ゆうゆう素敵に暮らしましょ

yuyusuteki.exblog.jp
ブログトップ

<キッチン研究室> 狭い調理台をどう広げる?

キッチンのショールームやモデルルームでよく使われている調理台の広さは、大体I型で幅240~

255㎝が主流。270㎝あれば余裕だし、225㎝だとちょい狭。

でも、我が家の調理台は210㎝しかありません。

もちろん、もっと広くしたかったけれど、あちらこちらの歪みがキッチンに来て・・・本当だったら

キッチンをしっかり考えてからなのに、どうも逆転してしまったわ~


で、サイズを詳しく言うと、右から15㎝の空き、60㎝のコンロ、45㎝の調理台、90㎝のシン

クで、計210㎝。シンクは中華鍋も楽に洗えるようにと大きいのにしました。


調理台の幅が45㎝というのは、ちょっと、いえかなり狭いもの。まな板と食材を置くと、もういっ

ぱいいっぱい。

お皿を置いたり、お鍋の蓋をちょい置きしたり、スペースの確保には頭を使います。


そこで、こんなシンクの上に渡して使うスノコ?を使っていました。
a0197173_9211098.jpg


そう、裏がカーブになっていて、シンクの縁にはまるようになっていて、長さも自由に延ばせるって

いうあれです。(以前は黄色いの使ってました)

キッチンには白というのはいいですが汚れも目立ち、シンクの縁と接するところが特に汚れます。

おまけに、延ばして固定するネジが壊れたし。


そこで見つけたのがこれ。
a0197173_9323178.jpg


ニトリで1500円くらいのもの(前に使っていたのも確かニトリ)

まず、このスッキリ感。長さも自由に延ばせるし、使わないときには二つ折りにできます。

こういったタイプでくるくるっと丸められるタイプのもありますね。これは丸めることはできないの

で、こんな風に二つ折り。接するところが少ないから汚れも溜まりません。

おまけに裏も表もどちらも使えます。
a0197173_9382995.jpg



調理台がこれで15㎝は延びるわけだし、こういう水切りできる部分は、調理にはとっても便利。

実はシンクにはめて使うトレーがあったのだけど、それだと幅を取りすぎるので使わずじまい。

今のシステムキッチンでは、水切りプレートがセットになっているので、これは便利ですね。


これで調理台の前からコンロには一歩、シンクにも一歩の移動で済むということは、調理台の幅は6

0㎝あれば使いやすいということ?お皿を置いたりすることを考えたら75㎝くらい欲しい?

でも、それだと横に二歩、二歩で四歩の移動になってしまう。


ということを解決できるよう、調理台の後ろに作業スペースを作りました。くるっと振り向けばいい

だけですから。

それで、横には左右二歩の移動、前後には一歩の移動で済むコンパクトなキッチンとなったのです。


キッチンの調理台は広すぎても狭すぎても使いにくいもの。

さらなる使いやすさを求めて、キッチン研究は続きます。


ポチッとよろしくね。

にほんブログ村
[PR]
by yuyu-suteki | 2013-02-28 09:59 | <キッチン研究室>