ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

富士山が眺められる窓を作るのが静岡流

ゆうゆう素敵に暮らすシニアを応援する、くつろぎ空間クリエイター&間取りストの伊藤寛子です。


今年のGWは間取り研究会at静岡から始まりました。

この研究会はなかなかの人気で、今回は静岡での開催となりました。またまた熱く間取りについて語り合いましたよ。

今回のテーマはこだわりの自宅。私は娘の家、もう1人は最近建てた自宅、もう1人は今計画中の自宅の図面をそれぞれ持ち寄って、よいところ、こうしたらもっといいというところなどを話し合ったのでした。


その中で、「あー、やっぱり静岡県人ってそうなんだ。」と思ったのは、窓から富士山を眺めることにこだわっているのだということ。

静岡から富士山を見ると北側、あるいは東北側。そこに窓を付けて富士山を眺める。北側の寝室の窓から朝の富士を眺める。あるいは東北側にダイニングを作り大きな窓を付ける。

こういうこだわりって、すごく大事だと思うんですね。


家って間取り図だけでは善し悪しがわかりません。それは、窓からどんな景色が見えるのか図面ではわからないですから。隣の家や道路との関係、日当たり、風の通り、回りの音などなど、周辺環境はそこから見えてこないからです。

間取り研究会では間取り図を見ての話し合いなので、これだけでは不十分です。


今回は3軒の自宅なので、本が好きな人、勤務時間が不規則な人、主婦が働いている人、二世帯の人・・・ライフスタイルやこだわりなど本当に暮らす人のことを考えて作った家なのだということがわかりました。

どの家もこうやって住む人のライフスタイルに合う家が建てられたらいいなー。


と、思いながら、静岡県の隣に住む私も今の家の間取りを考えるとき一番こだわったのが、富士山が見える窓をどう取るかということだったのです。

このことについては、またの機会に。



励みになります。ありがとうございます。

にほんブログ村

[PR]
by yuyu-suteki | 2016-05-03 23:33 | <くつろぎ空間>