです。
a0197173_21145888.jpg

ちょっと袖が細いけれど、その分ピッタリして温かいですね。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2015-02-02 21:16 | <直してスッキリ>

<直してスッキリ>セーターが復活しました

今年になってからお直し(リペア)にはまっています。というか、編むのが大好きだから針を持ちたくてすぐにとりかかったセーターのお直し。

できあがりました。ざくざく編みのセーター。

まずは悲惨な状態から。こんなに袖口が擦り切れたのは、着すぎたからというより柔らかい毛糸のせいですかね。撚りが甘いから。(貧乏臭いと言われないための口実か?)
a0197173_13381822.jpg

そこで手首だけ直そうと思ったのですが、なにせ30年物。丈は短く袖が太い。これは以前のブログに載せた時の写真。
a0197173_13415718.jpg

参考にしたのがこれ。あの頃はこういうデザインが流行っていたのね。
a0197173_13422575.jpg

そこで、袖を細くしてその分丈を短くしようと、結局は全部編み直すことにしました。実は、途中で一目落としてしまっていたのも気になって・・・。こうしてバラバラに。手編みは編んだ逆の順に解けばいいんです。
a0197173_1344275.jpg

解いた毛糸はざっくり束ねて、蒸気を当てます。私はやかんの口から出てくる蒸気を利用。縮れ麺のようなのがあーら不思議、するすると延びていき生麺のようになるんですが、さすが30年物ともなるとこれが限界かな。
a0197173_1346037.jpg

目数は適当なので、編んでは解き編んでは解きでずいぶん無駄な時間を食ってしまうんですね。でも、この時間がまたいつまでも編んでいられるという至福の時間となるんです。

できあがりはこれ。編み地をテキストのように裏編みにしないで始めと同じ表編みに。丈を長くして袖を細くしました。
毛糸の残りもあとわずか。できるところまで表編みにして、クルッとなるロールカラーにしました。襟元のお花は以前のを使いましたが、真ん中にパールを1つ付けてイメージアップ。
a0197173_13511259.jpg

同じものを編み直すのもつまらないので、ちょっとデザインを変えた極太のざっくりセーター。お直しは楽しい~。寒さもなんのそのですよ~。

第二弾は次回に。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2015-02-01 13:30 | <直してスッキリ>