ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

「悠」 今年の漢字は「減」

今年の世相を表す漢字は「輪」でしたね。
みんながつながる輪、オリンピックの五輪、また日本で開催するからぐるっと戻る輪、ですか。

さて、私のこの一年を表す漢字は「減」かしら。

まずはモノを減らしましたよ。
煩悩品さよならキャンペーンと銘打って始めたモノ減らし。なんと倍返しならぬ倍捨てもできました。

キッチンの全出しも決行。
いろいろ減らしました。

さらにさらに、先日はクローゼットの全出し(ハンガーに掛かっているものとバスケットの引き出しと箱に
入っているもの。
ついに、17年前に買った大好きなサーモンピンクのスーツ(若いころは似合っていたんだけど~)これを
とうとう手放しました。昔の礼服とか、やっと踏ん切りがついてスッキリ。
衣類がだいぶ減りました。

それから、気に掛かること。これも減りました。
体重も減りました。


ちょっと残念な減ったこと。
毎年、手帳の始めのページに書いている「今年の夢」。○○できた、と過去形で31個書いて、叶ったら花丸
を付けているのですが、去年は19個、今年は16個と減ってしまった~

来年はもっともっと夢を叶えたいな。

そして、今日新しいカレンダーを掛けました。気持ちが引き締まる瞬間。
a0197173_2201531.jpg

いつもながら定番のイノベーターのカレンダー。
電話のところだから、カレンダーにすぐメモしてしまいます。
古いのは金具と神の資源ゴミに分けてしまいました。数字だけだから未練は無し。


来年はよいことが「増」えますように。要らないモノやことは「減」りますように。
皆さまにもよいことが「増」えますように願っています。


今年も忙しい中、ブログを読んでくださってありがとうございました。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-12-30 21:36 | 「悠」

なんということでしょう!このキッチンのスッキリ感は

まずはアフターの写真から見てください。リビング側から見たところです。
a0197173_21535252.jpg

調理台に合わせて、背面の食器棚、吊戸棚の扉は白にしました。冷蔵庫はそのまま使っています。
奥の壁は掃除がしやすいように、コンロの前と同じキッチンパネルを張ってあります。
フロアキャビネットの上には電子レンジとトースターを置くので、この部分の白い壁は見えなくなってしまうけれど、ほとんど目に入る色は白ですね。調理台はステンレスですけど。

これはダイニング側から見たところ。正面のペーパーホルダーはお父様の作。
a0197173_2203441.jpg

調理台の幅は255cm。今までより10cmほど短くなったけれど、その分奥行があるから大丈夫。
コンロと壁の間は通常15cm離すことになっているけれど、15cmじゃお鍋ややかんが置けないの
で、ここを30cm取りました。調理台部分は60cm。

今は台輪の部分まで収納になっているシステムキッチンです。この部分の取っ手が高い位置にあるので使いやすいですね(LIXIL製)
今までのモノが全部入り切るかと心配していたkeikoさん。収納部分が使いやすい引き出し式を選びましたが、ちゃんと入りましたよ。
って、入りきらないモノは、リビングクローゼットにも収納。ホームベーカリーやホットプレートなどの大物はそこへ。

さてさて、こんなにスッキリしたキッチン、もちろんこれはまだ収納ビフォーですからね。
そのキッチンがどんなだったのかと言いますと、食器棚は奥行が浅くて使いやすかったのですが、
前にモノを置いていたので、下の収納が使えませんでした。
それで、はみ出したモノがあちらこちらに。
a0197173_2210554.jpg


さあ、今度はしっかりゾーニングしてグルーピング。食品は下の開き、食器は上の棚。調理に使う
モノは調理台下へ。

これからキッチンでいろいろ作業をします。
モノの定位置を決めたら、使った後は定位置に戻すというのが大事ですね。
そのためには出しやすく、戻しやすい場所に定位置を決めます。が、その前に持ち物全部を見なくっちゃ。
で、素敵な食器をたくさん持っているkeikoさん、まずはスマイルクロスの上に全部並べてみたら・・・
a0197173_22193589.jpg

これで全部じゃあないですよ~。グラスや湯呑はテーブルの上に。
a0197173_2220467.jpg


あるあるあるある。
使用頻度を聞きながら、使うモノを使いやすい棚や引き出しに収納しました。
またしばらく使いながら、使いやすいように変えていきましょう。


真新しいピカピカのキッチンをずっとキープできるようにしていってほしいなーと(自分のことはさて
おき)思いながら、新しいキッチンが羨ましい私です。でも、こんな楽しい作業をさせてもらって、すごく
幸せ。

今度は収納後のキッチン、みてもらいましょうね。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-12-29 22:30 | <ビフォー・アフター>

なんということでしょう!この素敵空間は

友人のkeikoさんのリフォームが無事に終わりました。
センスの良いコーディネーターのKさんがいろいろ提案してくれて、私も相談に乗って・・・
それでやっとできあがりました。

イメージは青柳啓子さん の家、そしてキーワードが「風になびくレースのカーテン」。

なんといっても、ひと部屋潰して大空間にしたことが一番ですが、無垢の床、漆喰の壁、こだわった扉やタイル。
そして、それを映し出すのがこだわりの照明。まずは照明を見てください。

玄関はミルクガラスのブラケット。縁取りが赤でかわいい。
a0197173_21244987.jpg

パソコンデスクの前に張ったタイルの壁にもおしゃれなブラケット。
a0197173_21251158.jpg

キッチンから見たダイニング。テーブルの上にはガラスのペンダント。これも随分探しました。
もう一つ増やすことができます。
a0197173_2126513.jpg

リビングクローゼットの上には天井を照らす間接照明が入っています。
a0197173_21264198.jpg

マンションの天井には梁を付けることができます。古材風でいいですね~。カーテンレールもおしゃれ。
a0197173_21282533.jpg

トイレには大工さんが作ったかわいい棚が。
a0197173_2129124.jpg

ドアや飾り棚のにはチェッカーガラス。ちょっとレトロな気分です。
a0197173_21294839.jpg

和室に元あった押入れは三枚の扉にして、布団収納と衣類収納に分けています。
畳も縁なしにしました。
a0197173_22222822.jpg

洗面所への段差もなくし、折り戸を引き戸にしてバリアフリーに。
a0197173_22243293.jpg


リビングにはダウンライトとシーリングライトを併用しています。シーリングはLEDで電球色の黄色と白い色を変えることができるタイプです。
写真で分かるでしょうか。すごく柔らかい光を。デザインだけでなく、光の質を考えて選んでいます。

さてさて、キッチンは?
こだわったところも、まだまだありますけど、それは次回にします。
お楽しみに。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-12-26 21:24 | <ビフォー・アフター>

<もらって嬉しい贈り物> 名前入りの一筆箋

サンタさんじゃなくってデザイナーで画家のmayumiさんから、ちょっとしたプレゼントをいただいたのだけど、それがなんともうれしい一筆箋。
a0197173_10255792.jpg

うれしい訳その1

なんと、この絵は以前私が買ったmayumiさんの絵。それがデザインされているもの。絵は同じだけど、色が違うんですね。これが元の絵。
タイトルは「なかよし」。このウサギとネコの表情がなんともいえないの。
a0197173_10274540.jpg


うれしい訳その2

右下、なんと私の名前入り。そう、手紙を書いた人の名前を入れることができる便箋なんです。

うれしい訳その3

この一筆箋、表紙も台紙もなくて、セロハンの袋に入っています。使い終わったら必要がない表紙と台紙を省いたというわけ。
きれいな便箋の表紙は捨てられない、台紙も何かに使える・・・ととっておく(とっておきそうになる)私にはうってつけ。


そんな素敵な一筆箋は、mayumiさんの主宰する魔法ギフトでこれから購入できるようになります。
また、紹介しますのでもう少し待っていてください。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
  
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-12-24 10:33 | <もらって嬉しい贈り物>

<パッチワーク> 2013 クリスマスの女子会

今日は定例のパッチワークの集まりでした。
いつもと違うのはkeikoさんとyumiさんが途中からの参加で、ランチは3人でした。
が、いつもながら豪勢なメニュー。テーマはクリスマスです。
a0197173_20491811.jpg

鶏肉を焼いてチーズを乗せたもの、カブとパプリカのピクルス、大根サラダ、ゴロゴロ野菜のスープ、バゲット、ドライフルーツのパンというメニューです。


お手拭きは濡らして絞ったあとに、ツリー型に立ててみました。
a0197173_20524882.jpg


3時のおやつタイムは、スイーツが2つ。ラズベリーのタルトとシュークリーム。
a0197173_20545151.jpg

本物のロウソクに混じって、LEDのロウソク型ライトの明かりが揺らぎます。
(ティーマットは両面使える手作り)

というお腹が喜ぶことだけでなく、ちゃんと手を動かしましたよ。

nobukoさんは羊毛を針でチクチク差して、来年の干支のお馬さん作り。(帰宅後完成)
yokoさんは小さな六角形のピース繋ぎ。何になるかな。
yumiさんはリストウォーマー。赤い毛糸を棒針編み。
私は丈を直したスカートの裾まつり。
keikoさんはちょっとお休み。
今日はそれぞれが作りたいものを作る、でした。

で、次回は、羊毛をチクチク差してかわいいマスコット作りしようねって、会場はリフォームが完成したkeikoさん家で、と内容が決まりました。

短時間でも手を動かして何かが形になっていく手つくりタイムって、充実してますねー。

yumi さんからはいつもながら素敵なお花のプレゼント。水仙、シクラメン、ナンテンの葉。
水仙の香り、届けてあげたいわ~
a0197173_10212464.jpg


「女子??はぁーッ???」って言われちゃいそうだけど、いいのいいの、いつまでも女子気分よ。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
  
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-12-23 20:52 | <パッチワーク>

<お片づけレッスン> 2014 冬のレッスンのご案内

今までのお片づけレッスンが内容を一新して、2014年から始まります。

今度のタイトルは「めざせ 暮らしのダイエット」と称して、暮らしのあれこれを含めてダイエット、つまり身軽になっていきましょうというものです。

その内容をさらに分け、「分けるだけでスッキリ」といういわば整理編と、「3つの極意でスッキリをキープ」といういわば収納編となっています。

それぞれの講座は2回シリーズで、日程的にも参加しやすくなっています。


この中の整理編では「分けるだけダイエット」を提案。モノやことや場所、人別に分けるだけでダイエットできる方法をお話します。

もう何年も前になりますが、毎年年始に「体と暮らしをダイエットする」という目標を掲げていました。
今、それが本当に実現したのです。

って、私一人ができてもなかなか信じてもらえないかもしれませんけど。
興味を持ったあなたも、試してみてはどうですか?

今読んでいるやましたひでこさんの『断捨離アンチエイジング 引き算の効用』にも、モノを必要以上に取り入れないというのは食べ物も同じ、必要以上に食べないようになれば体重も減るとあります。

2014年、今年こそはと思う方はぜひどうぞ。
ご参加お待ちしています。


日時:   1月16日(木) 1月30日(木) 10時30分~12時
内容:  「めざせ 暮らしのダイエット」~分けるだけでスッキリ~
                 モノを減らしたいと思っている方。まずは分けることから始めましょう。
                 それだけで探す時間、無駄買い、イライラが減ります。

会場:  ウィズの森インテリアギャラリー    045ー979ー2622

料金:  各回1500円(お茶付き)


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
  
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-12-21 23:45 | セミナーのお知らせ

もう宝くじは買わない

今日、街角に長~い行列が!その先には・・・宝くじ売り場。

「年末ジャンボ宝くじ~、今日が最終日で~す。」という放送が聞こえてきました。

もう買わない・・・って、実は買ったことないんですがね。


当たるかもしれない・・・・・・でも、当たらないかもしれない。

という気持ちが強い私。
当たる確率が低い、あるいは当たるはずがない、そう考えてしまうから。

だから、買わない。

使うかもしれない・・・・・・でも、使わないかもしれない。
便利かもしれない・・・・・でも、便利でないかもしれない。
着るかもしれない・・・・・・でも、着ないかもしれない。

あったらいいかもは、なくてもいいかも。


だから、きっとこの先も買わないでしょうね。って、夢がないですか?


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-12-20 18:48 | <もう○○しない>

<ちょっとリメイク> ピアノの椅子がサイドテーブルに

マンションリフォームのために家の中を整理した友人のkeikoさん。
「こんなものがあるんだけど、何かに使える?捨てようかな?」と相談を受けたのがピアノの椅子。
座面が外され、枠と脚のみ。物を乗せる台として使っていたそうです。あらら、またビフォーの写真を撮るのを忘れちゃいました。

それで、完成品です。と言っても、これは全て夫作ですのでご了解を。
a0197173_10231110.jpg

はい、元はピアノの椅子です。
それをサイドテーブルにしようか、椅子として使うか・・・いろいろ考えて、サイドテーブルに。椅子だと脚を切らないと高いので。

それで、よく見ると枠の厚みが10cmほどあるではありませんか?
下のところに板を張れば、厚みの分物を入れることができるのでは?読みかけの雑誌とかを。
で、なんということでしょう。
テーブル面を蓋にして、物入れができました。ストッパーも付けました。
a0197173_10272053.jpg


そして、肝心のテーブル面には、これもちょうど家にあった白いタイルがピッタリ。
その周りに木の枠を付けて完成。
a0197173_10294597.jpg


このテーブルは明日新居にお届けします。
可愛がってもらってね~と一ヶ月ほど我が家にいた椅子(テーブル)と別れを惜しんでいます(涙)

捨てる前にもう一度、モノの命を蘇らせてあげたい、と私はアトリエYUを開いています。
そこで作ったリメイク作品やリメイク話、みなさんが作ったリメイク作品を持ち寄ってセミナーをします。

日時:  2014年1月23日(木)    10時30分~12時 

会場:  ウィズの森インテリアギャラリー    045ー979ー2622


リメイク好きの人、集まれ~


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-12-19 10:26 | <ちょっとリメイク>

マンションのリフォーム まもなく完成

友人のkeikoさんのマンションリフォーム。
間取りを変え、ほぼ全面リフォーム。その間、仮住まいをします。

二ヶ月近く仮住まいの不自由さの中、時々行って工事中の住まいがどんどん素敵になっていくのを見ることができるのは、私にとってもとても楽しいことでした。

と言っても、keikoさんは、間取りから始まって、床材、タイル、建具、照明、キッチン、バス、トイレ、壁紙・・・などなど、決めることが次から次へとあって大変だったようです。

ようです、って、今回私は友人としてサポートする立場でした。
工事の会社にはとてもセンスのよいインテリアコーディネーターさんがいて、とても素敵な提案をしてくれるのです。

私、そういう仕事をしたいと思ってきたけれど、年齢的にも(能力的にも?)無理かなーと、keikoさんの相談役に徹しました。

それでも、提案された間取り図を説明したりいっしょに照明やカーテンを探しに行ったりしたのは楽しかったです。


リフォームを決める前にはインテリアの写真をコラージュして、好きなインテリアを見つけるワークをしました。

そこで出てきたキーワードは「風になびくレースのカーテン」でした。
それと、憧れのインテリアは青柳啓子さんの家

これでイメージははっきり決まりました。それが9月のこと。
それから三ヶ月あまり。あさってはいよいよお披露目です。

私の仕事はリフォームが終わったところから、モノの配置を決め、使いやすく収納するお手伝い。
始めに間取り図に収納や家具を描き込んで、ゾーニングをします。ゾーニングとは部屋の用途を決めたり、スペースの使い方を行動動線から決めていくことです。

これを収納地図と呼んでいますが、これをはっきりさせずに空いているからとどんどんモノを収納すると、あちらこちらに同じ仲間のモノたちが分散してしまいます。

そうすると、モノの把握ができなくなる、モノが片づけられなくなる可能性が・・・
始めに収納してしまうと、後ではなかなか変えられないというのも多くの家で見てきました。

今、その大事なところです。


60代に思い切ってリフォーム。
これから「ゆうゆう素敵な暮らし」の始まりです。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-12-18 22:50 | ゆうゆう素敵工房

「こんまり流片づけ」VS「断捨離」

今日の夜、BS朝日で片づけの特集がなんと2時間放送されました。
内容は「人生がときめの片づけの魔法」のこんまりさんと「断捨離」提唱者のやましたひでこさんが、片づけられない家に行き、そこで片づけを伝授するというものでした。

興味を持ったところは、二人が向かったお宅が2軒ともシニアの方だったことです。
一人暮らしや子育て世代ではなく、人生酸いも甘いも経験してきたシニア。持っているモノは長く愛してきたモノ、思い出のモノが多いはず。
それを二人がどのように寄り添って片づけていくのか、見入ってしまいました。

こんまりさんは「ときめき」をキーワードにして、モノを手に取り、ときめくかときめかないかで判断するようにアドバイス。一方、やましたさんは「いる・いらない」で判断してもらっています。

また、こんまりさんは衣類から始めるのに対して、やましたさんは小さいところ、狭い部分から始めます。

ご主人と奥様でもモノに対しての想いが違う(人によって違うってこと)もおもしろかったですね。


二人のアドバイスの仕方は違うけれど、目指すところは同じ。
クライアントが幸せになることを目指しています。

収納王子コジマジックも目指すところは同じ。この仕事をしている人(私も)は皆そうでしょう。
ただ、やり方、キーワードが少し違うんですね。

私はそういうのをよく生け花の流派に例えてみるんです。
生け花には草月流、池坊、小原流・・・などいろいろあるけれど、目指すところは花を美しく飾るということではないかな(と、華道を知らない私の見解)

こんまりさんがアドバイスしたお宅は、キッチンもクローゼットもご主人の書斎もモノが減りスッキリ。
やましたさんがアドバイスしたお宅は、リビングが広々して、夫婦で趣味の社交ダンスを踊って幸せそうでした。

こんまりさんの方、奥様はきれいな状態をキープしたいと言ってました。
やましたさんの方、見た目あまり変わってないと奥様が言うダイニングでしたけど、要らないモノを手放せたという御夫婦の爽やかな気持ちは伝わってきましたよ。


百人いれば百通りの暮らしがあるのだから、いろんなやり方があっていいですよね。
さあ、来年、私流でいきましょう。


励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-12-13 23:46 | 整理収納アドバイザー