ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

<mo・no> アルマイトのやかん

今年の夏は、長~くて暑~くて、うんざり。

と嘆いているうちに、8月も今日でおしまい。明日から9月(当たり前だよ)


夏になるといつも飲んでいる麦茶。

水道水でなく沸かして煮出しているから、やかんは麦茶専用です。
a0197173_1835582.jpg


懐かしいやかんでしょ。黄色いアルマイト製。

もう20年以上使い続けています。今年も大活躍。

大きなやかんが欲しいと、町の金物屋さんで買ってきました。


麦茶はパック入りのを買わず、いつも粒のを買います。
a0197173_18484857.jpg


お湯が湧いたら火を止めて、麦茶の粒を所定の量入れて30分くらいそのままにしておきます。

それを冷水用のポットに入れますが、これは絶対にガラス製が好き。

お茶が美味しく感じられるからですかね。


そうやってこの夏もせっせこせっせこ毎日のようにお湯を沸かしての麦茶作り。


そして、去年気づいた麦茶の定位置はやかんのそば。

それまでは、麦茶→お茶の仲間に入れていたけれど、そう、このおかげで作業効率がよくなりましたよ。

いっしょに使うモノはいっしょにしておく、ですね。


励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

[PR]
by yuyu-suteki | 2013-08-31 18:45 | <mo・no>

<捨ててスッキリ> 煩悩品あと8個

先日、久しぶりにイアリングを付けてみたら・・・白いひし形のイアリングは私の顔に全然似合わない。

ということで捨りました。

いつか付けるかもしれないとずっとしまっていたから、これは正に煩悩品。


冷蔵庫に入っていたお菓子の材料。銀色の仁丹みたいなあれ。これはもう古い古い。でも、きれいだからと入れっ放しにしていたのも煩悩品。捨りました。


学生のころからの三角定規。まだ使える文房具を捨るなんてできない。

かといって使うわけでもない。だってほかにもあるのだから。これも煩悩品。


煩悩という言葉を発したりたさんに刺激されて捨りまくっています。


大きなモノなら捨ててスッキリという実感が湧くけれど、小さなモノは捨てたところで何の変化も見られません。

小さなものだからたくさんあっても大したことないので、アクセサリーなどは溜りがちです。

大きなモノを捨てれば変化が大きいけれど、まずは小さい引き出し一つから始めるとやりやすいです。

薬箱、裁縫箱なども一度全部出してみると、意外な煩悩品があるかもしれません。



今回は「煩悩」というキーワードがすごく効きました。

「捨てようかな?どうしようかな?」と迷う心。モノでなくその迷い心とさよならできたのです。


まだまだ気づいていない煩悩品もあるでしょうけど、ひとまず100個達成。

あと8個です。

りたさん~、待ってて~


励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

[PR]
by yuyu-suteki | 2013-08-28 10:52 | <捨ててスッキリ>

収納たっぷりは必要か?

「収納」恐るべしと感じていた頃、友人のyamanecoさんも同じようなことをブログに書いていました。

同感よ。

たっぷりの収納スペースに入っているから、一見お家の中は片づいているように見えます。

ところがたっぷりの収納スペースにたっぷりのモノが入っているから、出してみると次から次へと出てくるんですね。

使っているモノならまだしも、使わないモノ、壊れているモノ、捨てるつもりのモノなどみんな収納できてしまいます。

もし、収納スペースが少なかったら・・・使わないモノは持ちません。壊れているモノは直すかどうかすぐに判断します。捨てるモノはすぐに家から追い出します。

しまっておくところがあるからと、必要でないモノを私たちは持ち続けてしまいます。


収納とは使うモノをしまうところです。

よく伺う家で見られるのは、使うモノは出ていて、使わないモノを収納スペースにしまっているというもの。

これでは本末転倒です。


ある人がこう言いました。「家を建てるとき、収納をたっぷり作ってもらったのに片づかない。」と。

ということは収納の位置、大きさ、使い勝手などをよく考えないと、たっぷりというスペースの広さだけでは解決できないということですね。


そして、モノの持ち方。

このモノの持ち方(所有する意味)と収納スペースがうまく調和していると、モノが出しやすくしまいやすくなりお部屋もスッキリとなるのです。


これから家を建てようと思う方、リフォームをしようと思う方、今一度収納スペースがたっぷり必要か考えてみてくださいね。

なにせ坪〇十万円という金額ですから。



励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

[PR]
by yuyu-suteki | 2013-08-27 10:35 | 整理収納アドバイザー

「収納」恐るべし

今、引っ越し前の片づけ作業をお手伝いしています。

依頼主は高齢の方で、引っ越しは今月末。電話をいただいてから3週間しかないわ。

すぐに伺いました。

お住まいは100㎡以上のゆとりある3LDKのマンション。

広~いリビング、ソファーセットの他には照明付きの大きな飾り棚。1つの棚にはグラス類が3つずつほどの余裕の飾り方です。さらに上部と下部に作り付けの収納もあって、細かいものは全て収納できます。

キッチンの調理台、なんと長さ3m20㎝も。上も下もたっぷり収納できます。反対側の食器棚もたっぷりの収納スペース。

その奥、ユーティリティーにも扉付きの収納。

寝室には3連の作り付けクローゼット。衣類とタオル、シーツ類。

洋室にもクローゼット。ここには布団類。

書斎。大きな本箱と置き家具のクローゼット。そしてやはり作り付けのクローゼット。

洗面所も2ボウルの洗面台。つまり、その下も広いということ。

さらに廊下にも半畳ほどの納戸があります。


はてさて、このお宅、洋服がかなりあります。ご自身の服と亡くなったご主人の服。

要らない服はゴミにしたくないとのご希望で、海外の衣料支援に回すことにしました。

そして、服の仕分けをしていくと・・・クローゼット(90㎝のが2つ)から出てくる出てくる、つまりぎゅうぎゅう詰めだった服がかなり出てきました。

さらに、クローゼット上にも大きな衣装ケース(奥行き80㎝くらいの)。全部集めてみたら7つ。


仕分け作業、そして要らないと決めた捨てるモノの袋詰め、ゴミ集積場への運搬。

もう時間にして18時間。2人がかりで作業してもまだ終わらな~い。

さらに机、飾り棚、本棚などの家具に付いている収納スペースに入っている小物類の仕分けも。


「収納」恐るべし。

初めて伺ったとき、本当にスッキリした室内とゆったりした広さに目を奪われました。

もちろん、家の中、収納スペースに何が入っているか見せてくれましたよ。

でも、でも、その収納スペースが奥行きたっぷりで、奥にもたくさん詰め込まれていました。

また、こんなところにもというところに収納があって、そこにもいろいろ入ってる、入ってる。


使いかけ品、ストック品・・・出てくる出てくる。

収納たっぷりだから、たくさんのモノが収納できてしまう。

そして、しまったまま忘れてしまい古くなる・・・そんなモノを要る・要らないと仕分ける作業では手もまっ黒。


さらに、地下のトランクルームにあった大量の本、雑誌、書類。これを運び出す作業は暑さとの戦い。モノに人間がコントロールされているような感覚です。

収納スペースがあると、どんどん溜めこんでしまうんですね。


「収納」恐るべし。

引っ越しはモノを見直すチャンス。でも、引っ越さなかったら・・・


励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

[PR]
by yuyu-suteki | 2013-08-25 23:58 | 整理収納アドバイザー

わたしの仕事は?職業は?

「あなたの職業は?」と聞かれると、選択肢がある場合は「自営業」

「お仕事はなんですか?」と具体的に聞かれると

「整理収納アドバイザーです。」と答えたり「インテリアコーディネーターです。」など答えたり。


「整理?収納?」と相手が首を傾げると「お片づけです。」と言ってみたり、「インテリアの仕事です。」と言ってみたり。

収納王子コジマジックを引き合いに出しても、知らない人は知りません。


自分の仕事をひとくくりにして「くつろぎ空間クリエイター」だなどと言おうものなら、「はてさて、何のこっちゃ。」という具合になることでしょう。


最近の私の仕事はと言えば、個人宅でのお片づけ、収納王子コジマジックのアシスタント、自主セミナーがメインです。

でも、最近キッチンスペシャリストとしてキッチンのリフォームのお手伝いをさせてもらいました。

これはとてもやりたかった仕事。キッチンだけでなく、リビングダイニングもリフォームしました。


お客様(といっても友人ですが)そこで初めてのリフォームを経験させてもらえたのはラッキーです。

そして、もう一人のお客様(といっても友人ですが)も、キッチンのリフォームを計画しているので、ここでもお手伝いさせてもらう予定。


それから、引っ越しをされるお客様宅でのモノの整理。

たくさんの衣類を海外支援の団体に送ったり、ゴミ集積場に捨てるモノを運んだり・・・という仕事もしています。

明日はなんと壁紙の補修もするんですよ。


お客様のちょっとしたご要望(エアコン掃除とか床の補修)とか、まあいろいろなことを頼まれます。

そんなご要望に応えたいと思えば、DIYも勉強しなくちゃ。


でも、こんななんでもやさんになりたいとも思うけれど、私の一番やりたいことってなんだろう?

新築リフォームでもでも、引っ越しでも、片づいていても片づかないでいても、家具の購入でも、モノを捨てても捨てなくても、目指すところは心地よい空間を創るということ。


やっぱり「くつろぎ空間クリエイター」なのかなー。

いろいろな仕事をしながらだんだんそこに近づいていけばいいかなと思う今日この頃です。


励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

[PR]
by yuyu-suteki | 2013-08-22 22:34 | ゆうゆう素敵工房

海を見ていた午前

~ あなたを思い出す この店に来るたび

  坂を上って きょうもひとり来てしまった

  山手のドルフィンは 静かなレストラン

  晴れた午後には遠く 三浦岬が見える

  ソーダ水の中に 貨物船がとおる

  小さなアワも 恋のように消えていった ~


これ、ユーミンのヒット曲「海を見ていた午後」です。

この歌詞に出てくるドルフィンは横浜の高台にあるお洒落なレストラン。

今日は近くでのお仕事が午後からだったので、ドルフィン開店の11時に一番乗りで行きました。


まだお腹がすいていなかったので、カフェラテをアイスで。(ソーダ水はあまり好きじゃないのです)

写真を撮って来なかったので、想像を膨らませて読んでくださいませ。


今日のコースは、桜木町駅前からバスで行きました。

開港記念会館、神奈川県庁、横浜スタジアム、元町と市内見物をしながら山の手を上ってしばらく行くと、元競馬場の根岸森林公園に出ます。

道路を挟んで眺めの良いマンションが並んでいます。そこから急坂を下りかけたところにお店があります。

というわけで、今日は「坂を上って~」なんてしません。暑いんですもの。


二階に通されて、さらに抜群の眺め。

マンションなどの先、下の方には車がひっきりなしに行き交う高速道路。

その下をゆっくり走るのは、石油タンクを乗せた長い貨物列車。

その先には石油精製工場。岸壁には大きな貨物船。

そしてその先、東京湾に浮かぶ船の向こうは房総半島。そして三浦岬(半島)

夏の日差しにキラキラ光って、もうずっとここで海を見ていたい~  


ってなわけにもいかず、そこから急階段を下りて行きました。


最近の私の楽しみなんです。お仕事先の近くのお店に行くのが。

先日行ったのは、墨田区曳舟の「爬虫類館分館」という摩訶不思議な名前のカフェ。


さて、次はどこかな~? 


励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

[PR]
by yuyu-suteki | 2013-08-19 22:04 | 「遊」

「優」 ピンクを着てると女の子?

a0197173_23392588.jpg

三月に生まれた二人目の孫です。

さて、男の子でしょうか女の子でしょうか?


正解は「ぼくは男でちゅ。」

でも、こうしてピンクを着ると、女の子にも見えるでしょ。
a0197173_2343322.jpg

手前味噌ながら、このロンパースは初孫(女の子)のときに作ってあげたもの。ピンクと藤色の二着作りました。

胸の刺繍は私の娘が使っていたファミリアのよだれかけから切り取って付けました。

藤色をきているときにはあまり思わないのに、ピンクを着せるとやっぱり女の子に見えちゃう。


こういうのを社会的性差っていうのかしらね。

お店でベビーの服を見ると、ピンクかブルーがほとんど。これでは女の子はピンク、男の子はブルーを着なさいって言われているようです。

中には黄色もあって、これはどちらでもいいかなと思える色。

そうやって、私自身が男の子の色、女の子の色を決めてしまっているわね。


男女どちらでもいい色ってないかなと考えると黄緑がいいなー。藤色もいいかなー。

この間、この孫が茶色の服を着ていたとき、すごく男の子っぽく見えましたね。

やっぱり着るものの色によって、かなり印象が違います。


男女どちらでもいい色を主流にしたら、生まれた子供が男女どちらでも同じ服を着るから、ベビー服の売れ行きが悪くなるからかなーとか、考えてしまいます。

そう考えると、ロンパースを作るときから男女兼用の色にしたほうがよいということ。

そういえば、娘が生まれたときに作ったロンパースは黄緑色だったっけ。


最近は男性でもピンク色のシャツを着ている人を、よく見かけるようになりましたね。それを素敵だと思うようになりました。

きっと私自身の中で、男の子の色、女の子の色と分けてしまっているのでしょう。

できれば、これからのベビー服に限らず子供服も大人服も、男女関係なく好きな色を着ればいいのよね。

って、ユニクロなど男性でもカラフルだわ。

ということは、やっぱりベビー服。

もう、ピンクとブルーにこだわらないでいいんじゃないですか。


励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

[PR]
by yuyu-suteki | 2013-08-14 23:54 | 「優」

無駄買いとは?

昨日、「無駄買いをしないためには」というテーマで収納を考えていた。

では、「無駄買い」とは何だろう。

無駄だと思うのはどんなときだろう。


ないと思って買ったら、家に同じモノがあった・・・なんていう二重買いしたときは無駄?

また使えばいいじゃない。同じ食品なら食べればいいじゃない。


例えば、ノートとかボールペンなら使って消費すればいい。

例えば、玉ねぎとか卵なら食べればいい。

でも、食べるころには賞味期限が切れてしまったり、腐ってしまったりでは捨てるはめになる。

でも、ラップだって古くなれば茶色くなるし、ホイルだって白くなるから、古いのは使えなくなる。

こんなときには「無駄買いしたなー」って思う。




洋服だったらどうだろう。

同じようなモノを買ってしまった。着てみたけれど似合わない。着心地が悪い。体型に合わない。すぐに傷んでしまった。

こんなときには無駄買いしたと思うだろう。


この春、靴を買った。

その日まで10%オフというのと、デザインが気に入って決めた。

外反母趾の右足が痛くならないのに、どういうわけか左足が痛くなる。そのうち右も痛くなり、足先がカーッと熱くなってくる。

デザインで買ってしまったけど、やっぱり無駄買い?

痛い思いをして履いたけれど(5回くらい)、それなら手放してもいいや。

私にとってたくさんの反省材料があったから、無駄ではない。


無駄と思うかどうかは自分次第。

無駄を無駄と思わなければ、無駄にはならない。


励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

[PR]
by yuyu-suteki | 2013-08-12 10:09 | 整理収納アドバイザー

「優」 水が垂れて汚れません

先日リニューアルしたトイレ手洗いの水栓。ちょっと成金趣味だったかな?
a0197173_23184896.jpg


この水栓を選んだ大きな理由が、蛇口を閉めるときにカウンター面に水が垂れないということでした。

手を洗ったあと、濡れた手でレバーを動かすと水が垂れます。

その水がこの水栓だとボウルの中に落ちるという具合。

カウンター面、レバーの下がいつも水で濡れているのが嫌でした。

これがビフォー
a0197173_23344995.jpg


蛇口自体も濡れて、拭き取らないと水滴の跡がついてしまうのもいやでした。

今度の水栓はカウンター面が濡れなくて、拭かなくて済むのがありがたいです。


そして、もう一つよいことが。

それは、レバーが軽く動くこと。指一本でも軽く動かせるから、これから歳を取って力が弱くなって、大丈夫かもね。

自動水栓のように手を出すとサッと水が出れば水が垂れないでしょうけど、いつも電気が使われているのは好きじゃないです。


ということで、心と体に優しい水栓でよかった~


励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

[PR]
by yuyu-suteki | 2013-08-10 23:24 | 「優」

<くつろぎ空間> 替えてみました、手洗いの水栓

これがビフォー

ジャーン、そしてアフターです。
a0197173_973857.jpg

シルバーをゴールドに替えました。

トイレのドアノブがゴールド。タオル掛けもペーパーホルダーもゴールド(って、真鍮ですけど)
a0197173_9121251.jpg
a0197173_9123155.jpg

こうやって小物をゴールドにしたからには、水栓もと思いながら、もうこの家に住んで早17年。


きっかけはあるお宅のリフォームで、お気に入りの水栓を付けたと聞いたからなんです。

今はこういうパーツをネットで探せるから、ホントに便利です。

すぐにお気に入りのものが見つかりました。迷わずにこれだって決めて即注文。ワクワク。

こういうパーツをお気に入りのものに替えることで、ますますその空間がお気に入りになります。


さて、こういうパーツ、簡単に手に入れることはできても工事は?ということが問題なんですが、実は我
だんな様がDIYでやってくれたのであります。

といってもこんなに工具が必要。いろいろ買ったわねー
a0197173_918473.jpg

水栓金具+排水金具+ホース+送料で2万円ちょい。工具を入れたら???結構になってしまうわ。

誰か替えたいお家があればやりますけど。


励みになります。ポチっとお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らし上手へ
にほんブログ村

[PR]
by yuyu-suteki | 2013-08-07 09:05 | <くつろぎ空間>