ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

「優」買い過ぎにご注意

あと一日で今年も終わり。暮れの買い物で街は賑わっています。

大型スーパーなど、カートを押す人々で、通路を進むのはままならない状態ですね。


さて、そのカートにはたくさんの美味しそうな食べ物が入っています。おせち料理の材料、鍋物の材料、お肉、お刺身、お酒、おつまみ、お菓子、果物・・・

普段は質素に暮らしている我が家?でも、お正月だからいいよね~ってついついお財布のひもが緩んでしまう。あれも美味しそう、これも食べたい~って。

最近では元旦からオープンしているお店もあるから、そんなに買い込まなくても心配ないとは思うけれど、元旦が休業ともなれば心配でやはり買い込んでしまいたくなります。


さてさて、先日「冷蔵庫から始める整理収納」というセミナーをしたとき、横浜市の食品ロスについて調べてみました。

手つかず食品(食べられるのに廃棄されたり、消費期限が過ぎてそのまま棄てられたりした食品)の量が、年間20000トン。2トンのゴミ収集車で10000台分。これは全市のゴミの10分の1くらいになります。

それを市民370万人で割ると一人5㎏以上。お金に換算すると一人4000円以上となります。4人家族なら17000円くらいかな。子どもならディズニーランドへ4回も行けてしまいます。


こんなに手つかず食品が出てしまうのは、冷蔵庫がぎゅうぎゅう詰めになっていて、奥にあるものを忘れてしまったとか食べきれなかったとかが原因なんですね。

暮れの買い物でたくさん買い込んだ食品が手つかずに忘れ去られたり食べきれなかったりして棄てられることがないよう、私も気を付けなくっちゃ。

皆さんも食品を無駄にすることなく最後まで食べてあげてくださいね。

明日はブログお休み。年明けにまた訪ねてください。お待ちしています。

では、よいお年を。風邪など引きませんように。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-12-30 23:54 | 「優」

<mo・no> my定番 心おきなく処分できるカレンダー

a0197173_23531740.jpg

日曜日にカレンダーを来年用に掛け替えました。気持ちが改まる瞬間です。

今年もたくさんの事柄がカレンダーに書き込まれました。たくさんの出会い、そして別れ。楽しいこと、新しい仕事、スキルアップ・・・。さて、来年は?どんなことが書き込まれるかわくわくしますね。


このイノベーターのカレンダーが定番になってもうどれくらいになるかしら?

それまでは好きなキャラクターや写真、絵のついたカレンダーを使ってました。それが、好き故に処分できなくて、今でもしまってあるんです。もったいないって。

でも、今はシンプルな数字だけ。心おきなく処分できます。金具をペンチで引き抜き、プラスチックの部分をパキッと折り、紙を二つに折ってポイッ。なんと快い処分の瞬間。

これからも浮気せずにずっと使い続けたい一品です。どうかどうか販売を続けてくださいませ。イノベーターさま。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-12-29 23:56 | <mo・no>

<mo・no> my定番 今年もこだわりの手帳を買いました

今日はクリスマスイブ。街のイルミネーションに心惹かれますね。『青い胡蝶蘭に思う』で書いた、あのLEDのおかげです。
a0197173_2333293.jpg

a0197173_2351620.jpg

さて、来年の手帳、みなさんはもう買いましたか?

毎年、年末だけでなく10月(9月)始まり、4月始まりなどの手帳など、店頭に並ぶ手帳の数の多さにビックリ!この中からお気に入りの一冊を探し出すのは大変だけど楽しいもの。

でも、このmy定番の手帳があるので、今年も即決めました。去年と同じです。


その前のmy定番はこちら 。4年間使い続けたけれど去年変えたら、これが使いやすくてお気に入りになりました。

まずはこの条件がピッタリ。
a0197173_212102.jpg

ウィークリーはさほど書くことがなかったので、マンスリーで足りることがわかりました。

ちょっと細かいことをメモするときには付箋を貼ってそこに書き、用事が済んだら剥がすということにしたので、マンスリーでOK

手帳の表紙もカラフルで、お気に入りの色を選べます。模様入り、キャラクターものなど、本当に様々。

でも、ビニルカバーが付いているので、その中に好きな紙や写真、布などでカスタマイズできます。
今はこんな紙をあしらってます。
a0197173_23101097.jpg


分厚い手帳をパッと開いてびっしり書き込んでいる人を見るとかっこいいなーとは思うんですが、持ち物が重くなるのはちょっとね。

マンスリーなら軽いので楽々なところもお気に入りです。文字ならいくら書いても重くならないわね。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-12-23 21:58 | <mo・no>

「優」青い胡蝶蘭に思う

ケイスタイル事務所オープンの時にいただいたお花です。初めて見る青い胡蝶蘭。
a0197173_10322476.jpg


一つ落ちていたのがあまりに色鮮やかなので写真に撮ってみました。
a0197173_10341560.jpg

色を吸わせているのでしょうか?品種改良?

この花を見ているうちに、青色LEDを思いました。

この青色がなかなか作れなくて、やっと開発できた3人の研究者が今回ノーベル賞をもらったのですから、どれだけ難しく苦労されたのかがわかります。(その仕組みさっぱりわかりませんけど)


地球誕生から今までの46億年を一年の長さにギュッと縮めて例えてみると、人類の誕生が午後5時頃、産業が発達してきたこの200年くらいは12月31日の23時59分59秒以降になるそうです。(「1秒が1年を壊す」・・・光村国語教科書より)

その1秒が地球の環境をダメにしていくという、人類がより幸せに、より快適に暮らそうとすることが環境をダメにしていくという矛盾。


エジソンが電球を発明してから130年以上。その前はランプやロウソクだったんですね。電球から蛍光灯、そしてLEDへとすざまじい発達をしてきた社会。

そのまっただ中に私たちはいるんですね。もっと楽しく、もっと面白く、もっと珍しく・・・とどこまでいったら私たちは満足するのでしょう。


今年、「ありの~ままで~♪♪」と流行ったけれど、花は本来の色のままで、本来の形のままで、自然のままでいいなーとも思ってしまいました。

青い色の花を見てこんなことを思ってしまいました。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-12-18 11:03 | 「優」

片づく家ができました その3 パントリー

パントリーが最近人気です。

パントリーというのはキッチンの一部、または隣接するところにある食品や飲料を置いておくところ。また使用頻度の少ない食器なども収納しておくところ。食品庫というのかな。


娘の希望は行き止まりのないキッチンでした。

となると、まず考えたのはアイランドキッチンです。シンクやコンロが壁から離れ島のようになっているのでアイランドと言います。みんなでキッチンを囲むとどちらの方向にも動線ができるのでぶつかりません。

でも、これだと壁がないので臭いや煙がリビングやダイニングに流れやすいし、手元も丸見え。壁側に収納を作らないと収納量が減るというデメリットも。

そこで、二方向から出入りできるキッチンを考えました。一方はダイニングだとすると、もう一方は廊下、玄関収納に繋がるのもいいかなーなどといろいろ考え、結果狭いけれど通り抜けられるパントリーにしました。回遊動線です。
a0197173_2253688.jpg

キッチンの左側に見えるアーチがパントリーの入り口です。ここも扉はなくてカーテンです。手前がダイニングになります。
a0197173_22535950.jpg

それで、キッチンの奥のコンロのところからパントリーに繋がっているので、ぐるっと回れるわけです。

このコンロの奥の通路幅は60㎝、一人がなんとか通れる幅です。この幅を建築士さんともっと広く、もっと狭く・・・と検討してこの幅に。広くすればダイニングが狭くなってしまいますから。

そのパントリーの中はこんなふうに棚を付けました。
a0197173_2375692.jpg


手前の棚の奥行きが25㎝、奥が30㎝。手前はA4ファイル用、奥は雑多なもの用。お水のストックなども置いておけます。

全体の幅は110㎝ほど。壁にはフックを付けてお掃除道具など掛けてもいいかなーと。


この写真はパントリーからキッチンのパントリーを見たところ。右がコンロの壁です。
a0197173_22595381.jpg

キッチンのパントリーには食品のストック、使用頻度の低い家電や食器、下は分別ゴミ入れにする予定。これだけ収納があれば足りるかな?いえ、足りるようにしてほしいわ。

リビングからもキッチンからも出入りできるパントリー、ぐるっと回れるパントリー。なんだか孫たちがぐるぐる回ってバターになりはしないか、などと心配しているおばばです。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-12-17 23:11 | <片づく家の創り方>

片づく家ができました その2 階段下収納

家の中にたくさんの収納場所を作りたいと思うとき、階段下もよく利用されます。

が、しかし、ですね、これが意外と使いにくいものなんですね。

まっすぐな階段下の場合、高さのある方から使うと奥がどんどん低くなっていきます。階段を横から使う場合は奥行きが階段の幅くらいになって、これまた使いにくい。

折り返し階段の場合、奥が折れているから行き止まりのあたりに収納すると出せなくなる。

天井高のあるところも奥の低くなっているところも十分にそのスペースを生かせないかと悩んだとき、思いついたのが奥の壁をなくすことでした。

まあ、写真を見てください。
a0197173_211789.jpg

下から5段上がったところが踊り場で、そこから右に折れ、逆方向に上がっていく階段です。ルーバーの扉を開けると階段下の収納。
a0197173_21223331.jpg

ここには床下点検口が。上の壁紙の貼ってないところは、階段の軋みを直すときに取り外すのだそうです。だから意外と空間が狭かったです。

さて、その下の方、奥の左側が踊り場の下になるのですが、そこが収納だとモノを入れにくく出しにくくなるでしょう。

そこで、階段の隣、玄関収納の側からも出し入れできるように壁を取ってしまいました。
a0197173_21271761.jpg

踊り場の下は高さ80㎝くらいあるので、奥行きのある収納ケースを置いて避難用具やアウトドア用品を置いておけます。

長さもあるのでカーペットなども入れられ、出し入れも楽々。上の方はコート掛けです。


使いにくい階段下の収納はないものとして塞いでしまうという方法もあるけれど、両側から使えるようにすれば、これは使える場所になるはず。

階段の位置やその形は二階建ての場合頭を悩ますところ。トイレにしたり収納にしたり。余裕があれば何もない空間にしておくこともあるけれど、庶民にとっては少しでも収納スペースがほしいですよね。

そんな我が家も階段下を有効利用してますよ。

前回の玄関収納もこの階段下収納も、ぐるっと回れるところが使い易さのポイントです。次はもう一つのぐるっと回れるところを紹介しますね。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-12-15 21:42 | <片づく家の創り方>

片づく家ができました その1 玄関収納

片づく(はずの)家が完成しました。先日「何もない家に泊まってみる」で書いた家です。

まずは娘の希望で作った玄関収納から。シューズクローゼットというのが人気ですが、クローゼットというのはクローズしている(閉じている)ところという意味だそうで、これはクローズしていないので玄関収納と言うことにします。


玄関を入って右側が一応お客様用、左側が家族用。左手のルーバー扉のところが物置のような場所、左手奥のオープン棚が靴入れ。
a0197173_23345877.jpg

その先に狭いけれどコート掛けがあります。このあたりに今の季節、帽子やマフラー、手袋なども置いておきたいもの。家に帰ってきたら、子どもたちはバスケットにコートを入れてもいいかな。ハンガーに掛けるのは一手間かかるでしょ。

奥に見える洞穴のようなところは階段下収納。家族用の靴入れのあるところにはカーテンをして仕切る予定です。



ルーバー扉を開けると棚になっていますが、この棚をこれから動かして、ここに箒や傘を収納します。
a0197173_23351698.jpg

下が土間になっているので汚れても濡れても大丈夫。

娘が早速買ってきたのが雪かき用スコップ。園芸用スコップも入れておけばいいかな。アウトドアで使うモノもこのあたりに収納します。


外に物置を建てないつもりで、こんな玄関になりました。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-12-14 23:48 | <片づく家の創り方>

目障りなコードを隠しました

まずはビフォーを見てください。
a0197173_23281193.jpg

そんなにゴチャゴチャしているわけではないですが・・・実は、この色紙はというと
a0197173_23293259.jpg

これらの配線コードの目隠しに置いてあったというわけです。

それにコンセントに差し込まれたいろいろなコード、アダプター。黒いルーターなど、よく見ると気になるものがいろいろ。(気になるのは私だけ~?)

コード類がこんなふうになっているとお掃除もしにくいもの。


そこで、イケアのコードボックスを使って片づけました。
a0197173_23315534.jpg

パソコンや電話周りのコードをいったん抜くときには、写真を撮っておくことをおすすめします。どこを抜いたかわからなくなってしまうので。

そしてアフターです。コード類はボックスの中に。黒いルーターの前にグリーンを持ってきて目隠しにしました。基本的な位置は変えてないけれど、黒い色が目に入らなくなって、白を基調としたコーナーになりました。

できれば短い延長コードをボックスに入れて、そこにコンセントを差し込み、壁のコンセントをスッキリさせたいところです。

a0197173_23272633.jpg

お気に入りの色紙はやっぱりここに。

コードのゴチャゴチャをボックスに入れる。こんなボックスがいろいろ売られていますよ。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-12-13 23:38 | <ビフォー・アフター>

食器を入れ替えてみました

毎日、目にしているとそれが当たり前の風景になっています。

特に不便を感じる訳でもないし、増えたり減ったりもしない。

でも、ある時ふと気づきました。白い方がスッキリ見えるのではないかって。


これがビフォーの食器棚。
a0197173_237561.jpg

こちらがアフター。同じように写真を撮ってなくて(また撮り忘れです)
a0197173_2381948.jpg


下の3段だけ比べてみてください。白くない和食器を引き出しに入れ、引き出しに入っていた白い食器を並べました。

こうしてみると、奥の黒いお皿が気になるけど、置き換える場所がなくって・・・(汗)


扉がガラスだから中が見えます。見えるところに白い食器。見えないところに色物。たったこれだけのことですが、スッキリ感を味わっています。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-12-11 23:20 | <ビフォー・アフター>

「悠」何にもない家に泊まってみる

娘たちの家が何とか完成しました。引っ越しはまだだけれど引き渡しが終わったのでもう使えるということで、娘たち家族は休日に新居に泊まりました。

なーんにもない家に泊まるって面白そうだし、子どもたちにも何にもない家ってどんなものか経験するのもいいんじゃない。

というわけで、私たちも泊まってみることにしました。ちょうど用事もあったので、これはいい機会です。

寝具は寝袋を持参しました。

何にもないといっても持ち込んだものは多少はあるもので、テレビの代わりにラジオ、椅子(大人用が1脚、子ども用が3脚)、電気ポット、毛布1枚、ひざ掛け1枚、コップ2つ、タオル1枚、ぞうきん1枚、ティッシュ1箱など。もちろんトイレットペーパーはありますわよ。

というわけで、けっこう持ち込んでしまったかな。

お湯は沸かせるのでお茶を淹れることはでき、あとはコンビニへ買い出し。

そんなこんなで24時間以上なんにもない家で過ごしてきました。何をしていたかというと、ミシン持参でカーテンを縫って取り付けてきましたよ。


この通り家具はありません。孫たちが飾ったクリスマスツリーがご愛敬。キッチンからリビング方向を見たところ。
a0197173_22574526.jpg


リビングからキッチン方向を見たところ。
a0197173_22575474.jpg

何にもないと体育館みたいで広々。この広々したスッキリ感を覚えておいてほしいなー。

引っ越したら家具が入り、テレビが置かれ、おもちゃがやってきて、たちまちリビングは狭くなってしまうわね、きっと。

暮らしていくのだからある程度は仕方ないにしても、本当に必要なものは何かって考えていってほしいもの。

最近ゆるりまいさんの「わたしのウチにはなんにもない」という本を読んだけれど、引っ越し前の家みたいに本当にモノがない写真が。まさにこんな感じ。本当にそれで暮らしていけるの~と突っ込みいれたくなるような家です。


さてさて、おもちゃのないこの家で孫たちが何をしていたかというと、押し入れに入ったり出たり。ああいう狭いところが大好きなんですよね。子どもって。何にもなくても出たり入ったりして遊んでる。おもちゃがないと遊びを見つけるのよね。

引っ越しという大イベントをどう迎えるか。その前にまずはモノの整理ですね~

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-12-08 23:16 | 「悠」