ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

「友」 4人の「ひろこさん」に会った

昨日は私と同じ名前の「ひろこさん」に、なんと4人も会いました。


まずお一人目はインテリアコーディネーター、整理収納アドバイザーの「浩子さん」
テレビでも雑誌でも活躍し、本も何冊か出している憧れの方。
昨日のセミナーの主催者です。


二人目の「ひろこさん」は、昨日のセミナーの講師の方。
この方は私と同じ「寛子さん」です。
やはり本を出されていて、最近では『キレイになる部屋、ブスになる部屋』という
興味津々のタイトルの出版をされています。


三人目の「ひろこさん」は「洋子さん」で、
私のお隣に坐っていた方です。


20人足らずのセミナー会場に
4人もの「ひろこさん」が集まったということもちょっとビックリ。


さて、四人目の「ひろこさん」は・・・
帰りに立ち寄った本屋さんで、ふと手にとった雑誌『ku:nel』
この巻頭特集の一番始めに紹介されていた方が、これまた「寛子さん」



と言うわけで、1日に4人の「ひろこさん」に出会ったのでした。


少し前に仕事で知り合ったライターの方も「寛子さん」

不思議なことに整理収納アドバイザー仲間にも、たくさんの「ひろこさん」がいます。


もしかしたら「ひろこさん」ってお片づけが好きな人が多いのかしらね?
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-07-31 11:38 | 「友」

ここまで2年 「ゆうゆう素敵工房」 これからも

ちょうど2年前の今頃、友人知人に
ゆうゆう素敵工房を立ち上げました。」という暑中お見舞い兼お知らせを出しました。

インテリアコーディネーターになってから仕事らしい仕事はしていなくて、
その後、キッチンスペシャリスト、福祉住環境コーディネーターなど資格は取ったものの
これもなかなか活かせなくて・・・

そんな中で見つけた整理収納アドバイザーという仕事に
「これだー」と進む道がしっかりと見えたのです。


この資格を取ったのがちょうど3年前でした。


ちょうどその頃、初めての仕事が舞い込みました。
なんとそれは、友人の妹さんが家を建てるので、間取りを考えてほしいというものでした。

家を造るということの一番中心の仕事を頼まれるって、なんてラッキーなんでしょう。
購入済みの土地を見に行き、依頼があってから短期間でプランを作りました。
整理収納アドバイザーとして収納と使い勝手、
コーディネーターとしては風通しなどにこだわりました。


次に入った仕事は、新築中の知人のご相談。
ギリギリでプランの変更ができ、喜ばれました。
引っ越し後の押し入れ収納などもさせていただきました。


といっても、なかなか仕事は軌道に乗りません。

お隣さんをモニターにお願いして、自分の力を試したり、時間の目安を見たり、
ここでたくさんの修行をさせてもらいました。
そして、全てを記録してまとめ、その後の営業に活かしています。


2年前にお知らせを出してから、ぼちぼち仕事の依頼がくるようになりました。

整理と収納、そしてインテリアをコーディネートして、
お客様が不満だったお部屋が素敵になり、好きになっていただけることがうれしくて。

新しくマンションを購入したお客様のところでは、
家具の選定と購入、設置も行いました。
小さい棚はDIYで作りましたよ。

ちょうど1年前からはコジマジックさんのお仕事も手伝うようになりました。

セミナーもカフェや工務店を利用して行うようになりました。

引っ越す前からの整理収納、病院の5S活動のサポート、家具のプロデュースなどなど
仕事のジャンルも広がりました。


これからもお客様に喜んでいただけるように、
整理収納でお家をきれいにして居心地よくすること、
暮らしやすいお家をプランニングすること、
ずーっと長く愛着の持てる家具を選ぶこと、
お客様に片づけ力をつけていただくためのセミナーをすることなどなどを
これからもやっていきたいと思っています。


ゆうゆう素敵工房」、3年目に入ります。
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-07-30 09:24 | ゆうゆう素敵工房

「遊」 高校野球決勝戦を観戦

今日は珍しく家族全員の休みが重なったのと、
高校野球神奈川県大会の決勝戦の日だったので、
夏の球児たちの活躍を見ようと、揃って出かけました。

家族で野球観戦は初めてのこと。
チケットは外野席にして、3人で900円也。


1時から開始なので、その前に近くの中華街でランチ。
ランチはことのほか安くて、定食は700円~。

まあ、暑いからビールを昼間っから一杯。
ご飯はおひつにいっぱい入っていたけど、
我が家の男性軍は全部たいらげました。
デザート、コーヒーまで付いて、全部で3100円也。


さてさて、スタジアムは外野もほとんどいっぱいで、やっとこさ3席を確保。
一応一塁側の横浜高校の応援を。

さすが180校あまりを勝ち抜いてきた2校は互角の戦いでした。

夏とはいえカンカン照りではなく、風が心地よく、高校生の好プレーに一喜一憂。
真剣にプレーする姿と応援団の声援は、テレビとは違う迫力です。
エネルギーをもらって、なんだか若返っていくような気がするわ~(^_^)

試合は1対1の同点で延長戦に。
最後は横浜高校のさよなら勝ち。


ここまできたら最後まで見ようと、
閉会式と選手退場でグラウンド一周する姿に拍手を送りました。
「栄冠は君に輝く」を聞くと、うるうる来ますねー。


家族3人、お腹いっぱいになって、試合を楽しんで、しめて4000円とは安い!


これからは甲子園が舞台です。

まだ行ったことはないけれど、高校球児たちのパワーを見にいきたいなー。
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-07-29 20:26 | 「遊」

「悠」 涼しさはカラーから

あっという間に七月も終わりに。
(毎月、そう思っていますが)

気が付けば、さくらんぼの季節が過ぎ、
店頭には桃やスイカといった、夏の果物が顔を揃えて並んでいます。

今年はずいぶんさくらんぼを食べました。
食べるのは今っきゃないってな感じで、毎日のように食べていました。


そんなさくらんぼの季節は終わりだというのに
あれれれー、ブログのスキンはまださくらんぼ、
しかも黄色ではないですか!


色は様々な感情や感覚と深く繋がっていますよーって言ってきたのに・・・
部屋の中は夏のカラーにお色直ししたというのに・・・


毎日このブログを読んでくださるみなさんに、黄色い暖色を見てもらうことになって
暖かさを感じさせてしまってました。


そこで本日スキン変更。
さわやかなミントグリーンにへ~んしん///


やっぱり~(*^_^*)
涼しく感じるわ~


みなさんにも少しは涼しさを届けられたかしら?
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-07-29 09:42 | 「悠」

くつろぎ空間クリエイター

これが私のキャッチコピー。


インテリアコーディネーターの学校に通っているとき、
私の知らない世界をたくさん見ました。


センスのよいデザイナーズチェア、深い光沢を放つ外国製のカーテン、ハイテクなシステムキッチン・・・

でも、一窓で何万円もするカーテンだと一軒で何十万円!
広くて豪華な設備のキッチンは何百万円!!

みんなとっても素敵だけど、私の適正価格からは遙かに上の方、目の玉が飛び出る~


そんなインテリアの世界に自分を近づけるのでなく、
手頃な家具やカーテンでも素敵にできる、
庶民のインテリアコーディネーターになりたいと思うようになりました。


しかし、現実はインテリアどころではなく、
部屋にはモノがあふれ、引き出しの中はゴチャゴチャ、
扉をあければ雪崩のようにモノが落ちてくる・・・ということも目の当たりにしました。


カーテンを替えるだけでも、お部屋はとっても雰囲気が変わります。
でも「替えましょう」という前に、部屋を片づけることがまず必要です。

しまうところがない場合には、収納場所を作ります。
収納場所があっても使いにくい場合には、棚を増やしたり棚を動かしたりします。

持っているモノの中から、本当に使うモノだけを収納します。
使わないモノは、他の場所で活かしたり処分したりします。


そして最後に、照明で仕上げます。
お客様の持っている照明をコーナーに置いて、明かりを点けると
なんということでしょう!居心地のよい、くつろぎのコーナーができあがります。


そうやって、持っている家具の配置を変えたり、モノを片づけたりするだけで
素敵な部屋にすることができるのです。



「くつろぐ」という言葉を辞書で調べてみました。
「ゆとり」「ゆるい」「ゆったり」と出てきました。

これは、私の主宰するゆうゆう素敵工房のコンセプトと一致します。


くつろぎ空間クリエイターとして、創り出していきたいモノやことがたくさんあります。




整理収納アドバイザーの中から仕事に関するものを<ゆうゆう素敵工房>として分けましたので、よろしくお願いします。
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-07-28 10:46 | ゆうゆう素敵工房

私のキャッチコピーは?

「孤高の戦士」
「涙が止まりません」
「めだたなくてもがんばります」

ってなことが私のキャッチコピー???

というのは、ネット上でやってみたキャッチコピー診断。
名前と性別を入力してクリックするだけ。

うーん、「めだたなくてもがんばります」
これは当たっているかも。


これはさておき、整理収納アドバイザー仲間でも、
自分の名前にちょっとしたキャッチコピーを付けたり、
整理収納○○とか収納○○、片づけ○○とかとうたっている人が増えてきました。


資格はいろいろ取ったけれど、今自分の柱にしているものでと
インテリアコーディネーターと整理収納アドバイザーを前面に出しています。

かといって、ICの方はまだまだ実績が伴わないし、
かといって、整理収納だけでなく、その先の素敵な空間まで提案したいし・・・



そこで考えました。
「くつろぎ空間クリエイター」

くつろぎというのは私の名前「寛」が「寛ぐ(くつろぐ)」と読むことから、
空間はエクステリアも含めて、インテリアも整理収納も全て三次元の空間、
それを心地よい空間になるように創っていくということから。


そういえばクリエイティブなことが大好きで、
それは縫い物にしても工作にしても絵画でも・・・(お料理はちょっと苦手だけど)
何かを作り出すことをずーとやってきたわねー。

だから、これを私のキャッチコピーにしましょ。


「くつろぎ空間クリエイター」

く、く、くと調子もいいし。
      (くっくくっく~♪ くっくくっく~♪ 青い鳥~♪♪♪・・・なんて古いねー)
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-07-27 09:37 | 整理収納アドバイザー

<mo・no> 木のへら

やっぱり若い頃から、自然のものがすきだったのね。

この木べらたちとも30年以上つきあっています。
特にお気に入りは、この3本。
a0197173_10485564.jpg


左の大きな木杓子は、本来ならば鍋物で使うもの。
で、我が家ではほとんどカレー用になっています。

木でできているから、かき混ぜても野菜が煮くずれしにくいんです。

縁が薄かったところがぶつかって欠けてきても、それを小刀で削って使っています。
ということは、一回り小さくなったってこと。



真ん中のへらは、とにかく炒めるときの使いやすさ抜群。
写真ではわかりにくいけれど、少し湾曲しています。
先の方も斜めになっているから、使いやすく、出番が多いですね。


右の小さい木杓子は煮物の時に使います。
これはかなり昔に何本も買って、プレゼントしてきました。



今はカラフルな調理道具やステンレスのプロっぽいのもたくさん出回っています。
それでも、木の感触や食材への当たりを考えると、
やっぱりこれが一番。


先日、実家でフライ返しを100均で購入。
ところが一ヶ月くらいで、もう柄から先がスポンと抜けてしまったんです。
いくら100円とはいえ、これはひどい!


長年連れ添った愛用の調理道具は自分の手のようなもの。
そんな調理器具を、なんとなくとか安いとかで買うのでなく、
納得のいくものを探してずーっと大事にしていきたいものです。
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-07-26 11:08 | <mo・no>

整理・収納本は一人一冊

「収納」とか「整理」とか「整える」とかの文字を見ると、ウズウズ、すぐに反応してしまいます。

そんな本が並んでいるコーナーはちょくちょく覗きますね。


仕事がらいろいろな整理収納の仕事をしている方たちの考え方を知ることも必要と、
できるだけ読むようにしているんですが・・・

そのためには
・図書館で本を借りる。
・本を買う。
・本を立ち読み(すみませーん)

それで自分のルールを決めました。
文庫本ならば、一人につき一冊は買ってよいとするというもの。
文庫本ならば小さいということと、大きさが揃っているということで。

最近では「断捨離」も文庫本が出たので購入。


そんな我が家の文庫本のコーナーには、たくさんの整理収納関係の本が・・・
誰か読みたい人に貸してもいいと、取りそろえてあります。


その中の例外が、町田貞子さんと辰巳渚さんの本。
辰巳さんのはこのルールを作るずーっと前に買ったということと、
町田さんのはやっぱりその内容の高さと濃さ、
これからも勉強させていただきますということでです。


今までも図書館ではずいぶん借りました。
それでも、「整理収納ブーム」といわれている昨今、
あとからあとから新しい本が出てきます。

整理収納アドバイザーの仲間の出した本や、お手伝いした雑誌なども少しずつ増えてるなー

まあ、その分要らなくなった本を追い出しているから、まいっかー。



最近では長谷部誠さんの「心を整える」に反応してしまって買ったけど、
読み終わって売ろうと思ったら・・・汚してしまいました。
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-07-25 09:23 | <整理・収納>

<パッチワーク> 夏の女子会

またまた、夏のお集まり。

この女子会のカテゴリーを好きなこと楽しみなことの「遊」にするか
気の合う友人たちと集まる「友」にするか、
はたまた、パッチワークにするか・・・

悩むほどのことはないけれど、
その多くの時間を使っているから<パッチワーク>に入れました。



さて、昨日は連日の暑さも一段落して、
エアコンも扇風機(これだと布が飛んでいってしまう!)もなし。

それでも、いつものランチは夏バージョン。a0197173_1148416.jpg

メニューは
・冷やしうどん
・夏野菜のゼリー寄せ
・蒸し鶏のサラダ
・夏野菜の即席漬け
・チーズスティック
・ゴーヤのお浸し


そして、いつものように
食べてからが本番です。


a0197173_1152217.jpg



   これはyumiさんが
   完成させたキルト。
   大震災の被災地にお嫁入りするか、
   義援金に代わる予定です。


今回の目的は、NHKすてきにハンドメイドのパートナーシップキルトに出す作品を作ること。

そのテーマは「三角と四角」
ハッチワークの基本の形、三角と四角を組み合わせたパターンを
あれにしようか?、これにしようか?と迷います。

私以外はもうパターンを決め、次に布の組み合わせ考えます。

a0197173_120107.jpga0197173_1202384.jpg








こうやって布をいろいろ探す時間は、私にとって至福の時。
組み合わせを考えることが、とっても楽しい(*^_^*)

それにしても、こんな布のデザインを考える人がたくさんいるんだなーと
感心してしまいます。


それはさておき、私はまだパターンが決まりません(?_?)


おやつの時間も忘れて(^_^)夢中になっていました。a0197173_1244577.jpg


いつも庭先に咲いたお花を
こんなふうにコーディネートして
持ってきてくれるyumiさん。

バラの香りに癒されます。



さあ、こうはしていられないわ。
三角と四角のパターンを
決めなくっては(*_*)
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-07-24 12:12 | <パッチワーク>

家具を買いたいんだけど

先日、友人から「テーブルと椅子を買いたいんだけど、どんなのがいい?」と聞かれました。

そんなー、いきなり○○がいいよ、なーんて答えられません。

洋服を買うにしても、それがジャケットとかスカートとかは決まっていても、
どんなときに着るの?どんな色が好きなの?とか、予算はいくら?とか
その条件についていろいろ決めていかないと、なかなか選べません。

家具も同じです。

例えばテーブルの場合、
・材質は、木?石?金属?ガラス?
・形は、正方形?長方形?円?楕円?変形?
・大きさは、2人用?4人用?6人用?
・色は、ダーク?ナチュラル?白?
っていろいろありますね。

その一つひとつを、あんなのがいいかな?こんなのがいいかな?と
写真を見たり、お店屋さんで実際に見たり触ったりしながら、
自分の好みや自分の家に合うものを少しずつ絞っていくのです。


洋服だったら試着ということができますが、家具はそうはいきません。

そんなときに必要なことは採寸です。

まず、その家具を置く場所の広さ、幅や奥行きや高さをきちんと測ります。
1㎝でも家具が大きいと、入らない~という悲劇が待っていますからね。

もちろん家具の採寸も大事です。

それから家具を置いたときをイメージします。
・こうやって置くと圧迫感はないかな?
・家具の存在感は強すぎないかな?
・他の家具とのバランスはよいかな?
などなど、置いたときの様子をイメージするのです。


それから、買いたい家具をどう使うのかも考えます。
・子どもが小さいから汚しても気にせず、また新しくするつもり。
・一生ものの長持ちする家具がほしい。
・機能よりとにかくデザイン、これを置きたい。
・やっぱり使い勝手のよいもの。とことん使うつもり。
などなど、その使い方によって選ぶ家具も違ってきます。


それから予算、これがなくては始まりません。
・手頃な価格のものを買って、壊れたらまた買う。
・高いけれど、一生使いたい。
・システム家具のように、お金ができたら買い足していきたい。
などなど、家具とのつき合い方も含めて考えます。

家具を買いたいと思ったら、面倒でもまずいろいろな条件を整理してみてください。


「よい家具というのは、時間が経つにつれて味わいが出てくるもの」と、
何かに書いてありました。

そのような家具は、使う人に寄り添ってくれます。
その家具を使うときはもちろん、眺めるだけでも、幸せな気持ちになれます。


なんとなくとか間に合わせで買うことは、できるだけ避けたいものです。

お気に入りの家具をぜひ見つけて、幸せになりましょう。
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-07-23 00:00 | ゆうゆう素敵工房