ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 15 )   > この月の画像一覧

片づく家を創ろう その6 片づく仕組(掃除)

あー、埃じゃ死なないよねーって、一番手抜きしてきてきたのが掃除。

「掃除とは埃や汚れを取り除くことで、片づけとはまた違うんですよ。」と言ってきて、本当に片づけは好きなのにお掃除が好きじゃない(嫌いというのでもなく、他の好きと比較したら好きとは言えないということ)

それでも、手荒れも一因で雑巾を絞ったりするのは苦痛。かと言ってゴム手袋も好きではなくて・・・。なので、水拭きはほとんどしてませんけど。

で、やっぱりお掃除というと掃除機をかけるということに。

だったらあの○○ックルというフロアをサーっとひと拭きするあれ、フロアモップ?使っている人多いですよね。かなりお掃除のスグレモノらしいです。

らしいですが、私はそれが使えない。なぜって、使い捨てだから。(でも、ボロ布は二度目の命。これは使い捨ててますが・・・)


まあ、そんなこんなでお掃除の片づく仕組は、掃除道具の管理ということに。

娘の家の一階は小上がりになっている畳コーナー以外はフラットになっています。ドアのあるところは玄関ホールとリビングの間(これは引き戸)、階段下収納、あとトイレ。それ以外は仕切りなしです。

つまりー、あのルンバ君がやってきて活躍してくれるということなんですぅ。

じゃあ、あのルンバ君の控え場所をどこにするかということを始めに考えておかなくてはね。


ということで、キッチンとリビングに隣接するパントリー(というか納戸というか小部屋)に。それで、下の方にコンセントを作ってもらいました。普通の掃除機も、もちろんフリーな部屋なので置いておくことはOK。

このパントリーについては後ほど。

で、ルンバ君はこの控え室から出てリビング、玄関ホール、シューズクローゼット、パントリー、キッチン、ダイニング、そしてリビングへ戻り元の場所へ。それができれば、日中のお掃除は楽々ということになるわけです。

さらに、この小部屋にはフロアモップも置いておけるので、あの長い柄のモップが部屋に出っ放しということにはならないはず。


子どもが小さいから食べこぼしやら何やら床を拭くことも多いはず。リビングダイニングが一階、洗面所が二階。となるとバケツとか雑巾とか洗剤とか雑多なものはキッチンには置きたくないもの。

そんなモノもこの小部屋には置いておけます。しかも、サッと取りに行けるところが条件。もちろん、二階では洗面所がその置き場になります。


掃除道具は目に付くところには置きたくないけれど、使うときはサッと出せる。掃除機はホースとノズルをセットにしたまま収納できる。

お掃除のハードルが高いときには、道具の使い勝手を優先したいもの。

最近見直されている箒やハタキ。リビングに飾ってインテリアとしても楽しめるものもあるようです。でも、そんな余裕がないから、やっぱりお掃除道具はバックヤードへ、ですね。

そんなこんなで、昨日は雨の中で地鎮祭。『雨降って地固まる』とは正にこう言うことでしょうか。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-06-29 09:44 | <片づく家の創り方>

「遊」 ホワイトガーデンの女王 カシワバアジサイ

ジトジトの梅雨はあまり好きではないけれど、雨に濡れた紫陽花を見ると心が癒されます。

ピンク~紫~ブルー~白という色の微妙な変化が大好き。紫陽花と漢字でぜひ書きたい花の名前です。

そして、最近ではアナベルという白くて小さな花(本当は花びらではない)が集まったような紫陽花の品種が人気なのだそう。「アナと雪の女王」と名前が似ているのと、白くて雪山を連想させるからなんですって。


さてさて、我が家にもアナ雪を連想させるような白い紫陽花が咲き誇っています。カシワバアジサイです。(こちらはカタカナで)

17年前にガーデニングのプロにおまかせしたところ、その当時は名前も知らなかったこの花を植えてくれたのです。
a0197173_18453387.jpg

のぼり藤とも言われるように、花房が上を向いて咲きます。でも、連日の雨のせいか房が下を向いてしまって、花瓶に挿してもうなだれてしまいます。

庭のカシワバアジサイは2メートルを超えるほどに大きくなり、道行く人の目にとまります。大きいこともあるけれど、このたわわな花房は、我がホワイトガーデンの女王さまのよう。

香り4姉妹が咲き終わったあと、狭い庭に君臨しているのです。


この花も盛りを少し過ぎ、真っ白から緑がかってきました。

いろいろな花を植えたけれど、庭と相性がよいものも悪いものも。どうやら女王さまはこの地がお気に入りのようですね。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-06-27 22:25 | 「遊」

本日、収納王子コジマジック テレビダブル出演

本日、フジテレビのノンストップにレギュラー出演。10時50分頃からのコーナー「収納王子コジマジックのお助け仕分け人」です。

お宝鑑定士が視聴者のお宅で売りたいというモノをその場で査定するという内容。


そして、続いての11時55分からのバイキングにも出演。笑っていいともの後のこの番組、私はまだ見たことないんですけど・・・

新聞のテレビ欄にはこんなタイトルが。

「芸能人の自宅生中継は超整頓達人の家から」

ほー、収納達人でなくて整頓達人ね。


ちゃんと録画予約しましたよ。

私はなんと、コジマジックのお仕事で出張。静岡まで行ってきまーす。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-06-26 09:22 | <コジマジック>

文明の利器に感謝感激

こうして毎日、パソコンを使う日が来るなんて10年くらい前の私にはとてもとても考えられなかった~

携帯電話だって、「そんなのなくても暮らせてきたわよ。」と言って、持たない暮らしを豪語していたけれど、仕事や家族の連絡に必要になってきて購入。これも今では手離せない機器。とは言ってもガラ系ですけど。

必要な情報は家でパソコンから得て、外へ行ったら調べなくても大丈夫、なんとかなる、そんなスタイルでやってきたけれど、だんだんタブレットを持ちたいと思うように。

理由は、仕事でお客様に写真を大きくして見てもらえること。もう一つは、いつもセミナーをやるとき重いパソコンを持っていくので軽くしたいということ。

そんな理由で、いろいろな人にタブレットの使い勝手を聞いて、スマホやiPhoneを使っていない私が果たして操作できるのか・・・とずーっと気持ちが揺れていたのに、あっけなく買ってしまいました。

それは、携帯電話の調子が悪くなってきたので。

お店で相談すると、それならガラ系携帯とタブレットを組み合わせるといいですよ、と使用料金などの説明を受け、ならば「それ、くださ~い。」って。


600gとは言え普段は持ち歩かないけれど、遠出するときには地図も見られナビ無しの私にはとて便利になりました。

泊りがけのときには、重いパソコンを持っていなくてもすぐに起動するし、いろいろ使えて助かってます。


さて、先日パソコンが不具合を起こし、メールは送受信できないは、パワポは起動しないは、仕事が重なって青色吐息でした。

さてさて、急ぎの仕事をどうしよう???と、その時、タブレットを使うことを思いつきました。もちろん、メールを使うのです。

開いててよかった~ならぬ、買っててよかった~

早速資料を写真に撮り(もちろんタブレットで)、それを添付して送る。全部で14枚送れて無事完了。間に合ってよかった~持つべきものは文明の利器、ですね。


まだまだタブレットはインターネット、メール、写真、動画くらいしか使ってないけれど、本も読めるしいろいろなアプリが使えるらしい。

まあ、まだ新しいものに挑戦する気持ちはあるから、少しずつね。


一番使っているのはって?それは、孫のところに行って撮った画像や動画を家に帰ってきて夫や息子に見せることかな。

でも、文明の利器を通して見る孫たちより、生のほうがずーーーっといいに決まってますけど。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-06-25 10:39 | 「優」

小さな子どもでも、どうしたいのかを考えている

「自分がどうしたいのかがわからないから、片づかないんですね。」

というセミナーに参加された方の言葉がとても心に残っています。これって、片づけの1番元になることかもしれません。


先日、孫のところに行き「いっしょにおもちゃ箱を片づけようね。」と声をかけたら、快い返事。(本当は遊びたかったんでしょうけどね)

以前、おもちゃをすごく大事か大事じゃないかと聞いてみたとき、全部大事って言ってとっておいたから、この聞き方はよくなかったです。


そこで、「saーちゃん、おもちゃをどうしたい?」って聞いてみました。

すると「弟のyuーちゃんのおもちゃと混ざってしまったから別々にしたい。」と言うではありませんか。子どもなりに困っていることがあり、解決方法を考えていたのですね。

それならばとおもちゃを箱から全部出し、自分のモノと弟のモノと分けながら箱に戻していきました。


カラボを二つ並べ、それぞれ下の段にインナーボックスを入れておもちゃ箱にしています。上の段は本を入れていて、そこに二人の名前を書いたものを貼っています。

今回はマスキングテープを使い、ひらがなが書けるようになった孫が自分で名前を書きました。それをおもちゃ箱にそれぞれ貼ってできあがり。

ママや私が書くのでなく、自分でラベリングできました。そんなときマスキングテープは助かりますね。


おもちゃを戻しながら、「これはバイバイする。」ってポケットティッシュの空き袋(キャラのです)とバイバイしました。こんな小さなモノでもバイバイしていく経験(それも自分で決めた)を積むのって大事じゃないかな。


きっとしばらく経つと、おもちゃはまた混ざるかもしれないこれど、どうしたら混ざらないかも自分で考えられるようになるんじゃないかな。

そうしたら、また「どうしたい?」って聞いて「どうしようか?」と考えればいい。

ママや私が「こうしよう。こうしたら?」とアドバイスする前に、まずは自分でどうしたいかを考える。

5歳の子どもでもちゃんと考えてるってすごいなー。と、子どもの力に驚いてます。

この孫が1歳半の頃、色板を持たせて、同じ色のところに置かせるというのをやってみたけれど、ちゃんと色で識別できビックリ。こんな小さな子どもでも、色で分けることができるなんてすごいって。


子どものお片づけを今いろいろ考えているのですが、まずは自分で何が困っていることでどうしたいのかが言えるようになってほしいですね。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-06-22 18:11 | 整理収納アドバイザー

「悠」 今日は結婚記念日

正確には昨日ですが、37年目でした。

前日にプレ記念日だと近所のイタリアンに出かけたら、なんと定休日。結局、焼き鳥やさんで祝杯をあげました。


まあ、そんなことはさておいて、夫が「18日だっけ?19日じゃあなかった?」というものだから、私も不安になってちょっと調べてみようと。

じゃあ、何で調べるかというと、私が密かにとっておいてあった結婚式の招待状。まだ持ってたのです。それも3枚もΣ(゚д゚lll)

確かに18日だと分かりましたけど、物持ちがいいのよね~。1枚だけとっておいて、後はバイバイしました。

今のようにパソコンがない時代。表も裏の地図も手描きのを印刷してもらいました。
a0197173_032241.jpg



そう言えば、結婚指輪の内側にも日付が書いてあるかも。かも、です。だってずーっと指にはめてないですから。

先日、収納王子が結婚記念日に指輪をクリーニングするって言ってました。エーッ、指輪のクリーニング?初めて聞きましたよ。

私たちの指輪をどこにしまったか?確かあそこだと思いますけど~。それくらい記憶の彼方へ行ってしまってます。

全然使っていないモノは手離しますか?うーん、これは一応とっておきます。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-06-19 00:43 | 「悠」

<mo・no> 遊び心で買ってしまいました

a0197173_23203776.jpg

こんな面白いタグが付いている商品は?

ははは、ちゃんと書いてありますけど。

今まで使っていたものが壊れてきたので買ってしまいました。必需品だからって。

そりゃあ100均でも売っているけれど、この形に一目惚れしちゃったからです。

そして、これが実物。
a0197173_23233823.jpg

ベランダ用のサンダルです。

赤い金魚、ですね。

紫外線で劣化しないよう、これからはなるべく日陰に置くようにしましょう。

金魚も干からびてしまいそうだから。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-06-17 00:18 | <mo・no>

「遊」 感動をありがとう!! smile 浅田真央23年の軌跡展

ちょうど横浜まで出る用事があったので、ちょうど高島屋で開催されている「浅田真央23年の軌跡展」へ行ってきました。

1階の入口すぐのところには等身大のフィギュアが(蝋人形?)
a0197173_23501273.jpg

もう、真央ちゃんスマイルに迎えられてここからワクワクです。

展覧会はパネルや衣装、スケート靴や手提げなど・・・一つひとつ「可愛い~」「素敵~」の連発です。

衣装一つひとつのデザインが素敵でとってもきれいです。

それだけでなく、演技の曲に合わせて作られていて、あの時の衣装だ~って見覚えのあるものも。

感動の冬季オリンピックの演技。前日の不調を乗り越えての完璧な演技で見せた青い衣装。もう見るだけで思い出してウルウルしちゃいました。

素質と努力、スタイルのよさと可愛さ。そして何よりも人を魅了するsmile。見ている方も自然と笑顔になっていたんじゃないかしら。


感動をありがとう!!真央ちゃん。これからも感動させてくださいね。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-06-14 00:02 | 「遊」

<捨ててスッキリ> 箱おばさん返上なるか?

箱が好きです。

オバタリアン(古いねー)は箱が好きなんだそうです。

うちの母はお菓子の箱でも、「中身はいいから箱をとっておいて。」というくらいの箱好き。親譲りです(汗)


そんな私でも、「うーん、どうしよう?」と迷ったけれど、捨ることができました。こんなに素敵~な箱なのに。
a0197173_23435082.jpg

紺色に桜が散りばめられたシンプルな箱。きれいでしょ。

でも、でも、心を鬼にして潰しました。

実は一つ理由があって。それはとっておきたいのは固い紙でできているもの。これは厚手の紙が1枚でできているのではなくて、少し厚手の紙が2枚でできているもの。だから少しふにゃっとなります。

固い箱は引き出しの仕切りになるかと思い、仕事で使うかもしれないととっておくわけでして・・・


それでも、きれいな箱だから迷うわね~(煩悩、煩悩)


この箱の中身はとっても美味しいお菓子の詰め合わせでした。

そのお菓子を我が家に運ぶというお役目を立派に果たしてくれた箱だから、「ありがとう。ご苦労様。」とお別れできました。

箱おばさん、返上なるか。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-06-12 23:58 | <捨ててスッキリ>

片づく家を創ろう  その5 片づく仕組(炊事)

前回は洗濯。「室内干しは嫌。やっぱりお日様に当てないと。」とおっしゃる方には真逆の考えでしたが、働く主婦にとって行動動線を短く、楽にすることを第一に考えた結果のことです。

それと同じように毎日の待ったなしの家事。それは炊事。次の楽家事の課題はキッチンです。

我が家を建てたのは18年近く前。あちらこちらにこだわっていたら、肝心のキッチンが狭くなってしまい、その中でいろいろ工夫をしてきました。そのノウハウを活かしながら、娘のところではキッチンを中心に間取りを決めていくようにしました。

まずはキッチンの希望を出してもらいました。
①子どもたちが小さいので、炊事をしながら遊ぶ様子や寝ている様子が見られる。
②キッチンの近くで子どもたちが勉強する場合、様子が見られる。
③キッチンからテレビが見え、孤独感を味わわない
④キッチンは行き止まりでなく、通り抜けられるようにする。
⑤家族がキッチンで同時に作業できる広さにする。

などでした。というわけでアイランドキッチンを希望していたのですが、それはいつもきれいにしていないといけない、収納を背面に作る必要がある、臭いや煙は?などなどあって、変形の対面のような形になりました。

①はシンク側からダイニング、リビング、和室が全部見渡せるよう、部屋の内側に向く調理台に。

②は調理台の背面の収納と冷蔵庫スペースの並び、ダイニングの窓側に3mくらいのカウンターデスクを作りました。パソコンもそこが定位置です。レシピを見ながら調理できます。
今流行りの「頭のよい子はリビングで勉強」というあれかな。いえいえ、子どもと過ごす時間が少ないから、そばにいて見てあげるようにしたいんだよね。

③これは簡単にクリア。調理台左はダイニング、斜め左がリビング、その奥が和室です。

④これは考えましたよ。ダイニング側の出入りは当然ですが、反対側をどうするか?それで、キッチンに続くパントリーにし、そこを通ってまたリビングへ出るという回遊式にしました。

⑤調理台と背面の収納という形にすると、その幅は200~220cm(有効寸法)を考えていました。調理台の奥行が65cm、背面収納が45cm、その間が90~100cmあれば十分と思っていたからです。
ところが、設計上キッチンの有効寸法が230cmにはなってしまうと言われました。
そうすると、間が120cm。これでは中途半端に広くなってしまいます。今までその中途半端な床にモノが置かれている家を結構見てきたので、うーん、どうしたものか???
それで、このように解決。背面の収納を45cmから65cmにしてしまうという発想。45cmの場合、中間にカウンターと窓を設け、吊り戸棚を付けるつもりでいたのですが、65cmと広くたっぷりの収納量になったので、上には何も付けません。全て手が届くところに収納します。

カウンターの上には電子レンジや炊飯器などの家電を置きます。収納部分は全て引き出し式で食器や食品、雑貨を収納。振り向けば全て手が届きます。これで間は100cm。カウンターが広いので、子どもたちがここでお手伝いできたらうれしいなー。

調理台の長さは標準の255cm。手荒れがひどいので食洗機、そしてIHを。下の収納部分も全て引き出し式に。いろいろキッチンを研究して私がおすすめのメーカーにしました。

対面と言っても上に吊り戸棚がないので、これから細かい収納は使い勝手がよいように工夫していかないといけませんが。

パントリーはキッチン内に80cm幅くらいのがありそこはゴミ置き場に。そして、そこに続くもう一つのパントリーがきっと活躍してくれるんじゃあないかなと思っています。宅配の食材、泥付き野菜、水のストックなどもできるところなので。

家全体では北東の角に位置し、朝日の中で調理、食事ができるようにしました。お料理をダイニングテーブルにさっと出す、そこから下げるという動線もスムーズです。

まあ、あとはどんなお料理をするかが問題ですけどね。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-06-11 23:48 | <片づく家の創り方>