ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 16 )   > この月の画像一覧

<パッチワーク > 2014春の女子会

花に嵐とよく言われるように、今日は大嵐の一日でした。

雨と風の中を来てくれた3人と、まずはお花見ランチです。雨でも窓から桜見物できますからね。
a0197173_015761.jpg

春、お花見というテーマで、和風のメニューが揃いました。


そのあとみんなでチクチク、いえkeikoさんはレース編みに挑戦。


恒例のおやつタイム。いつもはテーブル席なんですが、今日はyumiさんがお抹茶とお茶碗を持ってくると言っていたので、ふと思いついて和室に緋毛氈を敷いてにわか茶室に。

和菓子にも桜の花びらが散っていて、お花見気分が盛り上がります。
a0197173_021864.jpg


それからまたチクチク。

夜になってようやく完成したのがトイレの窓のカーテン。

白一色のワイシャツのリメイクで、韓国のポジャギ風です。周りはヨーヨーキルト。
a0197173_024129.jpg



今日yumiさんが持って来てくれたのは大好きなクリスマスローズ。
a0197173_0291590.jpg

keikoさんは黄色いフリージア。香りがいいわね~


夕方には大嵐も止んで、日がさしてきました。

今日の桜は3分咲きというところでしょうか。
a0197173_0281420.jpg


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-03-31 00:27 | <パッチワーク>

もう焦って買わない

今日は3月29日。

しあさってからいよいよ消費税が8%にアップ。

今までだって3%から5%になってきて・・・いえいえ、始めは消費税なんてなかったのですから。

きっときっと8%も当たり前になって、そのうち10%になってしまうのかもね。

まあ、ちゃんと有効に税金が使われるのなら文句はないのですけど。


では、確認をしましょう。

100円のものを買った場合、8%の消費税は8円。いままでより3円増えます。

千円なら30円、1万円なら300円。10万円なら3000円。100万円なら3万円。1000万円なら30万円。

こうやってじわじわ上がっていくから、安いものを買ったときには対して感じない値上がり分も、高額になればがくんくるくらいアップだわ。(って、10万円以上の買い物なんてある?)


でも、毎日の買い物はほとんどが食料品。これは買いだめができません。

お米とか調味料とかは多少日持ちするけれど、ストック品を置いておく場所は?ないです。我が家では。

雑貨は洗剤とかペーパーとか腐るものじゃあないしいずれ使う。

だからといってたくさん買い込んでも置いて置く場所は?ないです。我が家では。


今のうちに買っておこうと雑貨を買っておく場合、例えばティッシュペーパー5箱200円だとして高くなるのは6円。

そうやって雑貨を買いだめするのに車を出したら、ガソリン代だってかかるわけです。

それで、本当に得をしたことになるのかって新聞に書いてあったのを見て、敢えて買わないことに。


以前、あるお店で「3000円以上買うと10%オフ」というので、一つは買いたいものがあったけれど、3000円にするために必要ないものまで買ってしまったという苦い経験があります。

今回、いくら以上というのはないにしても、消費税上がるからと焦ってあれこれ買わないつもり。

必要なものを必要なときに必要なだけ。

それを無駄にしないように使うほうが、結局はお得なのではないかしら。


とは言っても、洗剤が残り少なくなってきたから、買っておこうかな~

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-03-29 21:58 | <もう○○しない>

「遊」 ち・ら・ほ・ら

a0197173_2215464.jpg


穏やかな春の日差しの中、窓越し見える桜がちらほら咲き始めました。

あんなに寒かったのに、ちゃぁーんと時期が来ると咲くんですね。

桜がほころび始めると、回りのレンギョウやユキヤナギも咲き出し、白と黄色と淡いビンク、そして若葉の緑の色のハーモニーを奏でます。

毎日毎日、今日はどのくらい咲いたかなと確かめるのが楽しみの一つです。


今はまだ、ち・ら・ほ・ら。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-03-28 22:21 | 「遊」

<もらって嬉しい贈り物> 贈るなら靴下はどう?

先日、友人のchiekoさんから「職場を離れる人に何を贈ったらいい?」と相談されました。

ここは整理収納アドバイザー、すかさず「消え物よ」と。

でも、食べ物やお花ではちょっと気持ちを伝えにくいかもと少し考えて「靴下はどう?」と提案。


靴下は消耗品と考えれば、これも消え物に近いかな。

よくお別れには涙を拭くハンカチをというのがありますけど、ハンカチはなかなか傷まないので、ずーっと前にいただいたハンカチもまだ箱の中。

タオルハンカチもよくいただいたり贈ったり。でも、使い続けていることも多く、なかなか減りません。


ところが、靴下は結構傷むものです。ストッキングともなればなおのこと。

自分では買わないようなデザインでも、家で履いたりパンツに隠れて見えなかったり、結構履けるものです。


そこで、先日は久しぶりに会った従姉妹に靴下をプレゼント。

そんなこともあって、chiekoさんにも靴下はどう?と提案したのでした。


早速、某デパートの靴下売り場へ。

さすがデパートのはお高い(°д°)。3足1000円のとは大違い(°д°)

男性用にもとスポーツ用の靴下売り場へ行ってみると、値段も手頃なものが見つかりました。

今は足に合った立体編み、土踏まずのアーチを保つなどの機能があって、自分では買わないけれど贈り物なら履いてみようかなというような製品でした。

男性用女性用合わせて3足お買い上げ~


以前、色が気に入って買った、高田賢三の靴下はとっても長持ちしたんですよ。

それで、また欲しいとあちらこちら探したのに見つからず、今だに「あれはよかった。」と思い出します。

最近のはすぐに親指のところが薄くなってしまって、トホホです。

でも、丈夫な靴下だったらなかなか薄くならないからどんどん売れないかも。


ちょっと派手な靴下でも贈り物ならOKよ。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-03-27 12:15 | <もらって嬉しい贈り物>

始めにゾーニングありき

今日のお客様の一言から。

「片づけたあとどこへ行ったかわからなくなるモノは、大体この辺っていうところを探せばいいのね。」


そうです。

片づけたあと、今まであった場所から移動したモノたちがどこへ行ったかわからなくなることありますね。

今までモノが置かれていた場所はあちらこちら。ちょっとしたスペース、隙間、ポイっと置きやすいところ・・・など脈絡なく置かれていることもあります。


それを使いやすいところへということも大事ですが、同じ仲間どうしで集めるということ、この辺はこの仲間のゾーンというように決めていくのがゾーニングです。

今日はそのゾーニングをとても意識して片づけました。

場所は洗面所です。

収納場所が少ないので、洗濯機の上に棚を3段新しく設置するところから始めました。

洗面所には様々なモノがありますね。それをグルーピングしていくと
・洗面、歯磨き、化粧関係
・洗濯関係
・掃除関係
・入浴関係
と分けられるでしょうか?

お客様のところには洗剤がた~くさん。ストックも結構あるし、それがあちらこちらから出てきました。

こんなにあったのね~とびっくり。


そこでゾーニングです。
・洗面台の上や回りには洗顔、歯磨関係
・洗濯機の上の棚には洗濯用洗剤、タオル
・洗面台の下には掃除用洗剤(場所を取るバケツはここに入れてしまいました)
・バスケットワゴンには入浴関係(さらに、石鹸、入浴剤、お風呂掃除グッズと分けました)
というようにまとめていきました。

探すときにはそのゾーンを探せばよいというわけ。

どこに何があるかわかるまでには少し時間がかかるかもしれませんが、どんな洗剤がどれだけあるのか一目瞭然となりました。


それでも洗面所にはまだまだタオル類、洗濯用小物、衛生用品、グルーミング用品などなど様々なモノがあるある。

そこで、サンプルなどの小さな石鹸やクリームなどはどんどん使ってしまいましょう、同じような洗剤は種類を減らしましょうとお願いしてきました。

そこは消耗品ですから、捨てるのではなくて使えばいいわけです。


片づける前にまずゾーニング。

お客様が使いにくいという洗面所が、格段に使いやすくなりましたよ。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-03-26 23:19 | <整理・収納>

<捨ててスッキリ> 煩悩品になる前に

ないと思ってもどんどん出てくる煩悩品。

捨ろうかどうしようか迷うのが煩悩だから、煩悩品を作らないようにすればいいのです。


で、日々家の中にいろいろなモノが入ってきてますねー。

1番多いのは紙モノ。

まずは今旅行に行こうと思っているのでパンフレットが溜まっていきます。

次に仕事関係。

今日は本を2冊買いました。一冊はアエラ。特集が「捨てる哲学」。収納王子コジマジックが出ているので。

読んだ感想はいずれまた。

もう1冊は近藤典子さんの「片づく寸法」図鑑。こんなのが欲しかったわ。それに今必要なので。

さらにハウスメーカーのカタログ、パンフレットなどなどじゃんじゃん増えているわ(汗)


そして、先日家に入ってきたのが某進学塾の小さなおまけ。

小さなチラシに添えられていたクリップ。それも赤と青のかわいいので、う~ん、迷いましたぁ。

一度は使ってから捨ろうかな?でも、そのまま持ち続けてしまうだろうな?

クリップはまだまだあるから、このクリップはどんなときに使うかな?

クリップを使うときってあんまりないから、しまいっ放しになるかな?


なら早く捨ればいいのにあれこれ考えて・・・お~煩悩じゃ~・・・やっぱり捨ろう。

煩悩品は小さいからよいというものじゃあないですよ。

まずは煩悩品を作らないこと、ですね。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-03-24 19:34 | <捨ててスッキリ>

<直してスッキリ> 礼服のウエストを広げる。

Q:だれの?
A:夫の。

Q:何を?
A:礼服のズボンのウエスト。(パンツ?)

Q:どうやって?
A:後ろの真ん中の合わせ目を縫い直すだけ。

Q:難しくないの?
A:簡単ですよ。


というようなお直しをしました。

夫がちょいとメタボ気味になってきて、礼服のズボン(パンツと言うのか)のウエストがきつくなってきてしまってね。

直し方は、ズボン(また言っちゃった)の後ろの合わせ目のところの縫い目を、もう少し外側に縫い直すだけ。

ここの縫い代は広げられるように、少し多めになっています。

縫ったら元の縫い目をぼどき、アイロンで折り目を消してできあがり。
a0197173_23565663.jpg

こんなに縫い代が少なくなってしまったわ。


夫が帰ってきて、「ピッタリでいい具合だった。」って。

私は思います。「太らないでよ。メタボ注意。」って。


気になっているところを直して、スッキリ。新しく礼服を新調しないで済みました。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-03-22 23:51 | <直してスッキリ>

分ける = 分かる

整理も収納も突き詰めると「分ける」ということになるのでは、と考えて、分けることや分ける力を付けるセミナーをするようになりました。

何種類かのモノの分け方を自分で考えて実際に分けたり、決めた分け方で分けたりというワークをします。


例えば「キッチンにあるモノ」をジャンルごとにあげてもらうと、食品、調理器具、食器、雑貨・・・などなど出てきます。

一般的にみなさん同じようなモノだったりするのですが、そこはやっぱり人それぞれ。

食品と同等だからとサプリメントを分類する方もいます。


私は自分の中で8~9に分類してみたけれど、これも大きく4つくらいに分けられそう。


そこで出た食品をさらに分類してみます。

生鮮食品、レトルト食品、冷凍食品、缶詰・・・など大きく分類していきます。

これも日常の食生活と大きく関わってきて、白米、玄米、五穀、麦などを多く食べる家庭では穀類という分類ができます。

作ったりもらったりして野菜が多い家、冷凍食品はあまり使わないという家、これも様々です。

だから、自分の家ではなにが多いかを把握して分類してみてください。


食品だけでなく衣類や書類についても分類します。


そうやって分けていき、どんな種類のモノがどれだけあるかを見ると、自分が持っているモノの量が分かります。

漠然と多いとか少ないとか思ったモノを全部見て把握できれば、分かるようになります。


どれだけ持っているかが分からないと不安になり、不安だからまた所有してしまいモノが増える・・・という悪循環が生まれてきます。


「分ける」は「まとめる」こと。おなじアイテムごとにまとめておけば、何をいくつ持っているかが分かり、つぎにどれだけ家に入れたらよいか分かるようになりますね。

ある家ではあちらこちらからラップやホイルが出てきて、集めてみると30本ほどありました。一箇所にまとめてみて、こんなにあったんだとびっくりしました。


「分ける」 = 「まとめる」、    「分ける」 = 「分かる」 

分けることから整理収納は始まりますよ。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-03-20 23:02 | <整理・収納>

本棚の本は使っているモノか?使っていないモノか?

「50歳からの整理収納」という講座を行いました。

当日のお申し込みもあり、定員以上の参加でとても熱気を感じられました。


さて、3つのワークの中の一つ「自分の家でずっと使っていないモノがありますか?それはどこですか?」
ということを考えてもらいました。

例えば押入れの天袋に使っていない布団があるとか、クローゼットに着ていない服があるとか。

でも、どこになにがあるか分かっているということは意識下にあるわけで、なにが入っているか忘れているような段ボール箱があそこにあった・・・というようなずっと使っていないモノを思い出してもらうことがねらいでした。

どこになにがあるか分かっていればOKですから。


すると、こんな質問が。「本棚の本はずっと読んでないけれど、これは使っていないモノですか?」と。

うーん、いい質問ですね。

一度読んだ本を本棚にずっと収納してあるって、普通よくあること。


そこで、「本の背表紙を見て、本を読んだ時のことや内容を思い出したりするのは、本を使っていることなのではないですか?」と答えました。

この質問は「モノを大切にするとはどういうことでしょうか?」というもので、モノは使われてこそ大切にしていると言えるのでは。

モノは全て使うために作られています。飾るモノも飾るため、マスコットなどは持つこと自体が目的のモノ。

だから、使われずにしまいこまれていたらモノは悲しくて息苦しいのではないかしら。


そう考えると、ずっと使っていないというモノは袋や箱にしまわれて見えなくなっている、さらには意識から遠ざかって忘れられているモノということかしら。

片づけるときに「一度全部モノを出しましょう。」と言います。

箱を開けたら「あら~、これ探してたの。」「こんなところにあったのね。」とか言うお客様。忘れ去っていたのですね。


そうなると「「自分の家でずっと使っていないモノがありますか?それはどこですか?」という質問はちょっとおかしいかもしれません。

実際に見ないで思い出すのはなおさら難しい。

そんな意識で家に帰って「使ってないモノ、中身がわからないモノないかしら?」っていう目で見回してもらえればいいのです。


だから、読んでいないけれど本棚の本はその背表紙が語っているわけで・・・(男の背中みたい)

そうそう、私の本箱にも背表紙が語っている本たくさんありますよ~

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-03-19 09:51 | <整理・収納>

<もらってうれしい贈り物> お腹が喜びました

桜の開花予想が出たようなので、壁紙を替えてみました。

寒さが厳しかったけど、桜はちゃーんと花の準備をしていたんですね。例年と同じ頃に咲くみたいです。


さて、整理収納アドバイザー仲間で勉強会。

とちょっと足を伸ばして仙台まで行ってきました。

makikoさんの温かいおもてなしにお腹も心もうれしさでいっぱい。
a0197173_22341324.jpg

a0197173_22343684.jpg


さらにさらに、仙台名物といえば、「あ・れ」ですね。

そう牛タン。

今回は喜助へ。
a0197173_2237112.jpg


牛タンは塩、タレ、みそをみんなでシェア。
a0197173_22393113.jpg

テールスープも美味しい~。

さらに、牛タンシチューまでお腹に収めましたぁ。
a0197173_22404459.jpg

さらにさらに、お土産まで。仙台の黒砂糖まんじゅう。

akemiさんからは富士山ふきん。もち。これはお腹に収められませんけどね。
a0197173_22425061.jpg


美味しいものがいっぱいある仙台っていいな~

って、お土産を買いました。復興支援のフェアをやっていたので、そこで。

おとうふかまぼや笹かまぼこ、熊の手ラスク、鯖寿司などなど、家でもお腹が喜んでま~す。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-03-17 22:44 | <もらって嬉しい贈り物>