ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

頭の中が整理できました

今日は「めざせ暮らしのダイエット」の収納編のセミナーでした。

前回より新しいバージョンになり、いろいろなアイテムを分類するワークを中心に進めています。

キッチン編ではキッチンにあるモノを9分類、さらに食料品を9分類、さらに生鮮食品を9分類と大分類→中分類→小分類としていきました。

9分類にしたのは本当は10分類なんですが、1つはフリーにしておくためなんです。


この考えを始めるヒントになったのが、図書の10分類です。

いろいろなジャンルがある本を10分類にすることで、とても分かりやすく探しやすいのです。

それにならって、自分の仕事用のファイルを10分類、個人用のファイルを10分類に分けてみると、これがとってもいい具合なんですね。

そして、それぞれが9分類で残りの1つがフリー。

だからいろいろなモノやことを9つに分けていきます。


今日はクローゼット編でした。

まず、身に付けるモノを9分類。衣類は一まとめにして、帽子、手袋、靴下・・・と。そう、靴も1分類として入れました。

さらに衣類を9分類します。でも、これがとっても難しい。

インナーとアウターと分けるにはどっちつかずの服もあるし、レギンスはパンツの仲間?、チュニックはブラウス?など分類が難しい。

半袖とか長袖とかには七分、八分袖があるから、そういう括りにはできません。


はっきりした基準、例えばトップスとボトムスのようにすればいいでしょうか。スポーツウエアやユニフォーム、制服などもはっきりしています。

そして、持っている服の種類は人それぞれ、家族それぞれ。

パンツばかりでスカートを履かないとか、ワンピースが好きとか、普段はTシャツだとか・・・家族の持っているアイテム(本当は人ごとに)を分類してみるといいです。

それから、分類ごとにどのくらいの枚数を持っているかを見て、どこに何を収納するかを決めます。


分類して数が分かるようになれば、適量が分かるようになるのです。


そんなワークをして、参加の方に感想を聞くと「頭の中が整理できました。」とうれしい言葉。


「9分類なんて多すぎる。」ってお叱りを受けそうだけど、これは最大。もっと少なくなればもっと分かりやすくなりますね。5~9分類がちょうどいいです。

それは、パッと見て分かる数は7までなんですって。それにプラス、マイナス2くらいがちょうどよいと聞いたので、5~9になるでしょ。

そして、フリーが1。合わせて10分類というわけです。

みなさんもぜひやってみてください。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
  
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-02-27 22:46 | 整理収納アドバイザー

「悠」 葛西選手 感動をありがとう

16日間の熱い戦い、冬のオリンピックが終わってしまいました。

夜中のLIVE観戦は体がもたないので、朝のニュースで喜んだりがっかりしたり・・・

それでもメダルを胸に誇らしげな選手たちに拍手を送る日々でしたね。


メダルを取った選手はほんの一握り。

後の選手たちも同じように練習して体を鍛えて臨んだオリンピックだったはず。

でも、神様が微笑んだ人とそうでない人と、紙一重の選手もたくさんいました。


さてさて、10代の選手の活躍もさることながら、やはり1番感動したのがジャンプの葛西紀明選手。

NHKのもう一度見たいあのシーンの第一位にも選ばれていましたね。

レジェンドと言われ、41歳まで実に7回もオリンピックに出場したとは、これはものすごいことです。

もう、葛西選手の活躍は何度も何度もテレビで放送され、観るたびに拍手と涙です。


銀メダルの先をまた狙うというお言葉に感動。

まだまだ今に満足しないで高いところを目指す姿って、本当に素晴らしいの一言です。


歳だからというのは理由にはなりません。(うんうん、そうそう)

私も葛西選手に負けないよう、歳を理由にしないでまだまだ先の目標目指して・・・と、思ったのであります。


チームの若い選手から紀さんと呼ばれ、彼らにメダルを取らせてやりたかったと言ってました。

その夢が叶ってよかったよかった。


葛西選手、本当にお疲れ様でした。

そして、勇気とやる気と根気(こんな言葉で失礼ですが)、感動をありがとうございました。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
  
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-02-25 00:13 | 「悠」

キッチンの棚の整理収納 道半ばです

キッチンによくあるスチール棚を整理収納しました。

お客様の使っているスチール棚は、幅90cm、高さ180cmで以前ご両親が使われていたものでした。
棚板は一番上と一番下にあり、途中に2枚付いています。
高さが180cmなので、ざっと棚板と棚板の間隔が60cm近いということになるかな。
a0197173_10423350.jpg

さて、この棚で問題となるところは、
1番上の段では段ボール箱やバスケットやら色も形もバラバラです。
2段目では小さいバスケットを利用してはいますが、それ以外の食品類は積み重なっています。上の空間が空き、布を使って収納を増やす工夫をしていますが、デッドスペース多し。
3段目はたくさんの食品が積み上げられ崩れそう。下の方のものは埋もれています。
1番下の段は重い缶詰類が積み重なり、箱からこぼれ落ちそうです。

では、このスチール棚をどのようにして整理収納したかというと、まずは棚板の移動から始めました。
というのは、キッチンに置かれていた三段のゴミ箱が邪魔になっていたので、この棚板を上げ、下にゴミ箱を組み込もうと考えたのでした。

ゴムハンマーでガンガンやって棚板を外し、理想の高さにします。
お客様は棚板を外して動かすということにびっくり。そう、板は動かせるんです。
下の段を高くすれば、その下にキャスター付きのゴミ箱を入れ、必要なときには引き出せるようにします。

そうすると、他の棚板の間が狭くなり、デッドスペースも減るというわけです。

それで、こうなりました。
a0197173_1049405.jpg

1番下はゴミ関係。その上の狭いところには雑貨、バスケット類は全てお客様の家にあったものです。

棚に箱やバスケットがビシッと並んでいると、それだけで整理収納されているように感じるけれど、中のモノはそれでいいの?場所はそこでいいの?などまだまだ考えなくてはならないことが。

収納するものはほとんどが食品類と雑貨ですが、作業してわかったことがあります。
それは、同じ食品が何個もあるということ。あるかどうか分からなくて、同じモノを買ってきてしまったのです。
なんと、埋蔵春雨が8袋も(°д°)

さあ、次は食品類を分けて見えるように収納・・・となるのですが、ここで考えなければいけないことが。
食品類はこれだけではないのです。

スチール棚に入りきらないで床置きされている米、根菜類、まだまだ他から見つかる食品類や飲料。床下に収納されているストック類。

総量を把握し、何個もあるモノは早く食べてもらうようにし、使いやすい場所を考えて定位置を決めます。
ストックの調味料(醤油、油など)は床下には置かず、見やすいところに引越しさせます。

キッチンにはいろいろなモノがあって、あちこちからいろいろなモノが出てくる出てくる。
だから、まだまだキッチンの整理収納は道半ば。

なるべくお客様が持っているモノを上手く使って収納しようと思うので、収納グッズもまだ買いません。

まだまだ時間がかかるかもしれませんが、しっかりお客様の寄り添って、じっくり考えていきます。
さらに片づいたこの棚をいつかお披露目できるようがんばります。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
  
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-02-23 11:10 | <ビフォー・アフター>

食料品の備蓄を考える パート2

おととい、「安心・安全な整理収納って? ~いざという時のために~」というセミナーを行いました。

整理収納と安心・安全がどうして関係あるの?と思われる方がいる中、安全対策をすることも大事だけれど、それよりモノを減らすことを考えてみてはどうですか?と提案しました。

それから、安心というのは備えること。備えあれば憂いなしと言うじゃないですか。だから食料品を備蓄しましょうと。

今までは余分なモノは持たないようにと考えてきたけれど、食料品をある程度備蓄することが必要だと、今回の大雪でも痛感した方も多いと思います。

山梨県の甲府に住む友人は、今回の大雪では富士山の噴火に備えた食料品の備蓄があったので大丈夫だったと言ってました。

そうか、富士山の噴火があれば降灰で物流が滞ることが予想されますからね。


では、一体どれだけの食料品を備えればよいのかということですが、各家庭の人数や年齢、食べる量で違ってきますから、自分の家の足りる量をまずは考えましょう。

それで、ストックの量を決めます。


食品と言ってもいろいろあるので、私はパッとわかるように食品を9つに分類してみました。

①主食となるもの(穀類、お餅なども) 
②生鮮食品(野菜 特に根菜、肉、魚、卵、豆腐など)・・・冷蔵庫
③冷凍食品                          ・・・冷凍庫
④インスタント食品、レトルト食品            
⑤缶詰類(海のもの、山のもの)
⑥乾物類(海のもの、山のもの)
⑦調味料類(砂糖、塩、味噌など)
⑧嗜好品(お菓子、ドライフルーツ、クラッカーなど)
⑨飲料(水、お茶など)

こうしていつも食品群を9つに分けて把握できるようにと考えました。
②と③は主に冷蔵庫、冷凍庫です。停電になったら、ここのものを先に食べるようにします。

④と⑤はそのまま、あるいは温めてすぐに食べられるもの。
⑥は⑦の調味料といっしょに調理します。

たくさんある食料品をどうやってまとめておくかも、この9分類でわかりやすくなりました。

ふだんからこうして食料品をグループにしておくことは、なにがどこにあるかとてもわかりやすいのです。
非常用ととらえるのでなくて日常用として少し多めにということにすればいいのですね。

この9分類についてはまた日を改めて書きますが、こうして「分ける」ことは「分かる」ことに繋がります。

ということで、明日はお米を買い出しに行きましょう。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
  
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-02-21 22:55 | 整理収納アドバイザー

学習机は同じ物を揃えるべし

a0197173_10441477.jpg

今私が仕事用に使っているこの机。実は息子のものでした。
同じ机を娘も使っています。

これを買ったのが今から26年前、娘が小学校2年生で息子はまだ3歳でした。
そろそろ机を買おうかなと考えて、机を置くところのサイズを測ると220cm。

今のように量販店もない頃でしたからデパートへ行きました。

娘はその頃流行っていたキャクターのデスクマット付きの学習机(前に本棚が付いているような)を欲しがったのですが、う~んそれは私の好みじゃあない。

あれこれ見ているうちにこの机と出会いました。な、な、なんと幅が110cm。二つ買えばピッタリ納まるぅ。
その頃の学習机より奥行は少ないから、狭い子ども部屋でも大丈夫だし・・・。

机の上に透明のデスクマットを置いて、その中に好きなキャラクターの写真を入れればいいじゃないと娘を説得し、当時はかなり高いと思った机を2セット買ったのでした。

息子にはまだまだ早かったけれど、二つが窓辺にピッタリ納まったところはなんとも気持ちがいい(^ω^)

さてさて、この机がその後大変な威力を発揮しようとは、この時考えるよしもなかったのでした。


まずは、この子ども部屋、入口付近まで本棚を置いていたので、部屋の入口が狭くなっていました。
ところが、この机は袖引き出し、袖本棚、天板の3点を組み合わせるユニット式のもので、バラバラにして楽々部屋に入れることができました。

次に、袖引き出し袖本棚は左右の入れ替えができるので、動線に合わせて組み合わせられました。

そして、「子供部屋を二つに分ける法」で書いたように、分けて狭くなったそれぞれのスペースでもばっちり使えました。


今、学習机は進化してきて、この机のように組み合わせられるようになったり、余計な飾りを付けずシンプルになってきていますね。

この机を買った当時は、なかなかそういうものに出会えなくて苦労しました。
でも、子どもにはちょっと渋いかなというオークのこの机は、今も室内にしっくり馴染んで活躍しています。

本当に二つをいっしょに買ってよかった~~~

今はどんどん新しい商品ができているので、今年買ったものが来年、再来年も買えるという保証はないのでは。
だったら、今学習机の購入を考えているお家ではお子さんの分をいっしょに買うのを検討してみてはいかがですか?

小さいうちはリビングで勉強というのがいいらしいですけど、こんなシンプルな机がリビングに並んでいたら、何だかかっこいいかも。


そうそう、本はどこに置くのかですって?
机の幅が広い分、天板の上にも置けますが、私は今、この写真のように机の下にファイルボックス置き場を作っていますよ。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
  
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-02-20 11:00 | 整理収納アドバイザー

食料品の備蓄を考える

二週続きでの大雪。14日に降った雪は記録的な大雪で、孤立した地域ではようやく道が繋がったという。

山梨県では県全体が孤立という恐ろしい現状に、もうびっくりしています。


さてさて、明日「安心・安全な整理収納って? ~いざという時のために~」という内容でセミナーをしますが、この「いざという時」とはこういう大雪も入るのですね。

始めは大地震を想定していたのですが、富士山の噴火やこの大雪も考えた方がよろしい。

しかも、新聞で見つけて農林水産省の提唱している「新型インフルエンザに備えた食料品備蓄ガイド」というのを調べてみました。

新型インフルエンザに備えた食料品備蓄では、なんと2週間分の備蓄をすすめています。

2週間とはちょっと大変ですね。でも、最低1週間分くらいは考えておくことを今回強く感じました。

今回もスーパーのパン売り場は夕方には空っぽ。あの大震災のあとを思い出し、ゾッとしました。


さて、それでは1週間の食料品をどう備蓄するかということですが、食料事情、食べ物の好みは各家庭でかなり違いうと思います。

まずは家族の人数や年齢。食べ盛りがいるかどうか?、普段からよく食べるか少食か?
ご飯がメイン、パンがメイン、パスタがメインというのもあるし、まずは自分の家では1週間になにがどれくらいあったらよいかを考えるところから始めましょう。

そして、日持ちのするものをそれに足してストックします。

特に非常食というのを持つのでなく、いつも食べているものを少し増やしておくのです。そして、食べたらそれを買い足すようにします。

我が家では根菜置き場に玉ねぎとじゃがいも、芋類を入れていますが、今までは使い終わったら買ってきていたのを、常にそれぞれひと袋(3~4個入り)はあるようにしています。

もしものときは、冷蔵庫にあるものだって食べられるのですから、そんなに慌てることはないでしょう。

たくさんあれば安心かもしれませんが、食料品は賞味期限があるのでなんでもかんでもたくさんストックするわけにはいきません。

だから、目安は1週間食べていけるだけ。

登山で一週間近く自炊をしながら縦走しているので、二人でどのくらいの食料があればいいか大体わかります。まあ、少食の私たちですからお米は2合、野菜少々、レトルト食品、嗜好品もいくらかなど。

そうやって、自分の家族の「足るを知る」ことがまずは大事。
そうでないと、ないことが心配であれもこれもとなり、食べきれずにダメにすることになってしまうでしょう。


今までは食料品も持ち過ぎないようにと心してきたけれど、備蓄について考えるようになり、人にもすすめています。

でも、そう特別なことではなく、普段の延長。普段の食料品の持ち方をちょっと整理してみることです。


食料品備蓄ガイド。さすが農林水産省だけあって、4人家族ではお米10キロ以上の備蓄ですって。



励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
  
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-02-18 10:19 | 整理収納アドバイザー

ワンデーレッスン 「すてきにリメイク」

レギュラーのお片づけレッスンの他に行っているワンデーレッスン。

3月7日(金)はリメイクのお話です。


手作り好き、節約好きとくれば、リメイクはもってこいですね。

特にお気に入りの服を捨てるにはもったいない、何かに使えないか?と頭をひねってリメイクするのは、お金もかからず作る醍醐味を味わえるのだからなんともお得。

今まで洋服をリメイクしてバッグやひざ掛け、小物などを作ってきました。

また、小さな家具も壊れたのを直したり作り変えたりしてきました。

今までの作品はこちら。 

そんなアイデアや作品を持ち寄って、リメイク談義に花を咲かせませんか?

自分では作れなくても、代わりに作ってくれるところもあります。

リメイクとまでいかなくても、別の使い道を考えることだって楽しいですよ。

エコロジーでエコノミー。リメイクを楽しみましょう。


日時:    3月7日(金)  10時30分~12時

場所: ウィズの森インテリアギャラリー   横浜市青葉区さつきが丘5-1  045ー979ー2622

料金: 各回1500円 ( お茶付き )


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
  

            
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-02-17 23:15 | セミナーのお知らせ

<パッチワーク> 2014 冬の女子会

今日の会場はリフォームして素敵になったkeikoさんの家。

どんな様子かは、以前のブログをご覧あれ。 


さてさて、今回のテーマはバレンタインを過ぎて、ちょっと早いひな祭りかな。

いつものように持ち寄りランチ。
a0197173_2251090.jpg

とは言っても、蒸し野菜ディップ添え、わかめの酢味噌合え、炒り鶏(筑前煮)、お吸い物などなどkeikoさんがいろいろ作って待っていてくれました。

甘い人参のスティック、それを剥いた皮をささっときんぴらにしたyokoさん。美味しい一品ができあがり。

nobukoさんは野菜のおひたし。

私は手鞠寿司と柚子大根。

今日は美味しい野菜たっぷりの体に優しいメニューでした。


さて、これからが本番。

今日はパッチワークでなくて羊毛フェルトの小物作りに初めて挑戦。
簡単そうだけど針で指までつつきながら「痛い、痛い」の連発。それでも、フワフワの羊毛が針で刺すとだんだん硬くなっていくのが不思議です。

こういう作業は一人でなく、みんなでわいわい言いながらのほうがずっといいわね。

またまたティータイム。yokoさん手作りのガトーショコラ。お店のみたいでしょ。
a0197173_2384015.jpg


その後またプスプスと刺しまくって、家に帰ってからようやく完成しました。
a0197173_22152253.jpg

どこかで見たことあるかしら。そう、ダイソーのセット。羊毛と針とパーツが入って説明書が付いて、なんと100円。

羊毛がこんなに安く手に入るなんて。昔、結構な値段なのを買いました。

作ったのは今日初めて。っていうことは・・・はい、ずずずーっとしまってありました。

さーて、今度は何をつくろうかしら。ふふふ。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
  
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-02-16 22:18 | <パッチワーク>

「優」 物持ちより人持ちになろう

「物持ちより人持ちになろう」とは、私が安心・安全な整理収納のセミナーの中でいつも言っていることです。


またまた、横浜にも大雪が降りました。
こどもの国の駅ではホームの屋根が雪の重みで落ち、近所のカーポートも壊れました。

今朝は新聞も届かないんですと、新聞屋さんが歩いて一軒一軒手配りしてました。

さて、先週に引き続き雪かきです。土曜日なのでまたまたお父さんたちの出番。休んでいられません。
この前は8人だったけれど、今日は14人。娘さんたちも出てきていました。高齢のご主人までも。

今日は家にあったお茶を出しました。みんなで汗をかいたあとに飲むと美味しいね~

もう止めよう、ここまでにしようと言いながら、気づけばお昼を回っていました。
道路の雪はなくなり(もちろん雪は高く積み上がってますけど)いつもの路面が出て気持ちがいい。


で、終わりではないのです。

みんなで雪かきした路面をいつものように出ていった車が、坂道の下の方の雪かきしていない道路で立ち往生してしまいました。
そこで、スコップ持ってご近所さんと手伝いにいきました。
まだまだ雪かきをしていないところもたくさんありました。

うちの回りには雪が降ると進んでよその家の前も雪かきをしてくれる優しい方が多いこと。
こんなご近所さんだったら、災害の時にも助け合えると思います。

坂の多い横浜は、自分だけでなくそこを通る人のためにも雪かきをしたいもの。
そして、お互い様と言い合えるご近所さんを大事にしていきたいもの。


物をたくさん持って震災を乗り切るより、人との繋がりで乗り切っていけるようにしたいものです。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
  
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-02-15 18:02 | 「優」

「遊」 今日はホワイトバレンタインデー

先日、野菜をたっぷり入れて煮込みうどんを作ったら、発見~ヽ(*´∀`)ノ
a0197173_155631.jpg

これだけでも何だか幸せ気分ですぅ。

昨日は息子が夕食にカレーを作って仕事帰りの私を待っていてくれました。
だからこんなのを思わず買って帰ってしまったのでした。メタボ気味の息子にはチョコはあげないよ。
a0197173_1565477.jpg

普通の果物なのに、入れ物が変わるとグググーっと惹かれてしまうわ。

いつもバレンタインにはチョコレートはあげないんだけど、今年は女性の方へプレゼント。
一番好きなオレンジピールのチョコレートがけを。


a0197173_153546.jpg

今3時。この雪のあたりで、私の中指くらいの積雪ですから7~8cm。

まだまだ降り続いています。どのくらい積もるかな。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
  
[PR]
by yuyu-suteki | 2014-02-14 15:14 | 「遊」