ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:整理収納アドバイザー( 156 )

本日、パースセミナーでした

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


「パース?それなーに?」と、10年前の私は思っていました。専門学校に入学する前はね。

そこで初めてパースというのは室内(ここではインテリアの勉強をしたので)を立体的に見せる絵で、透視図とも言われるということを知りました。

この専門学校でみっちりパースを仕込まれたけれど、元来絵の好きだった私は、もう描くのが楽しくて楽しくて・・・もっと勉強したいと卒業後もパースの先生に面倒見てもらいました。


そんなパース好きが高じて、なんと私がパースを教える立場になってしまいました。

3月に~プランをわかりやすく伝える~「パースの描き方①基本のキ」を。今日は「パースの描き方②手描き編」を。

1消点の簡単なパースですけど、1人ずつじっくり見てあげたいので、人数は少なくして今日は4人。

①では部屋を上から見たところ、②ではウォークインクローゼットを入り口から見たところを、一から丁寧に原理を説明しながら描いていきました。
a0197173_2349898.jpg

三角スケールや字消し板などパースを勉強する前は知らなかった道具も、今ではなくてはならないモノになりました。

でも参加した方も一生懸命描いてくれて、こんな立体的な絵が完成,゜.:。+゜
a0197173_23522526.jpg



このパースセミナーは5月、6月も行います。

5月19日(木)13:30~15:30

   ~提案を立体的に表現する~「パースの描き方①基本のキ」(内容は前回と同じです)

6月22日(水)13:30~15:30

   ~提案を立体的に表現する~「パースの描き方②手描き編」(内容は前回と同じです)

午前中はどちらも図面の描き方セミナーです。


パースで空間を意識するようになると、見えなかったことが見えてくるんですよ。

そして、片づけに必要な空間認知力が付きます。付くはずだと思ってます。

ぜひ一度描いてみませんか?



励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村

[PR]
by yuyu-suteki | 2016-04-23 00:05 | 整理収納アドバイザー

どろなわ(泥縄)式で、洋服買っちゃいました(汗)

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


先週、高校時代の同期会がありました。私が参加するのは久しぶり。親しい友人たちとは時々会っているけれど、お久しぶり~の人たちもいるので、ちょっとワクワクでした。

さて、この三月という時期は暖かいのか?寒いのか?服選びには頭を悩ますところなんですね。

普段はパンツが多い私。同期会には珍しくスカートで行こうと決めました。それは、裾にレースが付いたもので、スーツになっています。

今までに着たのは卒業式(専門学校の)、あらたまった会食、コンサートとかほんの数回。なので、この機会にぜひ着ようとね。


ところが、上着を着てみるとどうもしっくりきません。だって、もう10年以上前に買ったものだからでしょうね。特に流行の形っていうわけではないけれど、どこか変。

そんな気持ちで着たら気になってしまう。それが煩悩。だったら煩悩を取り去らなければ・・・


けれど、もう少し暖かければちょうどよい七分袖の黒いニットのアンサンブルを併せられます。(スカートはグレー)でも、ちょっと寒そう。

行き帰りはコートがあるけれど、寒がりの私だから七分袖はちょっとね~。

と、あれこれあれこれ少ない?服を組み合わせてみます。黒いタートルのセーターではラフ過ぎるかな?レースのついたカットソーだとスカートのレースとかぶるかな?黒いブレザーは?うーん、堅苦しいね。


それで、ですね、なんと、前日の夕方ついに買いにいってしまいました。

グレーのスカートなので黒いジャケットを考えていたのですが、もう春ともなればお店には明るい色の服ばかり。

結局買ったのは白いジャケット。白は汚れるので敬遠していたのですが、ニットっぽいので手洗いでも大丈夫そう。いちいちクリーニングに出していられないから。


というわけで、どろなわ(泥縄)式の前日の買い物となってしまったのでした。まあ、ジャケットはこれからも着るからいいかな~って納得させて。

「この時期って難しいね。」と友人と嘆きながら、二人とも白いジャケットで参加したのでした。

当日、着物姿が二人。あとは、それぞれ。私みたいにどろなわ式で買った人なんていなかったでしょうね。

服は増やしたくない。でも、きちんとした服を持っていないと困ることも多くなって、これからの服選びは慎重にしないと。


今年の目標はパーソナルコーディネーターのmikaさんに私の服を全部見てもらって、買い足す服を提案してもらうことなんですよ。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村

[PR]
by yuyu-suteki | 2016-03-29 20:04 | 整理収納アドバイザー

日経おとなのOFFに掲載されました

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。
a0197173_09092375.jpg

今発売中の、日経大人のOFF4月号。
特集は「持たない暮らし入門」。興味ありありです。

編集の方とのご縁があって、取材を受けました。内容は『大切な人の「イザ」に備えておきたいこと』

介護や親を見送った経験(ちょうど取材を受ける前に義母が亡くなりました)も踏まえてお話させていただきました。

親から見た子どもとしての自分と、自分からみた子どもと、その狭間でいろいろなことを考えましたから。

また、追々そのことはブログに書いて行こうと思っています。


どうぞ本屋さんで手に取ってみてくださいね。(ぜひ買ってください)

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村


[PR]
by yuyu-suteki | 2016-03-12 23:57 | 整理収納アドバイザー

セールの誘惑に負けなかった

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


春らしい陽気に誘われて、久々に行った自由が丘。

特にお目当てはなかったので、大好きなお店、おしゃれでシンプルなコットンやリネンのあるチェック&ストライプへ。
a0197173_011656.jpg

お店に入る前からワクワクする店構えです。お店の前のお花は白ばかり。ブリキのバケツに入って、これもすごくおしゃれですね。
a0197173_0163720.jpga0197173_017208.jpg



















扉を開けて中へ入ると・・・むむむ、どうしたこと?お店の中は人人人・・・レジのところからずらーっと並んでいるではありませんか。

すぐにスタッフに聞くと、今日は開店6周年記念セールだということで、この賑わいだったんですね。

今は特に作りたいものも必要なものもないけれど、お店の布やサンプルを物色。かわいいボタンやタグ。キット。反物の生地。既製品もあります。

お店の中のディスプレイもかわいいし、子どもコーナーも惹かれます。


そんな中で一番心をつかまれたのは、はぎれセット。お店はチェック&ストライプというだけあって、布もチェック、ストライプ、もちろん無地も。全てがシンプルだけど味のある布ばかり。

そのはぎれセットだから組み合わせも素敵にコーディネートされています。

そして、そして・・・安い!!!(って、普段の値段はわからないけれど、ええーっ?って思うお値段)

「買いたい、買いたい、買いたい。」「だって、このお店の生地素敵だから。」「いつか何か作るから。」「持っているだけでも幸せだから。」「セールにちょうど来たなんてラッキー。」・・・と買う目的が頭の中を駆け巡ります。「買っちゃおうかな~。」と手に取ってレジへ行きかけたけれど・・・

止めました。理由は、そのはぎれセットは紙袋に入っていて中が見えないから。ほしい色じゃないかも。同じようなのを持っているかも。(はぎれは山ほどあります)

これ、福袋と同じですね。今まで安いからと買って、よかったと思うことはほとんどなかったし、はぎれセットも一部は好きな布でも全部が好きなわけではなかったし。

いくら好きなテイストのお店でも、中身がわからないのに買うのは危険。安いけれど・・・


と私の中で、買いたい気持ちと買わない気持ちがしばらくせめぎ合っていました。

お店に置いてある本、作り方やイメージがたくさん載っているこのお店の本をパラパラ見ていたら、無性に何か作りたくなって、買わなくても満足してしまったのでした。

ランチは春の日差しの中のカフェで。
a0197173_0393747.jpg

a0197173_0395455.jpg

あんなに迷ったはぎれセットのことなど、頭からすっ飛んでしまったわ。

でも、好きなお店だからまた行ってしまいそう。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2016-03-05 00:45 | 整理収納アドバイザー

間取り研究会、盛り上がってまーす

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


間取りを見たり考えたりするのが好きな人を勝手に間取りスト(人によっては間取りマニアとも言う)と命名して、間取り研究会なるものを開き、今回は3回目でした。

整理収納アドバイザーの中にはかなりの間取りストがいて、ぜひ参加したいという声も聞かれます。

一回目の10月はSNSにアップして二日間で定員になりました。来月(2月)の告知は、なんとアップして5時間で定員に。

とはいっても、一つのテーブルを囲んで話し合いたいので、私を入れないで最大5名の募集ですが・・・。

1月は希望が多く、午前、午後と通しで8名で行いました。ランチもいっしょです。

8名ともなるといろいろな意見も出て盛り上がります。そんな様子を参加者の佐々木さん望月さん奥田さん大塚さん が書いてくれました。


一般的な新築戸建ての売り出し広告の間取り図を見て、よいところやよくないところを見つけて意見交換します。

すると、ある人がよいと思ったところが、別の日とのよくないところになっていたり、その逆だったり、人の見方っていろいろあるんだなーと気づくこと多々。


前回は家一軒分とクローゼットだけにしぼった研究(まじ、研究です)で時間切れ。続きを急遽やることになりました。

これからも毎月開催する予定です。


暮らしと大きく関わる家。その間取りは暮らしやすさだけでなく、家族関係や暮らす楽しみとも関わってきます。

今、どんどん新築戸建て住宅が建てられたり、中古のリノベーションがされているけれど、そこに住む人がどんな暮らしをしたいのかがはっきりしなければ、間取りも決められません。

間取りを研究することは暮らしを考えることとも言えるでしょうか?


なんて、固いことじゃなくて、間取り図を見て妄想にふける間取りストの集まりは、間取り図1枚で何時間も語り合えるんですよ。

これじゃ間取りオタクだね~

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2016-01-31 10:56 | 整理収納アドバイザー

今年の夢はいつもの2倍

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


手帳の一番始め、つまり1月始まりでもその前に付いてくる前年の12月の欄に、夢を31個書いてきました。

手帳のタイプをB6マンスリーに替えたら、11月のページもありました。去年はそこに30個の夢を書いたのですが・・・12月の欄は余ってしまって・・・


そこで、今年の夢は仕事とプライベートを分けて、去年の倍に!そんなにないかもと思っていたら、出るわ出るわ・・・出てくるんですね。

しかも、ここがポイント。

その1:なるべく具体的に数字を書く。例えば「山に登る」ではなく「〇〇メートルの山に登る」「〇〇山に登る」と書きます。去年は「2000メートルに登る」と書いたけれど、怪我をしてからどうも気持ちが引いてしまって・・・それで登ったのが800メートルほどの筑波山。それで、あと同じくらいのを2つ登って合計で2000メートル(笑)。数字は具体的な方がやる気になります。

その2:やはり具体的にピンポイントで書く。例えば旅行に行くとしても行き先や誰とということを。いつということも書くとなおいいです。

その3:〇〇したい→を〇〇した、と過去形で書く。これはいつもみなさんにおすすめしていること。


そんなに夢なんてない、と思っていたころもあるけれど、今はやりたいことが山ほど。これが一番の『山登り』だったりしてね(笑)

そんな私の2015年の夢はこんなに叶いましたよ。30個のうち22個だから7割3分。かなりの打率。
a0197173_11533096.jpg

実は数で達成できなかったので△をつけたのも。だから1つでもできたら〇が付くように、より具体的にするのがいいです。

そして、いつも目にしていること。すぐに見えるようにしておくこと。

今年の夢はいつもの2倍だから、もっともっと花丸付けられますね。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2016-01-10 11:55 | 整理収納アドバイザー

足るを知り 止まるを知る

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

というには、もうお正月が遠のいた気分です。

昔はあちこちにお正月がありました。今は子どもたちの凧揚げする姿は見えないし羽根つきの音も聞こえません。商店街の注連飾りもないし・・・。そういえば獅子舞が家々を回るなんていうのもなくなってしまったし・・・お正月の三が日はお雑煮だったのが、すぐにパン食だし・・・

どんどんお正月がなくなっていきますね。もう時代が変わったのだから、いつまでも昔を懐かしんでばかりはいられないです。

私は新しい物にすぐには飛びつかないタイプの人間。今までどおりでもいいじゃない?そんなに便利にならなくてもいいじゃない?というあまり進歩しないタイプ。


ということもあって、この言葉に惹かれます。『足るを知り 止まるを知る』

この老子の言葉は『足るを知れば 辱しめられず。 止まるを知れば 殆(あやう)からず ── 程をわきまえていれば 恥をかくこともないし 挫折することもない。』という意味だそうです。

つまり、地位や名誉もある程度のところまであれば辱められることもない。財貨を多く持たなければ身を危うくすることもない。得ると失うではどちらの方が悩み苦しいことだろうか。足るを知り止まるを知れば長く久しく健康でいられる、ということだそうです。


これを私なりに解釈しています。

『モノの量はこれだけあれば十分ということが分かり、便利さを求めすぎず、今あるモノを工夫して使ったり生かしたりできることで、欲張らず心穏やかに生きる』

一年の始めにこの言葉を心に留めて日々を過ごそうと思います。


さて、食品ロスを出さないようにと過ごした年末年始。使い切りたかったけれど、帰省した娘がお餅やら野菜やら持ってきてくれたので、それを食べるメニューをいろいろ考えました。

ダメにした食材はなかったけれど、うっかり冷蔵庫に入れなかったお餅はこの暖冬のせいか黒いものがポチポチ出始めて焦りました。

そして、唯一買ったけれど全く忘れていたモノが一つ。やっちまった~(汗)。それは長芋。真空パックでしたけどね。

お正月の食材もほぼ使い切り、いつもの暮らしです。


『足るを知り 止まるを知る』ということは、欲との戦いです。人類の進歩も欲との戦い。

どこで折り合いをつけていくか・・・ですね。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2016-01-07 15:14 | 整理収納アドバイザー

間取りストがこんなにもいたとは!

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


間取り研究会、10月と11月の二回開きました。

SNSの書き込みに、「参加したいけれど日程が合わなくて・・・」「次回はぜひ。」「キャンセル待ちしてます。」などなどあって、その反響にビックリです。

整理収納フェスティバルで会った何人かの方からも、「参加したかった~」の声が。

テーブルを囲んで熱く語り合いたいと人数を数人にしたので、参加できなかった人ごめんなさい。なんと募集して二日で満席になってしまいました。

熱い思いの間取りストがこんなにたくさんいたなんて・・・


研究会の前に「自己紹介では間取りストぶりを話してください。」とお願いすると、その間取りストぶりが出る出る。ビックリだわ、負けますわ~

私が用意した間取りは、新聞に入っていた新築戸建ての広告。

それを見ていいところ、よくないところを見つけて意見交換。人によって見るポイントが違うということも、同じところでもよいと考えたりよくないと考えたり、話すととても気づきがあります。

もし、家を買うとかリフォームするとかの場合、自分では気づかないことがあるから、いろんな意見があって参考になるはずです。

図面を持参した方もいます。時間が足りなくてあまり相談にのれずごめんなさい。


「私の家を見てください。」って間取り図や写真を持ってきてもらい個別に相談にのる。

そんな相談会もやってみたいですね。家全体のゾーニングや行動動線から片づけを考えるというものです。


そんな夢がどんどんふくらんでいく間取り研究会でした。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2015-12-01 21:09 | 整理収納アドバイザー

動いていれば、モノも動く

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


先日、整理収納アドバイザーのある方が「モノが増えない趣味を持つ」という内容のことを書いていて、私もその時いろいろ考えてしまいました。

以前からモノが増えない趣味なら「そうね、俳句がいいかな-。鉛筆一本と紙があればできるし。」なんて考えています。

映画を観る。ただしパンフレットは買わない。

コンサートに行く。ただし、CDやグッズは買わない。

スポーツ観戦する。ただし、応援グッズを買わない、作らない。

読書。ただし、図書館で借りる。あるいは買ったらすぐに売る。

散歩。これはいつもやっていること。歩きやすい靴があればいい。

グルメ。ただひたすら、食べるだけ。

新聞を隅から隅まで読む。ただし、読んだ新聞は手放す。

昼寝をする。妄想する。お風呂に入る。温泉に行く。テレビを観る。これはモノが要らない。

家事を趣味にする。ただし、道具には凝らない。

・・・結構ありますけど、まだまだモノが増えないない趣味が他にあるかも。


さてさて、私の趣味はモノを作ること。ただし、飾るモノでなく使えるモノ。ということで、作れば増えていきます。

それを作っている間、布は山になり、針箱、アイロン、アイロン台、ミシン、作りかけのモノなどなど・・・部屋に中にモノがあふれて きます。

なにかイベントがあるときなど(フリマとか)家中にいろいろなモノが山積みに。

仕事関係のモノ、資料の本や新聞、読みかけの本・・・これもあふれてきています。

セミナーに参加すれば、もらってくる資料も増えます。頭の中に残るものしか残らないといつも思っているから、もらった資料は手放してもよいとは思うけれど、やっぱり持っていたいもの。

そうやってモノは増えるし、身の回りに積まれていきます。


でも、それは私が動いている証拠。何も活動しないで家からも出ないでいたら、モノは増えないでしょう。

動いているから、モノも動いているのです。


それで、今思いつきました。モノが増えない趣味は・・・それは、おしゃべり、かな?

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2015-11-27 22:15 | 整理収納アドバイザー

動いていれば、心も動く

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイターの伊藤寛子です。


整理収納アドバイザーフェスティバルでたくさんの仲間に会えるのはうれしいこと。懐かしい人、一年ぶりの人、いつも会っているけれどやっぱり会うとうれしい。そして、すごく刺激になる。

あのアドバイザーさん、いろいろなところで活躍していてうらやましいなーとか、ますますきれいになって輝いているなーとか、仲間の活躍がうれしい反面、うらやましく思ったり自分と比較したり・・・

誰かが言ったことばが気になって心が揺れたり、何気なく私が言ったことばが誰かを傷つけてしまったり・・・

この二日間、元気づけてくれることばももらったけれど、ちょっと後悔したり何か心に引っかかったりすることもあった。


それって、もし私が何もしていなかったら何も感じることがないはず。人と出会わなければ言われることはないはず。何も望まなかったら失望もないはず。

心がうれしかったり、悔しかったり、ドキドキしたり、傷ついたり、いろいろな感情を持てるのは自分が動いているからなんだろう。

何かをしたから、何かをしようとしているから、誰かと繋がろうとしているから、誰かと話そうとしているから・・・何かをしようと動いているから、きっと心も動くのだろう。

誰かのために一生懸命になっている人、みんなが笑顔になるように努力している人、少しでも前に進もうとしている人・・・

そんな思いが満ちている会場だったから、心もいっぱい動いていたのだろう。

満足な気持ちだけではなく、様々な気持ちを持って帰ってきたのは、私が動いているから、行動しようとしているからだよねって、自分に言っている。

これから、もっともっと心が揺れたり震えたり泣いたりすることもあると思うけれど、それは行動しているからだよって言ってあげる、自分に。

励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2015-11-26 22:50 | 整理収納アドバイザー