ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

親の背中を見て育つ?

娘と買い物に行った。

5000円以上買うと○○がもらえますとのこと。

娘「それ使わないから要りません。」って断っていた。



息子の洗顔フォームを娘が使った。

そのあとで、「姉さん、ちゃんと元の場所に戻しておいてくれよ。」



なんだか私がいつもしていること、言ってることみたい。

ちゃんと見てる、聞いている。
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-04-30 18:22 | 整理収納アドバイザー

「もったいない」から「もっといいな」へ

リメイクにはまっています。

今まで<捨てずに活かす>というくくりで書いてきたものを

<ちょっとリメイク><もっとリユース>に変更します。(カテゴリーもリメイク)



買ってきたものにちょっと手を加えて素敵に変身させる、というリメイクもあります。

ユニデコ、シマデコという言葉もあるくらい流行っていますね。



去年、フリーマーケットに参加したとき、不要品を売るだけでなく不要品を作り替える、

つまりリメイクしたモノを写真に撮りファイルにて紹介しました。

といっても、あまり関心を持ってくれた人はいなかったんですが・・・はい。



そのときのタイトルが

   「もったいない」から「もっといいな」

       ~捨てる前に、ちょっとリメイク、もっとリユース~

というものです。


本棚やテーブル、椅子などの家具もリメイクしてきました。

そんな「もっといいな」になったモノたちの紹介も15作品ほどになってきました。



特に木でできたモノ、布でできたモノ、毛糸でできたモノ、紙でできたモノ、

自然からできたものはもう一度活かしてあげたいと思ってしまいます。


木は育つのに長い時間がかかります。

布(特に木綿)は綿花を育て、つみ取り、糸にして、織って、染めて・・・やっと素材として完成します。

毛糸も羊を育てて毛を刈り取って、紡いで糸になります。

紙も元は木、その木を切って、砕いて、漉いて・・・やっと紙になります。


工場でアッという間にできるものと違って、たくさんの空気や水、土があって、人の手を通して、

長い時間をかけて作られた自然の素材からできているモノたちは、

本当に愛おしいものたちです。



だから、なかなか捨てられない。

もったいない。

でも、とっておくだけでは不要品になってしまいます。



そこで、<ちょっとリメイク><もっとリユース>となるわけです。

そんなに丁寧に時間をかけてなんかいられない、と言う方にも、

<ちょっとリユース>でもう一度モノたちに活躍してもらえば、

「捨てる」という心苦しさもなく「ありがとう」「さようなら」が言えるんじゃあないかしら?


そんなあれこれを紹介していきますね。
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-04-29 11:05 | 「優」

「遊」 きれいな薔薇には・・・棘がない

連日の強風がやっと治まりました。

それでも今吹いている風で、木の葉はゆ~らゆ~らと陽光の中に揺れています。


いつもより2週間ほど遅いかしら a0197173_1149425.jpg

やっとモッコウバラが満開になってきました。

淡いクリーム色の花は小さいけれど、

こんなふうに集まって咲くので、

満開の時はとっても華やかです。

a0197173_1034761.jpg


香りはさほどありません。

蔓性でフェンスを這うように伸びていきます。





a0197173_11542669.jpg


この家に越してきて15年、こんなに大きく、でなく長くなりました。

元はたった1本で、大木になりつつあります。


ここに来るまでモッコウバラを知りませんでした。

ガーデニングを依頼したリンゴ園さんという業者さんが植えてくれました。

今でははあちらこちらで見かけるようになりましたね。


本当にかわいい花です。

私のようなずぼらガーデナーにでも育てられます。ハイ(*^_^*)


「きれいな薔薇には棘がある」って言いますが、

この薔薇なんと棘がないんですよ


桜が終わるとモッコウバラ、もう少しするとジャスミン・・・

季節の移ろいを花たちが教えてくれます。
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-04-28 12:12 | 「遊」

「遊」 ラッキーセブン

a0197173_9215659.jpg何も考えずに買い物をして、

合計額が777円になることがたまーにあります。

ほかの数字、例えば555円とか888円とかだと、




あまりうれしい!とまではいかないのに777の三つ並びはなぜかうれしいもの。

ラッキーセブンと言われるわけですね。

思わずレジの人にも「あらっ、ラッキーセブンだ。」なんて言ってしまいます。



この10日間の間にもう一つありました。a0197173_9251042.jpg

それはなんと四つ並び。

ちょっとビックリ。

ぞろ目賞とか出るとうれしいなー。




ところで、同じ数字が並ぶと、なぜ面白いとかあらっと気になったりするのでしょう?

2222も1385も確率としたら10000分の1。

何か同じモノが並ぶと目を引くものがあるのかしら?

数字だけでなく、形や色や模様、同じモノが並んでいると、

それも三つ、四つと並ぶと、そこには何か別の印象が顕れるみたいです。



それでも333や666よりは777。

ラッキーセブン、うれしくなります。
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-04-27 09:45 | 「遊」

「優」 家電の数を数えてみる

節電、節電と言われて、3月からエアコンをつけず、リビングに家族が集まり、玄関の外灯もつけず

自分では結構節電をしてきたつもりです。

3月10日までの電気使用量は516kw、3月11日から一ヶ月間が351kwでした。

冷蔵庫はそのままだから、この差がエアコン、照明などの電気使用量といえるでしょうか?



さて、そこで我が家にある家電は一体いくつあるのかと数えてみたくなりました。

照明器具を除いての数です。

○ リビング・ダイニング   テレビ、ビデオデッキ、DVDプレーヤー、CDプレーヤー、エアコン、

                 ホットカーペット、パソコン、プリンター、空気清浄機

○キッチン           電子レンジ・オーブン、トースター、炊飯器、冷蔵庫、電磁調理器
  
                 ハンドミキサー

○和室             なし

○洋室1            エアコン、オーディオ関係いろいろで数えきれない

○洋室2            温風ヒーター、パソコン、ゲーム

○洋室3            温風ヒーター、扇風機

○洗面所            洗濯機、アイロン、ドライヤー

○その他            チェーンソー、掃除機


調べる直前にもらわれていった石油ファンヒーターがありましたっけ。

あまりないと思っていたけれど、結構ありました。

これって多い?少ない?

以前地デジの調査に来た人に、テレビが1台とは珍しいと言われました。

テレビ1台は我が家の主義です。


家電と言わなくても電気を使うものもありますね。

             お風呂を沸かすスイッチ、携帯、電話、インターホン、換気扇、デジカメ、便座

それに当然、照明が加わります。

電気でなく電池を利用するラジオなどもありますよね。


去年で一番電気使用量が少なかった10月は247kwでした。

これだけ家電があっても使わなければ節電ですから、

我が家としては250kwをめざせばいいのかしら?
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-04-26 09:54 | 「優」

<捨てずに活かす> 洗剤の箱で小物入れ

この頃、リメイクにはまっています。


というか、昔からお金をかけずに、あるものを工夫して何かを作ることは大好き。

けれど、リサイクルで牛乳パックを漉いてハガキを作ったときに、これはエコではないと思いました。



あの牛乳パックでハガキを作る作業は、水や電気(ミキサー・アイロン)を使い、

たくさんの手間がかかりましたよ。

葉っぱや紙を挟んだり、色を工夫したりするのは楽しかったけれど、

もう二度と作るまいと思った次第です。


今、私のやっているリメイクは、必要だから、使うからと言う理由で、

捨てられるモノを使って作っています。

そこで、今回は娘から頼まれた小物入れを洗剤の箱を利用して作りました。

a0197173_8133171.jpg


水玉と無地の組み合わせで、境目にレースを付けました。a0197173_8205952.jpg

蓋にはキルト芯をはさんで、

ちょっとふっくらさせました。

中には紙、縁にはリボンを貼りました。

蓋と本体は縫いつけてあります。


洗剤の箱は大きさが手頃で丈夫。ずっと同じモノを手に入れることができるので、

使い終わってもなかなか捨てられません。

今回も「作って」と頼まれても「OK」ってストックしてあったものをすぐに使うことができました。

a0197173_8221794.jpg
    これは以前作ったもので、持ち手が付いています。
                               
    今は孫の手提げ鞄になったり、おもちゃ入れになったり。



                                            
    洗剤の箱は小物入れにピッタリです。
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-04-25 08:35 | <ちょっとリメイク>

<直してスッキリ> 洗濯機のふた

スッキリするのは要らないモノを捨てることだけではないって、さっき思いました。

それは、こんな些細なことです。



洗濯機が働いているとき、その音を聞いた夫が「ふたがガタガタいってる音が気になる。」

と言いいました。

「ふたがちゃんと閉まってない。どこかに部品がなかった?。」と言ったのでピーンと来ましたよ。


少し前に小さな部品を見つけて、それが何の部品か分からなくて、取りあえずとっておいたからです。

すぐにそれを取り出し内ぶたのところに当ててみると、やっぱりそうでした。

ふたと本体がパチンと止まるストッパーの部品でした。


それから取り付けにかかったのですが、これがなかなかはまりません。

あれこれあれこれやってみて、ようやくはまりました。

やったー!



ほんのちょっとしたことだけれど、直すって気持ちがいい。

気持ちもスッキリ。

部品も元の位置に納まってまた仕事してくれています。



モノを直して使えるようにすることって、とっても大事だと思います。

ちょっと直せば使えるモノだけど、業者に頼むほどでもない。

でも、捨てるにはもったいない・・・なんて言って、家の中にしまってあるモノはありませんか?


直すのが面倒、直し方が分からない、などの理由で壊れてそのままになっている家具を見ました。

ちょっとの手間で直せたら、また使えるようになります。



<直してスッキリ>

それは、モノだけでなく、気持ちもですね。
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-04-24 22:49 | <直してスッキリ>

「優」 がんばろう日本 かぞえうた

私の住む横浜でも今年の桜の開花は遅く、ゴールデンウィークも近い今が八重桜の満開です。

東北地方も寒い日がまだまだあって、今年ほど春が待ち遠しいことはないでしょう。



今朝の朝日新聞に載っていた「がんばろう日本 かぞえうた」

作者はなんと7才の千葉県の小学生です。

あまりに上手でかわいくて、たくさんの人に見て(歌って)ほしくて、

今日のブログで紹介しますね。



がんばろう日本 かぞえうた

 一 ひどい地しんで たいへんね
 二 ふだんの生かつ したいよね
 三 みんなで力を 合わせれば
 四 よいこといっぱい あるんだよ
 五 いろんなことが あったけど
 六 むりをしないで がんばろう
 七 なみだをふいて 前向きで
 八 やりたいことを 見つけよう
 九 こんどはそれを かなえよう
 十 とってもえがおに なっていく
 百 ひかりで明るく なっていく
 千 せかいの人たち ありがとう
 万 まい日かんしゃし 生きていこう

   みんなまもるよ 人びとを
   きっとまってる たのしい日
   がんばれ日本 手をつなごう



あれから40日あまり、まだ時々余震がありあの恐怖を思い出します。

それでも、恐怖の記憶は少ーしずつ薄れていってます。

街でも今まで節電していたところが通常にもどったりしているし。


毎日、普通に生活できるということに感謝する気持ちを忘れずにいたい。

そんな気持ちにさせてくれる 「がんばろう日本 かぞえうた」 です。
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-04-23 10:51 | 「優」

<捨ててスッキリ> 金属のスクラップ

犬も歩けばなんとやらで・・・

歩くの大好きな私は、ある日いつもなら車で通り過ぎてしまう道を歩いていました。

ちょうど桜の季節、花を横目に車の道から農道に曲がりました。

すると目に付いたのが「金属類、買い取り致します」の看板。

しかも「高価買い取り」と書いてあります。



市の金属類の回収は「小さな金属類」ということで、

鍋、フライパン、やかん、トースター、ワイヤーハンガー、傘の骨、炊飯器の内実は釜など30㎝未満の

金属製品となっているんですね。



実は実家の裏庭にある錆びた金属類(本当にボロボロ)をどうしようか悩んでいたところでした。

中にはアルミ製のブラインド(幅125㎝)もあって、これは市の粗大ゴミの回収に出す予定でした。


そこでこの会社に引き込まれるように入っていってしまいました。

話を聞くと「いいですよ。引き取ります。」と快い返事。

ワー、助かった~と喜んで、早速実家からそれらを持っていったんです。


錆び錆びのワイヤー製品、スチールの棚板、魚焼き器のトレイ、ホースのリール、ブラインド・・・

ゴミのようなものばかりで「お金はちょっと出せないけど、もらっちゃっていいかな?」と会社の方。

それだって、粗大ゴミの手数料を払うよりましです。

それでいとも簡単に引き渡しておしまい。


母に「捨てよう。」と言っても、ゴミで出してよいのか迷い(30㎝以上あるから)粗大ゴミなのか迷い、

ずーっと放置されてきたスクラップ類が、アッという間になくなりましたよ。



<捨ててスッキリ>

これから増えていくことを考えて、カテゴリーを分けました。



この会社「誠高株式会社 横浜営業所」です。

〒225-0025 横浜市青葉区鉄町788   045-979-4153

[PR]
by yuyu-suteki | 2011-04-22 09:59 | <捨ててスッキリ>

持っていきたい大切なモノは?

この大震災で被災された方々へ、心よりお見舞い申し上げます。


未だ治まらない原発の状況を伝えるニュースに心が痛み、そして不安です。

原発周辺に住んでいる方々は避難を余儀なくされ、不自由な生活をされています。

今日のニュースでは、一家族の中で一人だけ、それも2時間だけ家に帰ることができる
という計画を伝えていました。


そこで、私は考えてしまいました。

もし、私がその状況になったとして、家に帰って持ち出したいものは何だろうか?って。



①お金、財産に関するモノ・・・これは絶対必要。

②思い出のモノ、二度と手に入らないモノ・・・一冊にまとめた家族のアルバム

③体に関するモノ・・・メガネ、薬は飲んでません、それ以外はありがたいことにない

④大好きなモノ・・・好きなモノはあるけれど、大好きなモノは???

⑤必需品・・・パソコン?データ?

⑥衣類・履き物・・・どうしてもっていうモノは???


何だろうか?私が持っていきたい大切なモノって???

あまり思いつきません。

もしかしたら、あれもこれもってなるかもしれないけど、

ある一線から先はどうでもよい気がしてきました。


それから、2時間という短時間で必要なモノを選び探すには、
どこに何があるかすぐ分かるようにしておかないといけないなーと改めて思いました。


みなさんにとって、持っていきたい大切なモノは何ですか?
[PR]
by yuyu-suteki | 2011-04-21 23:47 | <mo・no>