ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 03月 ( 18 )   > この月の画像一覧

<捨ててスッキリ> プレゼント引換券

半年くらい、もらおうかもらわないか迷っていたプレゼント引換券、とうとう捨てた。

もらえるのはキャラクターのマルチボウル2個。

このくらいの大きさのスープ用のボウルがあったらいいなーとは思ってた。

付いているキャラクターは好きだけれど、大好きというほどではない。

2個だから、これから二人になって使うにはいいかなと。


でも今、そのボウルがなくても不自由はない。

あってもいいかな、という程度。

その引換券を見えるところに置いて、ずーっと、そう半年くらい考えていた。

もらうかもらわないかって。


もし、本当にこのくらいの大きさのボウルを買うとしたら、乳白色のぼってりした陶器がいい。

絵柄のついていないシンプルなのがいい。


以前、お店でマグカップをもらって(マグカップがあってもいいかなと)、家へ帰って開けてみたら

やっぱりあまり好きな絵柄でなくて。

それでフリマで売ってしまった。

食器をもらって、やっぱり要らないと思って手放すのも一手間かかるもの。


引換券は3月末まで。

今日は30日で土曜日。31日は日曜日。

で、捨てちゃった。


今日もありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-03-30 23:50 | <捨ててスッキリ>

「友」 頼りにしてます

介護の日々が4ヶ月にもなると、外へ出る機会も友人たちと会う機会もぐんと減るものです。

今は孫の誕生も重なって(これは嬉しいこと)、さらにその機会も少なくなり、今年はランチやら同

期会やらもキャンセル。


そんな中、ケアマネをしている友人のyukikoさんからは、介護についていろいろアドバイスをもら

っています。こんなときには本当に心強いし応援してくれます。感謝。


看護士のyokoさんからも病気のこと、入院のことなど教えてもらうことがたくさんあって、本当に

助かっています。感謝。


英語が苦手なので、英語を教えているmituyoさんに英文の翻訳をお願いしました。

どうやってその英文を渡そうかとアナログな私ははたと迷いましたが、今はパソコンという便利な道

具があるじゃあありませんか。その日のうちに素晴らしい翻訳文が届きました。感謝。

いつもだったら、辞書を片手に頭を悩ませているかもしれません。


同期会には行けなかったけれど、私の仕事を宣伝しておいてくれた友人。私が参加しなかったことを

気にかけてくれた人がいたと報告してくれた友人。感謝。



何でも自分でやらないと気が済まないというか、自分でなんとかしなくちゃと気負ってしまう性格だ

けど、今友人たちに頼って自分の弱いところ、わからないところをいろいろと手助けしてもらってい

ます。甘えています。


そして、私の回りにこんなスペシャリストがいることに感謝。

だから私も友人たちの力になれることがあったら、喜んで力を貸しますよ。

辛いときでも応援してくれる人がいるからがんばれる。

本当にありがとう。


これもいつもありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-03-28 23:00 | 「友」

きれいにするモノは、きれいにする(洗濯機)

きれいにするモノは、きれいにする

なんですか~?この意味は?

もう少し詳しく言うと、きれいにするための道具は汚れてきたなくなるから、きれいにしておきまし

ょ、ということです。


今日洗濯機をちょいと見ると、内蓋の回りが汚れているではありませんか。

そうしてその汚れをみていくと、そのさらに回りにほこりが溜まっているではありませんか。

しばらく手入れをしていなかったなーと思いながら拭いていくと、ちょっと臭いが気になって・・・


そして、糸くずフィルターも外してみなくっちゃと取り外して中を開けると、グガーッ、ガガーン

(@_@)(*_*)(>_<)こりゃまた大量のゴミの塊が発見されたのでした。

今のフィルターはネットではなくてケースになっているから、外見にはわからないわけで(汗)

前に開けて取り除いたのがいつだか覚えていないくらい前だったんでしょう。

その大量の糸くずの塊を取り除き、フィルターを洗って元に戻しながら考えていました。


洗濯機は衣類やタオルの汚れを取るものだけれど、その洗濯機をきれいにしておかないことには洗濯

自体が汚いのではと。

洗濯漕の中側には汚れが付着してビロビロが付くから、洗浄剤でお掃除したりはしてますけどね。

洗濯漕を外してゴシゴシ洗いたいですがそうもいきません。


このブログを読んでいるみなさんは、せっせと洗濯機の汚れを取っているでしょうけれど、私はこの

3ヶ月忙しさにかまけて掃除をおろそかにしてきました。

いえ、「こうしてブログを書いているなら掃除しなさい。」とお叱りの声が聞こえました~(汗)


実は昨日、夫がお風呂を掃除してくれて、もう取り除けないと諦めていた汚れをがんばって落として

くれて、気持ちのよいお風呂になったところでした。

お風呂も体をきれいにするところ。きれいにするということは、汚れが落ちてどこかに付くというこ

とですから、お風呂も放っておけばすぐ汚くなってしまいますね。


だから、

きれいにするモノは、きれいにする


以前、友人がこんなことを言っていたのを思い出しました。

「雑巾はきれいにするモノだから、いつもきれいにしておかなくてはいけない。」と。

それは友人のお父様がいつも言っていたことだそうです。


あっ、思い出したわ~。掃除機も掃除しなくっちゃ。


ポチッとよろしく。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-03-27 10:59 | <直してスッキリ>

四日後に引っ越、というお客様

日曜日の朝、電話がありました。

30年以上会っていない知人のNさんからでした。

娘さんが引っ越しをされるので、家具の配置を考えて欲しいというものでした。

ただ、引っ越しが4日後ということでび、び、びっくり!!!

「お住まいは?」と聞くと、なんとその日私が行く予定の場所の近くではありませんか!!!

そんなに急な仕事は受けられないとお断りしようと口まで出かかった言葉を呑み込んで、「行きま

す。」と返事してしまいました。


それから午後、Nさんと会って娘さんのお宅へ。

ご挨拶もそこそこに、いろいろお話を聞いたり、お家の中の家具などを見せていただいたり、採寸し

たりしてきました。

大きな問題点は引っ越しされるお住まいが今より狭くなるということ。

ある程度処分する家具は決まっていましたが、最終的に私にみてもらいたいということでした。


そして、新居も近くにあるというので、早速そこも見せてもらいました。

途中で新居の図面をコピーしてもらい、それに部屋の寸法を書き込んでいきました。


どのように部屋割りをするのか、キッチンの使い勝手はどうか・・・などなど、現場で大体のプラン

を立てていきました。

ここで大事なことはゾーニング(ゾーンを決めること)、動線です。

それから、風の通り道、家具の奥行きや高さによるスッキリ感、スイッチ、コンセント、エアコンな

ど電気との関係などなど、いろいろな条件で考えてみました。


ところが、冷蔵庫、電子レンジ、食器棚の大物を置く場所がイマイチ決まりません。

冷蔵庫置き場らしきところに冷蔵庫を置くと、ドアが反対開きになって使いにくくなります。

調理台側に付けると奥が中途半端に空いてしまうし、壁に付けるとドアを開けてモノが取り出しにく

くなってしまう。

お客様は電子レンジの台(高さ87㎝)を調理台の脇に置いて、補助台として使いたいとの希望。

すると冷蔵庫は別の壁のところで、ドーンと出っ張ってしまいます。


などなど、悩んで3日後にプランの提案。

イマイチ納得がいかなかったけれど、引っ越し当日に立ち会って、家具の配置を確認することにしま

した。


都合で午前中だけしか立ち会えなくて、最後まで確認できませんでした。

その後、家具の配置を多少変えたというメールが届き、う~ん。

それはお客様自身が使うものだから、お客様が納得いくようにすればよいかな。

しばらく生活してみて、また不具合があったらいっしょに考えていきましょうとお返事しました。


本当は引っ越す前にもう少し時間があれば、モノとしっかり向き合って、新しい住まいに持っていく

モノとそうでないモノを分けることができたでしょう。

引っ越しやさんに「欠けている食器を詰めますか?」と聞かれて「入れておいてください。」って返

事してしまったのですから・・・

引っ越した後の整理の大変さを思うと残念でなりません。


それでも依頼をしてくれたことに感謝。

時間がなくてもよい提案ができるように、私ももっと修行をしなくちゃ。


後日談

お客様の友人が新居に来て、あちこちにある段ボール箱をどんどん押し入れに詰め込んでしまったと

のこと。

ますます、大変だわ~


ポチッとよろしく。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-03-25 10:49 | ゆうゆう素敵工房

「遊」 もっと花を楽しむ

前々回のブログに載せた、yumiさんからもらったお花さん。

暑さのせいか、ついにアネモネが空中分解しました。

でも、まだ残っているお花さんたちを、別の小さな花瓶にお引っ越し。

a0197173_18425641.jpg


カランコエ、ショカツサイ、パンジー

一回り小さくなったけれど、まだまだ楽しめますね。


一輪というか一輪の中の一花?

a0197173_18453674.jpg


ハート型の小皿に浮かべてみました。


傷んだところを取り去って、大丈夫なところをこれでもかって最後まで飾ってあげたい。

そんなふうに考えているから、モノがいつまでも捨てられない私。


例えば布。

布が大大大好きだから、どんなに小さな切れ端でも捨てられない。

形が変形でも、そこから3㎝とか4㎝とか5㎝の正方形を切り取ったり、正方形が取れなければ三角

形を切り取ったり、細長いのも大事大事。

これもしつこく、とことん使いきりたいのよね。花と違って枯れないし。


こうしていつまでも、「まだ使える。まだ使える。」って言っているから貧乏性だわ。

それでも、一生懸命咲いた花だから、やっぱりとことん楽しみたいわ。


ポチッとよろしく。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-03-22 19:08 | 「遊」

<くつろぎ空間> ゆっくり創る ほっこりインテリア

春の日ざしを浴びて、窓の外に見える桜がついに開花!!!!!

例年になく寒かったのに、開花は例年になく早いとは。

寒い冬にはほっこりインテリアを、なんて言っていたのに今日は暑いくらいです。


昨年、新居に移られたSさんから、照明やカーテン、家具などどうしたらよいかかと相談されまし

た。

それではと、「片づく家の創り方」をまず聞いてもらい、それから「スッキリ ほっこり インテリ

ア」「お片づけレッスン」と連続してセミナーに参加してもらいました。

その中で色と照明、家具の購入、整理収納・・・のことを話しました。

Sさんからその感想をいただきました。


~計5回のインテリアレッスン、どうもありがとうございました。
 
 照明のことをお電話いただいたことに始まり、納得のいく家具を自分の足をつかって見に行き、決
 
 めることの楽しさ、大切さ(ソファーを通販で買わなくてよかったです。)、買いたいダイニング 
 セットを新聞紙で大きさを創り置いてみたり、素材や色を大切にしたカーテン、季節のインテリア 
 の楽しみ方を知ったり、我が家では寝ジャーがすぐ手に届くところにあり、頻繁に使われていた  
 り、買い物のときに、しまう場所を考えてから買うようになったり。
 
 生活の中に「あ、これ、この前インテリアレッスンで教わったからだ」というものがじわじわと生 
 きてきています。

 でもなんといっても伊藤家のお部屋のほっこり感や、様々なアイデアが一番勉強になりました。
 
 「へー、すごい!」がたくさん!!!

 我が家もほっこりめざしてがんばります。ありがとうございました。~


うれしいですねー。ちょっとの気づきが次の気づきを生んで、少しずつ暮らしが心地よくなっていく

様子がとてもよく伝わってきました。

Sさんは車を使わずに小さいお子さんを連れてインテリアショップに行ったそうです。だから、時間

をかけてじっくり吟味し、そうして買ったソファーが大のお気に入りになって、そこにソファーがあ

るだけで幸せを感じるようになったと言っていました。

家具を買うときには、「同じ面積の新聞紙を床に置いて、大きさを確認するといいですよ。」と話す

と、即実行してくれました。


インテリアは一日にして成らず、ということかな。欲しいと思ったらいろいろ考える、いろいろ探

す、いろいろ試す。中には失敗もあります。

そうして時間をかけて自分、いえ家族がくつろげる空間を創っていけばいいんです。

そんな思いがたくさん詰まってほっこり感が増していくのだなーと、窓の外の桜をみながら思ってい

ます。


ポチッとよろしく。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-03-19 11:07 | <くつろぎ空間>

「優」 「もったいないから もっといいなへ」

a0197173_1010567.jpg

「もったいないから もっといいなへ」


これは私のリメイク、リユース、リペアのテーマ。

「もったいない。」だからリメイクして「もっといいな、素敵!」にという意味と

「もったいない。」というところから「もっといいな。」というところへ気持ちをアップすること。

そんな意味を込めました。


今までのリメイク作品をまとめたものを見てもらいながら、先日はしばしリメイク談議。

我が家に来てくれたmayukoさんからは、だ~い好きな土佐文旦を、
a0197173_106897.jpg

今年は買わなかったので、うれし~ぃ。

グリーンフィンガーのyumiさんからは、庭のお花をコーディネートしたブーケをいただきました。
a0197173_101088.jpg

いつもながら素敵。春の香いっぱい。


どんなモノをリメイクしたかというのは、ブログの<ちょっとリメイク><もっとリユース>をご覧ください。


まあ、手作り大好きな3人であれこれワイワイ。mayukoさんは裂き編みに興味を持ったようで、要らなくなった衣類で編んでみようかなと。

一人で考えるよりみんなで話すと、いろいろなアイデアも浮かんできますね。


今私が作っているのは、古いワイシャツで作っているヨーヨーキルト。白いキルトのカーテンをトイレ用にと思ってチクチク。

できあがったらアップします。って、いつになることやら(汗)


洋服、あるいは着物が捨てられないというのは、「もったいない」という理由がとても多いもの。

リサイクルショップで引き取ってくれるものは、デザインが売れるもので、シミや擦り切れがあったら引き取ってはもらえません。

シミだけ、擦り切れだけのことならあとのところを使って何かにすれば、「もったいない」という気持ちもなくなりますね。


まだまだ、ファイバーリサイクルのことも調べていきたいと思ってます。

わかったらみなさんにも情報提供しまーす。


ポチッとよろしくね。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-03-18 10:31 | 「優」

「悠」 エコバッグのマチは広いに限る

私の愛用しているエコバッグをご紹介します。とにかく使いやすいので。

ローラ・アシュレイのもので、もう5、6年、それ以上かな?使っています。
a0197173_233345100.jpg


地はナイロン?で底のところが綿。いろいろなバリエーションがあるけれど、みんな花柄。

どんな服にも合うかなと、ベージュにしました。

ちょっと横長ですが、実はたっぷりのマチがついていて、中身を入れるとこんな具合に。
a0197173_23364854.jpg


(上の写真は蛍光灯の下、下の写真は白熱球の下で撮りました。何という色の違い)

お弁当を入れたところです。ガッツリ横に入ります。しゃぶしゃぶ用のお肉だって偏らない。

ある時お店で「これに入れてください。」ってエコバッグを広げたら、お店の人も感心してました。

平に入れられるって。

そして、本当にたっぷり入るんです。マチが広いから。

それで「ローラ・アシュレイのです。」って宣伝しちゃったけれど、別にリベートもらってません。


縦に二本、スジが付いているでしょ。使い終わったらこのスジの所で折って、パタパタっと畳んで
この袋に入れます。
a0197173_23421969.jpg


入れたらすぐにバッグの中へ。ここが定位置。


というわけで、今夜は東横線、東京メトロ副都心線相互乗り入れ開通記念弁当を買ってきました。

って、これは鉄ちゃんの息子用です。


使い込んできたので、持ち手のところと角がすり切れてきてしまいました。

持ち手は綿テープを縫いつけて補強したけれど、角は・・・

同じものを買うか、はたまた型紙を起こして同じ形のバッグを手作りするか・・・ということで、
どうしようか悩んでいるところです。


ポチッとよろしくね。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-03-16 23:55 | 「悠」

「煩悩品」さよならキャンペーン

「煩悩品」というキーワードに目がテンになって、ストーンと心に落ちていきました。

「煩悩品」とは、整理収納アドバイザーのりたさんが考えたもの。

私が考える「煩悩品」とは

  『それを所有することにより、心地よい暮らしの妨げになったり、イライラしたり、

   悩んだりしたりする元凶となるモノ』

といったところでしょうか。

そこで「煩悩品」さよならキャンペーンを始めることに。

煩悩と同じ数、108個を手放すことを目指します。


一応ルールを考えてみました。

   ○手放すモノは、自分にとって煩悩品だと思えるモノ。
    明かにゴミとして捨てるモノは除きます。持っていることで心地よさを妨げるモノ、
    使いにくくてイライラするモノ、捨てようかどうか悩んでいるモノ・・・などなど

   ○手放すというのは捨てることでなく、自分の家から出すこと。売ったりあげたりしても
    よい。使い切るのもよい。

   ○期限は今年いっぱい。

   ○手放した日と煩悩品を記録しておく。手帳などいつも目にするところに書くようにする。


っていうところでしょうか。


例えば紙袋。中身を運んでそのお役目が終わったら捨てるなら、それは煩悩品ではないですが、紙袋を溜め込んで溢れてきたり、美観を損なったり、邪魔になったりしていたらそれは煩悩品。

まあ、そんな感じで「煩悩」だと思ったらカウントしてください。


ちなみに私は手帳にこんなふうに記録。
a0197173_9262937.jpg


大好きだった欠けてしまった小皿(涙)と、本来だったら障子紙貼った後捨てるべき残りの紙、どこかで使おうと取ってあったけど忘れていたものの2点。

書くというのは見える化です。いくつ手放したか、あといくつかってわかると励みになるでしょ。


キャンペーンに参加される方、できましたらコメントに書き込んでくださいね。

私は時々、途中経過を報告します。

では、あと106個目指しまーす。


ポチッとよろしくね。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-03-14 09:45 | 整理収納アドバイザー

「優」 どんな基準で服を買う?

やわらかい春の日ざしを感じる季節、店先にも春らしい色のお洋服がたくさん並んでいます。

ピンクやクリームなど、春っぽい色を見ると何だかウキウキ、新しいお洋服が欲しくなってしまう。

きっと皆さんも、この春の一着を買ったりしているかもしれませんね。


では、服を買うときはどんな基準で買っていますか?

もちろんどんなときに着るかということ。お呼ばれ、仕事、カジュアル・・・

もちろんデザインが気に入らないとね。

そして、お値段。これは人によって基準が大きく違うところもあるけど、○○ブランドとユニクロを組み合わせるなんていう面白さもあるかな。

それから着られるかどうか。スカート、パンツははいて確かめるけれど、トップスも着てみないと。
若向きの服は二の腕が入らないってこともあるので(汗)


買うときには服を胸のところに当て、鏡で顔写りがよいかどうか確かめることがありますね。

あれはとても大事。自分に似合うかどうか、顔が生き生き見えるかどうか、自分を素敵に見せてくれるかどうか、これが一番じゃないですか。

昔、「素敵な色!」って思って買ったニットの服が、着てみたらなんだかパッとしない。着ていても似合わない気がしてきて、結局友だちにあげてしまったことがあるわ。

それは私に似合わない色だったのね。


パーソナルカラーを診断してもらったことが2回。一度目は秋のタイプ、二度目は春のタイプと出ました。

そうしたら思い出したことが。これも昔、思い切ってサーモンピンクのスーツを買いました。それを来ていると「生き生きして見える。」とよく言われたんです。

もう一つ、肌が黒かったのでオレンジをよく選んでいました。

今考えると、それはパーソナルカラーだったのでした。


そう考えるようになってお洋服を買うときには、どんなに素敵な服でも、まず自分に似合う色かどうかで考えるようになりましたね。

そうやってお店を覗いてみると、春、秋タイプを揃えているお店、夏、冬タイプを揃えているお店というのがわかるようになりました。


さて、そんな私のタンスの引き出しはというと
a0197173_94370.jpg


写真では色がうまく伝わらないけれど、こんな感じです。

そして、こうやって服の丈を4~5等分して立てて収納。どんな色を何枚持っているか一目瞭然。

ついでに言いますと、引き出しにしまうときには右側から。すると着ない服は自動的に左側へ。
新しい服を買ったら、一枚さようなら。いつも引き出しには同じ数くらい入っているようにします。


お洋服を買って、「きつい~。」「似合わない~。」「イマイチ~。」と思っても、一度手にした服はなかなか手放せないもの。

そんなタンスの肥やしを増やさないためにも、パーソナルカラー、自分に似合う色を探しましょう。


ポチッとよろしくね。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-03-13 08:39 | 「優」